上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今日の目的はゆっくり漕ぎながら、鮭の遡上を見つけること・・・・のはずが、いつのまにやら代替バスの時間との勝負のようになってきた。足元に国土地理院のマップを置いて、目的地の明神岩までどのくらいか推し量りながら、もう、漕いだ漕いだ漕いだ。
 そのかいあってか、なんとか4時前に到着。でもカヤックを分解してる時間はない。とりあえずどこかに上陸して、駅までダッシュして飛び乗って、あとで車を持ってきてから分解してもいい・・・・・と思ったが、ヤバイ!上陸できるところがない! いや、単身、身ひとつで上陸ぐらいはできるだろうが、カヤックを道路までひきあげられないほどの川岸の傾斜はキツい。ぐっ・・・・・、こうしてる間にもバスが来るかも・・・・と思うと気が気でない。

1125f.jpg

 右が明神岩。
 結局、諦めた、ここでの上陸は。次の石見川本駅まで下ろう。そしてそこで分解もして、満を持して次のバスを待てばよい。まだ日はある。そこまで行けば、勝って知ったる場所、上陸地点もいくらでもある。
 
 と決心したものの、川本まではまだまだ距離はあるのだ。時間は4時を過ぎ、山際で輝く太陽が儚い眩しさを放っている。

 「うわぁ?、太陽沈むなあっ、沈まないで待ってくれぇ・・・・」
 ちょうど太陽に向かって漕ぐかっこうなった。まだ、水面は明るいが、振り返れば背景の山並みには夕闇色が滲んできた。もう「走れメロス」の気持ちである。暗くなる前に石見川本に着けるだろうか?不安を感じつつも迷ってる暇も無い。もう漕ぐしか道はないのである。

 1125g.jpg


 山間地の日没は早い。上陸地点の河原まであと数百m地点まで来た。今日ほどトロ場が憎らしいことは無かった。いつもはゆったり風景を感じながら漂うところ。しかし今日はそんな気持ちの余裕がない。漕げども漕げどもその遅々として進まない川にいらだつ。いつもよりは遥かに速く漕いではいるはずなのだが、周囲が暗くなるほうがずっと早い!

 ゴール手前には恒例の激しく楽しい瀬がある。でももうその表情すらよくわからなくなってきている。暗くてよく見えないけど、今日は水量少ないから岩が出てるかもな。それにぶつかっちゃったら?沈しても暗いし誰も気付かない?助けてくれない??だいたいこの暗い川でカヌーしてる俺って、キチガイに見えるよっ!などと思いつつも突入!なるようになっちゃえ!

 5時前、目的地の河原に到着。ふぅーっと一息。しかし安心はしてられない。これから艇を分解しなくてはならない。艇をかついで河原を歩き、コンクリートの護岸まで運ぶ。するといつもの組み立て&分解場所は工事中で柵がしてあり、立ち入り禁止に。
 「あれー、ヤバイか。でもここしか場所ないしなー」
 と気にせず分解作業をしていると、ものの数分でパトロールカーがやってきて注意されてしまった。
 「はい!すぐに出て行きますから!」
 いったいどこで見張ってたんだろうか?
 
 とりあえず分解が住み次第、出て行くことで承諾も得、カヤックバックをカートに載せて駅へ向かった。もう辺りは完全な夜、闇である。黒いウエットスーツにデカイ荷物をかかえて、まるでどこか国の秘密工作員?などと自嘲しつつも、無事、石見川本駅に着いた。
 
 バスは行った後だった・・・・。あらー、数分遅かった。次のバスは1時間後。もうくたくたの体はとても待ってられない。しょうがないので居眠りしてるタクシーの運ちゃんをたたきこし、浜原駅へGO! 料金は4000円もかかってしまった。結構距離があったのねぇー、と実感。
  
 そういえば鮭の姿はまったくなかった。運ちゃんに聞くと、支流には少しいるが、本流ではほどんど見ないという。まあ、そういうことも予想はしてたけどね。それにちょっと漕ぐ時期も遅かったかも。紅葉はそこそこ綺麗ではあった。しかし後半はよく見えなかった(笑)。パドルは軽くてこれは楽だった。今日、これほど漕くことになろうとは思わなかったが、大いに助かったというべき。

 今年最後のダウンリバーは色々あったが、終わってみれば最後にふさわしく印象的な川下りとなった。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
 結局、諦めた、ここでの上陸は。次の石見川本駅まで下ろう。そしてそこで分解もして、満を持して次のバスを待てばよい。まだ日はある。そこまで行けば、勝って知ったる場所、上陸地点もいくらでもある。
 
