上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ああ、早くも10月が、始まったと思ったら終わってしまいます。今月は、ロックンロールを多く買いましたね。
■忌野清志郎の「夢助」
 聴くほどに詩がしみるのは、いまだ聞こえてこないキヨシロウの病状が心配なせいもあるけどれど、いい詩が詰まっている。キヨシロウは最高のロックンロールなフォークシンガーだ。
■レーナード・スキナード「セカンド・ヘルピング」
 なんと言っても個人的に今年1番の聴いたアーティストだろう。キャッチーなリフをベースにしたシンプルなR&Rに加えて、エモーショナルなギターソロ、歌詞も主題がつかみやすく単純で理解しやすい・・・・・うーん、もっと好きになった要素があるはずだけど、うまく言葉にでませんね。
■ミカ・バンド「ナルキッソス」
 内容の良さは語ったばかりだけど、収録時間が短いのも繰り返し聴くのに都合がいい。アナログレコードなみのである。
■フリー「ザ・フリー・ストーリー」
 ポール・ロジャースのボーカルは、そんなに好みじゃあない、いや、顔が好みじゃないからかー。まあ、でもポール・コゾフのギターは好きだ。
■ニュー・バーバリアンズ「ライヴ・イン・メリーランド」
 まだ1回通しで聴いただけ。しかし、これはブートレグの音だ。そしてバンドにはちゃんと歌えるボーカリストが不在。ロンの歌はどうも心もとないねェ?。
■ジョー・ジャクソン「ベリー・ベスト」
 もっとジャズよりの人かと思っていたが・・・・・・。
■ロッド・スチュワート「ブロンズ・ハブ・モア・ファン」
 CDは持っていなかったので、いまさら。このアルバムについては、聴くべき曲が少ない。70年代のロッドのアルバム中、もっとも平凡。しかしアイム・セクシーは全く悪くない。最高である。
 
 
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
■忌野清志郎の「夢助」
 聴くほどに詩がしみるのは、いまだ聞こえてこないキヨシロウの病状が心配なせいもあるけどれど、いい詩が詰まっている。キヨシロウは最高のロックンロールなフォークシンガーだ。
■レーナード・スキナード「セカンド・ヘルピング」
 なんと言っても個人的に今年1番の聴いたアーティストだろう。キャッチーなリフをベースにしたシンプルなR&Rに加えて、エモーショナルなギターソロ、歌詞も主題がつかみやすく単純で理解しやすい・・・・・うーん、もっと好きになった要素があるはずだけど、うまく言葉にでませんね。
■ミカ・バンド「ナルキッソス」
 内容の良さは語ったばかりだけど、収録時間が短いのも繰り返し聴くのに都合がいい。アナログレコードなみのである。
■フリー「ザ・フリー・ストーリー」
 ポール・ロジャースのボーカルは、そんなに好みじゃあない、いや、顔が好みじゃないからかー。まあ、でもポール・コゾフのギターは好きだ。
■ニュー・バーバリアンズ「ライヴ・イン・メリーランド」
 まだ1回通しで聴いただけ。しかし、これはブートレグの音だ。そしてバンドにはちゃんと歌えるボーカリストが不在。ロンの歌はどうも心もとないねェ?。
■ジョー・ジャクソン「ベリー・ベスト」
 もっとジャズよりの人かと思っていたが・・・・・・。
■ロッド・スチュワート「ブロンズ・ハブ・モア・ファン」
 CDは持っていなかったので、いまさら。このアルバムについては、聴くべき曲が少ない。70年代のロッドのアルバム中、もっとも平凡。しかしアイム・セクシーは全く悪くない。最高である。
 
 
スポンサーサイト

【2006/10/31 23:59】 | ロック!
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。