上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元のスレッドが長くなったので、新たに。 

 デニス・ロウ様
 
 ロッキンオンのジェフ・ベックインタビュー読みましたよ、買いませんでしたけどね(病で伏せっていたので遅くなりました)。

 JBGの所だけを抜き読みしただけですけど、相変わらずあの頃のロッドには賛辞を惜しまない先生だなあ?、しかもそれがますます強くなってる?とさえ感じましたよ。当時のロッドのスタイルの数極少ない理解者でもあったんだなと思います。

 両方のファンとしてはMSGとかでの共演を期待したいところですね(フェイセズよりは実現度が高いのでは)。ところでMSGでの共演と言えば、クラプトンとウィンウッドの共演、去年買ったDVDに加えて、ダビング用にCDでも買い足して聞いてますが、いいっすねぇ?。


Player (プレイヤー) 2010年 05月号 [雑誌]Player (プレイヤー) 2010年 05月号 [雑誌]
(2010/04/02)
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト

【2010/05/19 16:12】 | ロック!
トラックバック(0) |

まいどです・・・
デニス・ロウ
わざわざスレッドを立てていただいて・・・ありがとうございます!(笑)

ベック先生のロッド評って、すっごく“リアル”ですよね。

「まるでブラック・ミュージシャンみたいに歌うなって驚いた・・・」
「こんな奴が他のどのバンドともやっていなかったっていう幸運が信じられなかった」
「一緒に活動してきたヴォーカリストではロッドが最高の存在?」 「うん。」 (当たり前だっつーの!byデニス)
「あんな歌をひねり出すやつなんて聴いたことない・・・」
「今聴くと、当時感じていた以上にすごい奴・・・」
「ロッドの代わりを探す気持ちはなくなって・・・っていうか、ロッドに匹敵する奴じゃなかったら、もうやらねぇ・・・」(やっぱりね!byデニス)
「ロニーとロッドは、ライブ前にウォッカ1本開けてステージに・・・」
「ロッドがいつどんなバカなことしてるか心配しなくてもいい・・・」(なんか、わかる・・・byデニス)

あと、ツェッペリンのマネージャーのピーター・グラントと、JBGが関係があったってのも、はじめて知りました。


ロッドって、こういう音楽雑誌だと、いつも悪い方でばかり話題になるけど、ベック大先生が、ロッドのよいところをキチっとコメントしてくれることが本当にうれしいですよね。

逆に、プレーヤーを私はかってないです(笑)。
先生も、いつも衣装がノースリーブなのが、面白いっすね(笑)。


Re: まいどです・・・
HAZEX
>すっごく“リアル”ですよね。

 そうそう、一緒に活動した期間はほんっとに短いけど、ほめてるコメントを幾らでもあげてきますもんね。あの頃のロッドを褒めさせたら世界一でしょう(笑)。もっとも、今のロッドに対するコメントはあまり見かけませんけど、ロッドの息子と一緒に演ってみたいなことは見たことありますね。「若いロッドの声」がほしいんでしょうね。

 そういえばロッキンオンにあった、JBG時代の極上のブート音源のライブって聴いてみたいですね。あの言い方だと、ジェフ本人はライブ音源を保管してなさそう・・・・。マスター音源が見つかればリリースしたいって言ってるし、ぜひ期待したいですね。

> 逆に、プレーヤーを私はかってないです(笑)。

いや、僕も(笑)。たまたまネットで検索したらあったので貼っただけなんです。


No title
デニス・ロウ
そういえば、フェイセスの再結成(っぽい)が、あるようですが、ヴォーカルは、ちょっと前のイベントでも歌っていたシンプリー・レッドのミック・ハックネルらしですね。
私としては、ポール・ヤングなら、まぁ許すかな!?という感じなのだけど。彼は、ロッドの“舎弟”なので・・・(笑)。マイクスタンドの使い方も、ロッドとポール・ロジャースの次にうまいしね(笑)。
最近、ロッド“ザ・モッド”スチュワート時代をよく聞きます。今まで一番聞かない時代なのですが、年を重ねて素直にここ利に入ってくるようになりました。


ザ・モッド
HAZEX
 
 デニス・ロウさん、返信が大変遅れに遅れてすみません。今日更新するまで、ずっと気づきませんでした・・・・・!

> そういえば、フェイセスの再結成(っぽい)が、あるようですが、

 去年の擬似再結成ライブで歌ったことは知ってますが、その人、まったく知識がなくてわかんないんですが、いいんでしょうか? ロッドの代わりはつとまるはずがないですが、93年のロンウッド来日でのバーナードファーラーみたいな感じで受け止めればいいんでしょうかねぇ~??

