上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ボックスセットの2枚目は、「ナイト・オン・ザ・タウン」期?「パンドラのハコ」期まで。

 アーリーテイクの多かったDISC1に比べると、完全未発表曲が多く、なかでも「キリング・オブ・ジョージー3」やバディ・ホリーのカバー「メイビー・ベイビー」、フランキー・ミラーのカバー「ホエン・アイム・アウェイ・フロム・ユー」などには驚かされました。未発表とはいえ、完成度は高く、また、この時期ならではの、カーマイン・アピスやジム・クーリガンなどのロッド・スチュワートバンドのノリにのった演奏で聴けるのが魅力です。

 「キリング・オグ・ジョージー1」のイントロが聞こえた?と思ったらいきなりドスッドスッと重いドラムが割り込んだかと思えばロックンロールが展開され、「キリング3」の意外なアレンジに絶句・・・・。これが「ナイト・オン?」で続けて聴けていたら、あのアルバムのメロウな印象も薄らいだでしょうね。 

明日へのキック・オフ明日へのキック・オフ
(2005/10/26)
ロッド・スチュワート

商品詳細を見る


 「ロージー」!こんな曲が「キリング?」シングル盤のB面のみで発表されていたとは! 存在をまったく知りませんでした。カントリータッチな親しみやすい曲です。 

 「ホット・レッグス」のオルタネイトバージョンは、全体に完成まであと少しといった感じですが、重厚なバックに支えられたロッドのボーカルは、ストーンズにも引けをとらないといった堂々の歌いっぷり。

 グレイテスト・ヒッツのためにレコーディングされながらもボツとなったフランキー・ミラーのカバー「ホエン・アイム?」がいいです。マギー・メイを彷彿とさせるミドル・テンポのナンバーで、ライナーノーツでもかかれていますが、なぜこの曲が日の目を見なかったのか、別のアルバムで復活してもよいだろうに・・・・というほど耳に残るメロディが聞けます。中途半端なエンディングが惜しいですが、完成させてほしかった!

 「パンドラのハコ」は本来2枚組みだったらしいのですが、ボツになってしかるべきというのもありますが、バディ・ホリーのカバーはいいですね! 最近のグレアメシリーズで使われていても不思議がない。でもやはりこの時期のロッドならではの歌唱こそが最高です。

 アブソリュートリー・ライブのLP盤には入っていた2曲の別テイクが入っているのもいいですね。ようやくCDで普通に聞ける曲になったのがうれしいね。

 そして最後にシークレットトラックが入ってました。ロッド版コックサッカーブルース!? まるでロッドのライブのエンディングで歌われる英国民謡のようですが、ライナーによるとレコード会社に向けて際どいことを歌っているようです。

 それにしてもよくこれだけレア曲があるもんだ。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
 「ロージー」!こんな曲が「キリング?」シングル盤のB面のみで発表されていたとは! 存在をまったく知りませんでした。カントリータッチな親しみやすい曲です。 

 「ホット・レッグス」のオルタネイトバージョンは、全体に完成まであと少しといった感じですが、重厚なバックに支えられたロッドのボーカルは、ストーンズにも引けをとらないといった堂々の歌いっぷり。

 グレイテスト・ヒッツのためにレコーディングされながらもボツとなったフランキー・ミラーのカバー「ホエン・アイム?」がいいです。マギー・メイを彷彿とさせるミドル・テンポのナンバーで、ライナーノーツでもかかれていますが、なぜこの曲が日の目を見なかったのか、別のアルバムで復活してもよいだろうに・・・・というほど耳に残るメロディが聞けます。中途半端なエンディングが惜しいですが、完成させてほしかった!

 「パンドラのハコ」は本来2枚組みだったらしいのですが、ボツになってしかるべきというのもありますが、バディ・ホリーのカバーはいいですね! 最近のグレアメシリーズで使われていても不思議がない。でもやはりこの時期のロッドならではの歌唱こそが最高です。

 アブソリュートリー・ライブのLP盤には入っていた2曲の別テイクが入っているのもいいですね。ようやくCDで普通に聞ける曲になったのがうれしいね。

 そして最後にシークレットトラックが入ってました。ロッド版コックサッカーブルース!? まるでロッドのライブのエンディングで歌われる英国民謡のようですが、ライナーによるとレコード会社に向けて際どいことを歌っているようです。

 それにしてもよくこれだけレア曲があるもんだ。
スポンサーサイト

【2010/02/16 19:14】 | ロック!
トラックバック(0) |

確信的に・・・
デニス・ロウ
>アブソリュートリー・ライブのLP盤には入っていた2曲の別テイクが入っているのもいいですね

その2曲の内の「思い焦がれて」のほうですが、これって、あのライブ盤LPに入っているテイクの単なる“MC&歓声抜き”バージョンですよ、絶対!
歌い回しや演奏、全く同じですもん。

もともとあの2曲って、CD化の際にカットされて、なんでかなぁ~と考えて行きついた先が、「“疑似ライブ”バージョンなのでは!?」という結論で、今回この曲を聴いて「やっぱり!」と感じていたわけです。

ロッド・オタクのひとりごとではありますが・・・(笑)。
ではでは。


こっそりとはずした。
Hazex
 デニスロウさんも買われてましたか!

