上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 聴いたことのないタイトル「サンダーバード」で始まる3枚目。
聴いてビックリ!まるでニッキーホプキンスかと思ったブギウギピアノのイントロが始まるノリノリのR&Bブルースだった! 「トゥナイト・アイム・ユアーズ」の際のアウトテイクらしいですが、なんともすごい隠し玉があったもの。ロッドのシャウトはまるでジェフ・ベック・グループ以前のソロ時代のよう。ノドは響きまくるし、ピアノはゴキゲンだし、ドゥーワップなバックボーカルもなかなかいい。この1曲だけでDISC3を聴く価値がありってもの。

 2曲目は「ダンシン・アローン」のオルタネイトだが、アレンジがすっきりしていて聴きやすい。この曲に限ったことじゃないけどロッドのボーカルが大きめにミックスされているせいか、実に聴けるテイクだ。

 3曲目でまたまたビックリは、あのヤードバーズバージョンで有名な「アイ・ウィッシュ・ユー・ウッド」! ロッドがもしヤードバーズで歌っていたら・・・・と夢想してしまう。ギターソロこそないが、こちらの出来もカッコイイ。この3曲で始まるアルバムを当時発表していたら、ロッドの印象もまた違ったものになったかも。

ボディ・ウィッシーズボディ・ウィッシーズ
(2005/10/26)
ロッド・スチュワート

商品詳細を見る
 「スウィート・サレンダー」は、オリジナルの80年代アレンジをとりはらったバージョン。「ボディ?」時代の他の曲にしても、流行サウンドの飾りをぬぐえば曲本来の持つ魅力が改めて輝きだすいい見本だと思う。こんなにいい曲、いいボーカルだったんだなぁ?、と。

 2曲目から7曲目までは「ボディ・ウィッシーズ」時代のもの。オルタネイトも未発表もそろって良いんで、CD棚からオリジナルアルバムを取り出して聴いてみた。するとやっぱりシンセの音やドラムのエフェクトがちと耳障りかも。ミックスも違うからいちがいにいえないけど、今回のボックス版のほうが断然好きだなあ?。

 そして8曲目「ハード・レッスン・トゥー・ラーン」。まったく忘れ去られていた、見落としていた名曲かもしれん。シングルのB面にはいっていたはず確か。しかしこんないい曲だったかなぁ?。

 9曲目「ヘブン」、11曲目「ラブ・イズ・ア?」。14曲目「アイ・ゴー・トウー」、これらもまた、なぜこれがお蔵入りなのか・・・・・??? こういう曲をまとめれば結構いいアルバムが1枚簡単に作れそうではないか? お蔵名曲ぞろいのDISC3のなかで光る1曲群。

 「イン・マイ・ライフ」。ライナーノーツでは「まるでマッカートニーが弾いてるような」というピアノとロッドのボーカルのみのシンプルなアレンジ。ポールというのは大げさでも、まるで録音スタジオのコントロールルームで聞いているような、息遣いを身近に感じます。やっぱり素晴らしい。

 「フォーエヴァーヤング」も同じことがいえますね。

 最後に、ザクザクと刻むギターとそれに乗ってロックするロッドが聴ける「ア・グッド・ラヴァー・イズ?」。まるでブラック・クロウズかクワイア・ボーイズのようなサウンド。フェイセズほどルーズなノリじゃないけど、結構いいロックンロールだ!
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
 「スウィート・サレンダー」は、オリジナルの80年代アレンジをとりはらったバージョン。「ボディ?」時代の他の曲にしても、流行サウンドの飾りをぬぐえば曲本来の持つ魅力が改めて輝きだすいい見本だと思う。こんなにいい曲、いいボーカルだったんだなぁ?、と。

 2曲目から7曲目までは「ボディ・ウィッシーズ」時代のもの。オルタネイトも未発表もそろって良いんで、CD棚からオリジナルアルバムを取り出して聴いてみた。するとやっぱりシンセの音やドラムのエフェクトがちと耳障りかも。ミックスも違うからいちがいにいえないけど、今回のボックス版のほうが断然好きだなあ?。

 そして8曲目「ハード・レッスン・トゥー・ラーン」。まったく忘れ去られていた、見落としていた名曲かもしれん。シングルのB面にはいっていたはず確か。しかしこんないい曲だったかなぁ?。

 9曲目「ヘブン」、11曲目「ラブ・イズ・ア?」。14曲目「アイ・ゴー・トウー」、これらもまた、なぜこれがお蔵入りなのか・・・・・??? こういう曲をまとめれば結構いいアルバムが1枚簡単に作れそうではないか? お蔵名曲ぞろいのDISC3のなかで光る1曲群。

 「イン・マイ・ライフ」。ライナーノーツでは「まるでマッカートニーが弾いてるような」というピアノとロッドのボーカルのみのシンプルなアレンジ。ポールというのは大げさでも、まるで録音スタジオのコントロールルームで聞いているような、息遣いを身近に感じます。やっぱり素晴らしい。

 「フォーエヴァーヤング」も同じことがいえますね。

 最後に、ザクザクと刻むギターとそれに乗ってロックするロッドが聴ける「ア・グッド・ラヴァー・イズ?」。まるでブラック・クロウズかクワイア・ボーイズのようなサウンド。フェイセズほどルーズなノリじゃないけど、結構いいロックンロールだ!
スポンサーサイト

【2010/02/25 23:00】 | ロック!
トラックバック(0) |

そのとお~り!
デニス・ロウ
ご無沙汰してます。
お子様も健やかに成長されているようですね!