 もし来日するにしても、「フェイセズ」名義は勘弁してほしいですね(笑)。来日したらロン・ウッドバンドのライブとして見に行こうかな。もっとも、もしロッドが入れば、「ロッド・スチュワート&ザ・フェイセズ」になるかもしれませんけど、
 
 ポール・ヤングにしても、ロッドが認めてる発言は読んだことありますが、マイクスタンドプレーまで? エブリタイム~しか知らない自分としては、まったく想像もつきません・・・・・。 新ボーカリストにはツイストの世良正則さんを押したいなあ(^^)/。マイスクタンドさばきもロッド流ですよ。
 
>最近、ロッド“ザ・モッド”スチュワート時代をよく聞きます。

 その時代はボックスセットやらなんやらで持ってますが、たしかにあまり聞かないですね、悪くはないんだけど、ついつい後回しになっちゃう(笑)。でも一番ソウルでリズム&ブルーズでピュアなロッドの歌は今こそ求められるような気がしますね。PPアーノルドとデュエットした「カム・ホーム・ベイビー」なんて好きですね~。フェイセズを一通り聞き直したら、デニスロウさんを追って、モッド時代を聞いてみようかな。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
まいどです・・・
わざわざスレッドを立てていただいて・・・ありがとうございます!(笑)

ベック先生のロッド評って、すっごく“リアル”ですよね。

「まるでブラック・ミュージシャンみたいに歌うなって驚いた・・・」
「こんな奴が他のどのバンドともやっていなかったっていう幸運が信じられなかった」
「一緒に活動してきたヴォーカリストではロッドが最高の存在?」 「うん。」 (当たり前だっつーの!byデニス)
「あんな歌をひねり出すやつなんて聴いたことない・・・」
「今聴くと、当時感じていた以上にすごい奴・・・」
「ロッドの代わりを探す気持ちはなくなって・・・っていうか、ロッドに匹敵する奴じゃなかったら、もうやらねぇ・・・」(やっぱりね!byデニス)
「ロニーとロッドは、ライブ前にウォッカ1本開けてステージに・・・」
「ロッドがいつどんなバカなことしてるか心配しなくてもいい・・・」(なんか、わかる・・・byデニス)

あと、ツェッペリンのマネージャーのピーター・グラントと、JBGが関係があったってのも、はじめて知りました。


ロッドって、こういう音楽雑誌だと、いつも悪い方でばかり話題になるけど、ベック大先生が、ロッドのよいところをキチっとコメントしてくれることが本当にうれしいですよね。

逆に、プレーヤーを私はかってないです(笑)。
先生も、いつも衣装がノースリーブなのが、面白いっすね(笑)。
2010/05/20(Thu) 23:25 | URL  | デニス・ロウ #n08XGfOg[ 編集]
Re: まいどです・・・
>すっごく“リアル”ですよね。

 そうそう、一緒に活動した期間はほんっとに短いけど、ほめてるコメントを幾らでもあげてきますもんね。あの頃のロッドを褒めさせたら世界一でしょう(笑)。もっとも、今のロッドに対するコメントはあまり見かけませんけど、ロッドの息子と一緒に演ってみたいなことは見たことありますね。「若いロッドの声」がほしいんでしょうね。

 そういえばロッキンオンにあった、JBG時代の極上のブート音源のライブって聴いてみたいですね。あの言い方だと、ジェフ本人はライブ音源を保管してなさそう・・・・。マスター音源が見つかればリリースしたいって言ってるし、ぜひ期待したいですね。

> 逆に、プレーヤーを私はかってないです(笑)。

いや、僕も(笑)。たまたまネットで検索したらあったので貼っただけなんです。
2010/05/21(Fri) 23:43 | URL  | HAZEX #-[ 編集]
No title
そういえば、フェイセスの再結成(っぽい)が、あるようですが、ヴォーカルは、ちょっと前のイベントでも歌っていたシンプリー・レッドのミック・ハックネルらしですね。
私としては、ポール・ヤングなら、まぁ許すかな!?という感じなのだけど。彼は、ロッドの“舎弟”なので・・・(笑)。マイクスタンドの使い方も、ロッドとポール・ロジャースの次にうまいしね(笑)。
最近、ロッド“ザ・モッド”スチュワート時代をよく聞きます。今まで一番聞かない時代なのですが、年を重ねて素直にここ利に入ってくるようになりました。
2010/06/06(Sun) 23:11 | URL  | デニス・ロウ #n08XGfOg[ 編集]
ザ・モッド
 
 デニス・ロウさん、返信が大変遅れに遅れてすみません。今日更新するまで、ずっと気づきませんでした・・・・・!

> そういえば、フェイセスの再結成(っぽい)が、あるようですが、

 去年の擬似再結成ライブで歌ったことは知ってますが、その人、まったく知識がなくてわかんないんですが、いいんでしょうか? ロッドの代わりはつとまるはずがないですが、93年のロンウッド来日でのバーナードファーラーみたいな感じで受け止めればいいんでしょうかねぇ~??

 もし来日するにしても、「フェイセズ」名義は勘弁してほしいですね(笑)。来日したらロン・ウッドバンドのライブとして見に行こうかな。もっとも、もしロッドが入れば、「ロッド・スチュワート&ザ・フェイセズ」になるかもしれませんけど、
 
 ポール・ヤングにしても、ロッドが認めてる発言は読んだことありますが、マイクスタンドプレーまで? エブリタイム~しか知らない自分としては、まったく想像もつきません・・・・・。 新ボーカリストにはツイストの世良正則さんを押したいなあ(^^)/。マイスクタンドさばきもロッド流ですよ。
 
>最近、ロッド“ザ・モッド”スチュワート時代をよく聞きます。

 その時代はボックスセットやらなんやらで持ってますが、たしかにあまり聞かないですね、悪くはないんだけど、ついつい後回しになっちゃう(笑)。でも一番ソウルでリズム&ブルーズでピュアなロッドの歌は今こそ求められるような気がしますね。PPアーノルドとデュエットした「カム・ホーム・ベイビー」なんて好きですね~。フェイセズを一通り聞き直したら、デニスロウさんを追って、モッド時代を聞いてみようかな。
2010/06/24(Thu) 06:00 | URL  | HAZEX #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。