 と決心したものの、川本まではまだまだ距離はあるのだ。時間は4時を過ぎ、山際で輝く太陽が儚い眩しさを放っている。

 「うわぁ?、太陽沈むなあっ、沈まないで待ってくれぇ・・・・」
 ちょうど太陽に向かって漕ぐかっこうなった。まだ、水面は明るいが、振り返れば背景の山並みには夕闇色が滲んできた。もう「走れメロス」の気持ちである。暗くなる前に石見川本に着けるだろうか?不安を感じつつも迷ってる暇も無い。もう漕ぐしか道はないのである。

 1125g.jpg


 山間地の日没は早い。上陸地点の河原まであと数百m地点まで来た。今日ほどトロ場が憎らしいことは無かった。いつもはゆったり風景を感じながら漂うところ。しかし今日はそんな気持ちの余裕がない。漕げども漕げどもその遅々として進まない川にいらだつ。いつもよりは遥かに速く漕いではいるはずなのだが、周囲が暗くなるほうがずっと早い!

 ゴール手前には恒例の激しく楽しい瀬がある。でももうその表情すらよくわからなくなってきている。暗くてよく見えないけど、今日は水量少ないから岩が出てるかもな。それにぶつかっちゃったら?沈しても暗いし誰も気付かない?助けてくれない??だいたいこの暗い川でカヌーしてる俺って、キチガイに見えるよっ!などと思いつつも突入!なるようになっちゃえ!

 5時前、目的地の河原に到着。ふぅーっと一息。しかし安心はしてられない。これから艇を分解しなくてはならない。艇をかついで河原を歩き、コンクリートの護岸まで運ぶ。するといつもの組み立て&分解場所は工事中で柵がしてあり、立ち入り禁止に。
 「あれー、ヤバイか。でもここしか場所ないしなー」
 と気にせず分解作業をしていると、ものの数分でパトロールカーがやってきて注意されてしまった。
 「はい!すぐに出て行きますから!」
 いったいどこで見張ってたんだろうか?
 
 とりあえず分解が住み次第、出て行くことで承諾も得、カヤックバックをカートに載せて駅へ向かった。もう辺りは完全な夜、闇である。黒いウエットスーツにデカイ荷物をかかえて、まるでどこか国の秘密工作員?などと自嘲しつつも、無事、石見川本駅に着いた。
 
 バスは行った後だった・・・・。あらー、数分遅かった。次のバスは1時間後。もうくたくたの体はとても待ってられない。しょうがないので居眠りしてるタクシーの運ちゃんをたたきこし、浜原駅へGO! 料金は4000円もかかってしまった。結構距離があったのねぇー、と実感。
  
 そういえば鮭の姿はまったくなかった。運ちゃんに聞くと、支流には少しいるが、本流ではほどんど見ないという。まあ、そういうことも予想はしてたけどね。それにちょっと漕ぐ時期も遅かったかも。紅葉はそこそこ綺麗ではあった。しかし後半はよく見えなかった(笑)。パドルは軽くてこれは楽だった。今日、これほど漕くことになろうとは思わなかったが、大いに助かったというべき。

 今年最後のダウンリバーは色々あったが、終わってみれば最後にふさわしく印象的な川下りとなった。
スポンサーサイト

【2006/11/27 23:48】 | 江の川カヤックの旅
トラックバック(0) |


fusai
お疲れ様でしたの一言です。ともあれ何事もなく?よかったですね。後半はどきどきしながら拝読しました。
おまわりさんは優秀なものでどこでも現れます。シーカヤックのツーリングで海で休んでいたところ、何事ですか?と声をかけられたことがあります。カヤックウェアは怪しく見えるのでしょうか。


Hazex
funaiさん、駄文長文、読んでいただいてありがとうございます。旅って色々あるから、振り返れば楽しいもんですね。

>カヤックウェアは怪しく見えるのでしょうか。

 まだまだマイナーな存在ですからね(笑)。シルエットをもっと認知してもらわなければ!
 来年はシーカヤックの旅も増やせればーと思います。


fusai
鮭確認の旅
海愉しみの旅

ご一緒できれば幸いです

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
お疲れ様でしたの一言です。ともあれ何事もなく?よかったですね。後半はどきどきしながら拝読しました。
おまわりさんは優秀なものでどこでも現れます。シーカヤックのツーリングで海で休んでいたところ、何事ですか?と声をかけられたことがあります。カヤックウェアは怪しく見えるのでしょうか。
2006/11/28(Tue) 21:33 | URL  | fusai #-[ 編集]
funaiさん、駄文長文、読んでいただいてありがとうございます。旅って色々あるから、振り返れば楽しいもんですね。

>カヤックウェアは怪しく見えるのでしょうか。

 まだまだマイナーな存在ですからね(笑)。シルエットをもっと認知してもらわなければ!
 来年はシーカヤックの旅も増やせればーと思います。
2006/11/28(Tue) 22:11 | URL  | Hazex #-[ 編集]
鮭確認の旅
海愉しみの旅

ご一緒できれば幸いです
2006/11/29(Wed) 18:37 | URL  | fusai #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。