 ははぁ~、なるほど、別テイクどころか、擬似だったというわけですね! 
 LPは押入れに入っていて聴きなおしてないんで、聞き比べてないんですが、なるほど。それがCD化されなかった理由ですね!じゃあ、ライブでは全然やってなかったのかな?


返事ありがとうございます。
デニス・ロウ
思いっきり買いまして、かなりの頻度で聴いております。
HAZEXさんのコメントを見て、また聴き直してます。

エルトンの「ペニーとジェッツ」なんかと同じような疑似ライブですよね・・・たぶん。
偶然にも「想い焦がれて」は作詞がバーニー・トーピンですし・・・。

当時、ライブではどうだったのでしょう!?
シングルリリースはしていたわけだし、演奏曲目にはなってたんじゃないのかなぁ!??

こういう話を、お酒でも飲みながら話し込みたいものです(笑)。


意外と多い?擬似ライブ?
HAZEX
> エルトンの「ペニーとジェッツ」なんかと同じような

あ、そうなんですか? どのアルバムのことかな? エルトンのライブ盤といえば、ジョン・レノンとのジョイントのやつとか、初期のやつしか持ってないんですがー。
60年代ならいざしらず、80年代のアルバムで擬似ライブなんてねぇー。

>作詞がバーニー・トーピンですし・・・。

 エルトンの紹介かな? 必然的?

> シングルリリースはしていたわけだし、演奏曲目にはなってたんじゃないのかなぁ!??

 それならわざに擬似にしなくてもいいのでは? ライブテイクは・・・・・持ってるブートには入ってないなあ。

>こういう話を、お酒でも飲みながら話し込みたいものです(笑)。

 いいですねー。デニス・ロウさん関東でしたっけ? BBSのプロフ消えちゃったからわかんなくなった。ストーンズかポールが来日したら日程しだいでは上京したいですね。まさかロッドはもう来ない・・・・・? 

楽しい週末・・・
デニス・ロウ
「ペニーとジェッツ」は、「黄昏のレンガ路」に入っていたと思います。

おそらく、「全くもってライブ!」をリリースするにあたり、「新曲いれなくちゃなぁ・・・」ってことで「今からコンサートで新曲やれないし、1曲いいのがあるから。疑似ライブで入れちゃおう!」・・・という安直な企画だと思います・・・ロッドのことだから(笑)。

このライブアルバム用に録音していた頃のライブでは、まだこの曲はやってなかったんじゃないですかね・・・というか、おそらくライブではやってないんですよ。いい曲なのに・・・と書いていて、確か「Never Give Up On Your Dream」って、作詞がバーニー・トーピンじゃなかったかな!?その時のセッションの曲なのかもしれませんね。

・・・と、妄想している自分が笑えます(笑)。

そうです。私は関東です。HAZEXさんのお住まいとはずいぶん遠いですね。
東京にでも来る時があったら、会いたいですね!
ではまた!


Re: 楽しい週末・・・
HAZEX
> 「ペニーとジェッツ」は、「黄昏のレンガ路」に入っていたと思います。

あらら、持ってませんわ(笑)。シングルな持って・・・・(オアシスに続き、こればっかり)。次に買うエルトンはこれにしようかな。

>安直な企画だと思います・・・ロッドのことだから(笑)。

 ありえますね。でもあからさまに新曲をいれずに擬似でごまかすのは、ロッドなりの配慮かもしれませんよ。全体の雰囲気をこわさないように・・・・って。

>その時のセッションの曲なのかもしれませんね。

 いい曲なのにライブでやらないのは、今回のセッションズでも多々ありましたから、不思議なことじゃないのかもしれませんね。擬似の2曲はもしライブ盤のリリースがなかったら、今回のセッションズで初めて日の目をみることになったかも? ネバー・ギブアップは確かめるとホントだ、トーピンですね。レコーディングセッションの余剰曲?

> 東京にでも来る時があったら、会いたいですね!

はい。ありがとうございます。いつかどこかで・・・。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
確信的に・・・
>アブソリュートリー・ライブのLP盤には入っていた2曲の別テイクが入っているのもいいですね

その2曲の内の「思い焦がれて」のほうですが、これって、あのライブ盤LPに入っているテイクの単なる“MC&歓声抜き”バージョンですよ、絶対!
歌い回しや演奏、全く同じですもん。

もともとあの2曲って、CD化の際にカットされて、なんでかなぁ~と考えて行きついた先が、「“疑似ライブ”バージョンなのでは!?」という結論で、今回この曲を聴いて「やっぱり!」と感じていたわけです。

ロッド・オタクのひとりごとではありますが・・・(笑)。
ではでは。
2010/03/07(Sun) 23:30 | URL  | デニス・ロウ #n08XGfOg[ 編集]
こっそりとはずした。
 デニスロウさんも買われてましたか!