ここに書いてあること、そっくりそのまま私も感じました。
聞きながら「ボディ・ウィッシーズ」出し直したら!?とさえ思うくらい(笑)。
結局80年代前半の苦闘の結果がああだったのですかね・・・
「ホディ」と「カムフラージュ」・・・この2作は、結局プロデュースで失敗しているのかな。
ただ、この2作の失敗(というか反省)が、ベックとの共演やそのあとの「エブリ・ビート・・・」につながっていくわけなので、やはり、これも人生ってことでしょうか。

ところで、70年代のロッド、やはり録音したものはすべて出してほしい・・・。
フェイセス時代のソロ作品、基本的に歌が一番最後だったんですね。スキャットで歌ってるだけで、ロッドはロッドで、いやはやすばらしい。
逆に演奏は、ハナから完成度が高かったのかもしれないですね。あの頃の「チーム・ロッド」はあ・うんの呼吸でスタジオワークができていたのだろうな。

・・・と、あまりに同じ感想なので、ついついテンションあがって長くなってしまいました。
ではまた。

そうそう、「アトランティック」~「ナイトオン・・・」の2CD版買っちゃいました。HMV通販で買ったのでまだ未到着ですが、また新しい発見がありそうです。

Re: そのとお~り!
Hazex
> スキャットで歌ってるだけで、ロッドはロッドで、いやはやすばらしい。

デニスロウさんの、ストレートなファン馬鹿発言に笑っちゃいます。いやほんとに歌詞いいかげんに歌っててもいいなあ、と思えますね。

>70年代のロッド、やはり録音したものはすべて出してほしい・・・。

 以前からの主張でしたね。今回のでかなり出たともいえますが、アトランティックとナイトオンの2CD盤を聴くと、BOXセットにももれた素晴らしいテイクがあるのがバレバレですよね! 以前ブログでも書きましたが、アトランティックのToo Much Noise を聴いたら、耳からウロコが出ましたよ。すっげいカッキイー。

>あの頃の「チーム・ロッド」

DISC2のボーナス曲みたいに連帯感があったんでしょうね。ロッドもいろいろな人との組み合わせで共作もしてるし。

>「ナイトオン・・・」の2CD版

 こっちは買ってないんで感想が聴きたいですよ、ぜひ教えてください。

>お子様も健やかに成長されているようですね!

ありがとうございます。お昼ね時にはパパ購入のタータンチェック毛布をかけてやる親バカです。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
そのとお~り!
ご無沙汰してます。
お子様も健やかに成長されているようですね!

ここに書いてあること、そっくりそのまま私も感じました。
聞きながら「ボディ・ウィッシーズ」出し直したら!?とさえ思うくらい(笑)。
結局80年代前半の苦闘の結果がああだったのですかね・・・
「ホディ」と「カムフラージュ」・・・この2作は、結局プロデュースで失敗しているのかな。
ただ、この2作の失敗(というか反省)が、ベックとの共演やそのあとの「エブリ・ビート・・・」につながっていくわけなので、やはり、これも人生ってことでしょうか。

ところで、70年代のロッド、やはり録音したものはすべて出してほしい・・・。
フェイセス時代のソロ作品、基本的に歌が一番最後だったんですね。スキャットで歌ってるだけで、ロッドはロッドで、いやはやすばらしい。
逆に演奏は、ハナから完成度が高かったのかもしれないですね。あの頃の「チーム・ロッド」はあ・うんの呼吸でスタジオワークができていたのだろうな。

・・・と、あまりに同じ感想なので、ついついテンションあがって長くなってしまいました。
ではまた。

そうそう、「アトランティック」~「ナイトオン・・・」の2CD版買っちゃいました。HMV通販で買ったのでまだ未到着ですが、また新しい発見がありそうです。
2010/03/07(Sun) 23:36 | URL  | デニス・ロウ #n08XGfOg[ 編集]
Re: そのとお~り!
> スキャットで歌ってるだけで、ロッドはロッドで、いやはやすばらしい。

デニスロウさんの、ストレートなファン馬鹿発言に笑っちゃいます。いやほんとに歌詞いいかげんに歌っててもいいなあ、と思えますね。

>70年代のロッド、やはり録音したものはすべて出してほしい・・・。

 以前からの主張でしたね。今回のでかなり出たともいえますが、アトランティックとナイトオンの2CD盤を聴くと、BOXセットにももれた素晴らしいテイクがあるのがバレバレですよね! 以前ブログでも書きましたが、アトランティックのToo Much Noise を聴いたら、耳からウロコが出ましたよ。すっげいカッキイー。

>あの頃の「チーム・ロッド」

DISC2のボーナス曲みたいに連帯感があったんでしょうね。ロッドもいろいろな人との組み合わせで共作もしてるし。

>「ナイトオン・・・」の2CD版

 こっちは買ってないんで感想が聴きたいですよ、ぜひ教えてください。

>お子様も健やかに成長されているようですね!

ありがとうございます。お昼ね時にはパパ購入のタータンチェック毛布をかけてやる親バカです。
2010/03/10(Wed) 18:55 | URL  | Hazex #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。