 ははぁ~、なるほど、別テイクどころか、擬似だったというわけですね! 
 LPは押入れに入っていて聴きなおしてないんで、聞き比べてないんですが、なるほど。それがCD化されなかった理由ですね!じゃあ、ライブでは全然やってなかったのかな?
2010/03/10(Wed) 18:43 | URL  | Hazex #-[ 編集]
返事ありがとうございます。
思いっきり買いまして、かなりの頻度で聴いております。
HAZEXさんのコメントを見て、また聴き直してます。

エルトンの「ペニーとジェッツ」なんかと同じような疑似ライブですよね・・・たぶん。
偶然にも「想い焦がれて」は作詞がバーニー・トーピンですし・・・。

当時、ライブではどうだったのでしょう!?
シングルリリースはしていたわけだし、演奏曲目にはなってたんじゃないのかなぁ!??

こういう話を、お酒でも飲みながら話し込みたいものです(笑)。
2010/03/11(Thu) 00:35 | URL  | デニス・ロウ #n08XGfOg[ 編集]
意外と多い?擬似ライブ?
> エルトンの「ペニーとジェッツ」なんかと同じような

あ、そうなんですか? どのアルバムのことかな? エルトンのライブ盤といえば、ジョン・レノンとのジョイントのやつとか、初期のやつしか持ってないんですがー。
60年代ならいざしらず、80年代のアルバムで擬似ライブなんてねぇー。

>作詞がバーニー・トーピンですし・・・。

 エルトンの紹介かな? 必然的?

> シングルリリースはしていたわけだし、演奏曲目にはなってたんじゃないのかなぁ!??

 それならわざに擬似にしなくてもいいのでは? ライブテイクは・・・・・持ってるブートには入ってないなあ。

>こういう話を、お酒でも飲みながら話し込みたいものです(笑)。

 いいですねー。デニス・ロウさん関東でしたっけ? BBSのプロフ消えちゃったからわかんなくなった。ストーンズかポールが来日したら日程しだいでは上京したいですね。まさかロッドはもう来ない・・・・・? 
2010/03/12(Fri) 20:01 | URL  | HAZEX #-[ 編集]
楽しい週末・・・
「ペニーとジェッツ」は、「黄昏のレンガ路」に入っていたと思います。

おそらく、「全くもってライブ!」をリリースするにあたり、「新曲いれなくちゃなぁ・・・」ってことで「今からコンサートで新曲やれないし、1曲いいのがあるから。疑似ライブで入れちゃおう!」・・・という安直な企画だと思います・・・ロッドのことだから(笑)。

このライブアルバム用に録音していた頃のライブでは、まだこの曲はやってなかったんじゃないですかね・・・というか、おそらくライブではやってないんですよ。いい曲なのに・・・と書いていて、確か「Never Give Up On Your Dream」って、作詞がバーニー・トーピンじゃなかったかな!?その時のセッションの曲なのかもしれませんね。

・・・と、妄想している自分が笑えます(笑)。

そうです。私は関東です。HAZEXさんのお住まいとはずいぶん遠いですね。
東京にでも来る時があったら、会いたいですね!
ではまた!
2010/03/12(Fri) 22:43 | URL  | デニス・ロウ #n08XGfOg[ 編集]
Re: 楽しい週末・・・
> 「ペニーとジェッツ」は、「黄昏のレンガ路」に入っていたと思います。

あらら、持ってませんわ(笑)。シングルな持って・・・・(オアシスに続き、こればっかり)。次に買うエルトンはこれにしようかな。

>安直な企画だと思います・・・ロッドのことだから(笑)。

 ありえますね。でもあからさまに新曲をいれずに擬似でごまかすのは、ロッドなりの配慮かもしれませんよ。全体の雰囲気をこわさないように・・・・って。

>その時のセッションの曲なのかもしれませんね。

 いい曲なのにライブでやらないのは、今回のセッションズでも多々ありましたから、不思議なことじゃないのかもしれませんね。擬似の2曲はもしライブ盤のリリースがなかったら、今回のセッションズで初めて日の目をみることになったかも? ネバー・ギブアップは確かめるとホントだ、トーピンですね。レコーディングセッションの余剰曲?

> 東京にでも来る時があったら、会いたいですね!

はい。ありがとうございます。いつかどこかで・・・。
2010/03/13(Sat) 23:03 | URL  | HAZEX #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。