上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ロッドの「セッションズ」の1枚目だけ聴きました。カーステでは聴かないつもりでしたが、やっぱり通して聞ける空間は車のなかしかありませんでしたので。

 収録曲は、製作途中のアーリーテイクか、オルタネート・バージョンのどちらかに分けられてます。未発表曲は、シークレットトラック17のみですが、ロッドのボーカルに最もキレがあった時代ですから、未完成でもすべての歌が素晴らしいと感じます。
 
 個人的には、もっとも好きなアルバム「ネバダル」から5曲収録されたのが嬉しい収穫。もっとも感動したのはオリジナルより1分も長い「アイド・ラザー・ゴー・ブラインド」。オルタネイトなので、ほとんど完成度はオリジナルに近く、また音もいいためか、ロッドのボーカルが素晴らしい!

 オルタネート版は他曲についても完成度は高く、演奏はもうオリジナルとほとんど一緒、ただ歌詞がちょっと違う程度ですが、オリジナルを聞き込んでいればわかるボーカルの少しの差異を発見すると喜びを感じますね。「シース・ライク・ア・ロング・タイム」では、オリジナル以上のシャウトがありますし、「北国の少女」では、オリジナルでは飛行機のSEでしたが、こちらはピアノのイントロで始まるのが新鮮です。

 かたや、アーリーテイクは、演奏はオリジナルとほぼ一緒ですが、歌詞が全然違うものが多く、ロッドの試行錯誤が伺えます。「マギーメイ」では一言もロッドは「マギーメイ」と歌ってません! このテイクの歌詞対訳がないので何について歌っているのか不明ですが、マギーメイとは違った世界が歌われているのかも?

 面白いのは「ミスティファイズ・ミー」の原曲の「シンク・アイル?」。これまた歌詞がまったく違う上に、「ミスティファイズー」に比べるとメロディが少したりないのが違い。それでもロッドが前編歌っています。本来はスマイラーに入れるべき曲だったようですが、ロッド版の完成曲を聴いてみたかったなぁ?。

 1枚目の収録曲は「マギーメイ」?「今夜決めよう」の時代まで。アルバム「エブリピクチャー?」時代から2曲、「ネバーダル?」から5曲、「スマイラー」から5曲、「アトランティク」から3曲、「ナイト・オン」から1曲でした(DISC2以降に3曲)。ガソリンアレイ以前の時代がないのはなぜかな?
 
Never a Dull MomentNever a Dull Moment
(1998/03/31)
Rod Stewart

商品詳細を見る
スポンサーサイト

【2010/02/04 07:29】 | ロック!
トラックバック(0) |

こちらにもコメントを・・・
デニス・ロウ
すみません、ちゃんと1枚目のレビューもあったのですね。
興奮しちゃって「DISC3」のところに色々書いちゃいました(笑)。

DISC1の、マーキュリーイヤーズは、演奏がほとんど完成形であるのにくらべ、おっしゃる通り歌詞は最後まで試行錯誤していたことがわかりますよね。
「マギー」は、演奏がほぼリリースバージョンであるにも関わらず、あそこまで歌詞ができてないギャップにびっくりでした。
それでも、あれだけいいのだから・・・ファン馬鹿丸出しなわけですが(笑)。

ご指摘の通り、カバー曲は、歌、演奏とも出来上がってる感じで、十分に商品価値あり!という感じですよね。
当時のロッド、フェイセスの雰囲気という意味では現在リリースされている正規バージョンよりリアルな印象です。

「ガソリン・・」以前がないのは、初期2枚はヴァーティゴレーベルで、マスター管理がしっかりされてなかった?権利関係に問題あり!?というところではないでしょうか・・・といういい加減なロッド・マニアの推測です(笑)。



ヴァーティゴ
HAZEX
>ちゃんと1枚目のレビューもあったのですね。

1枚目だけは、カフェウーララにもアップしたんですよ、数年ぶりの更新(笑)。

>「マギー」は、演奏がほぼリリースバージョンであるにも関わらず、あそこまで歌詞ができてないギャップにびっくりでした。

ロッドの歌詞が演奏部のレコーディングに間に合ってないってことなんでしょうね。
「ウーララ」の時はそんなブートもあったし、ロッドもやるきなくなってきてたからとも思いましたが、まさか初期からだとはねっ!

>正規バージョンよりリアルな印象です。

 あんな調子で歌ってるのを録ってるならほかにもあるんでしょうね。個人的には「トゥルー・ブルー」のデモ版なんか聴いてみたかったと思います。

> 「ガソリン・・」以前がないのは、初期2枚はヴァーティゴレーベルで、マスター管理がしっかりされてなかった?権利関係に問題あり!?というところではないでしょうか・・・といういい加減なロッド・マニアの推測です(笑)。

 いやあ、まさにそういうところだと思います。 ライナーではまったく無視されてますから、触れられないんじゃないでしょうか。それとも、プロデューサーのルー・レイズナーが棺おけに入れてあの世へ持って行ったとか?!


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こちらにもコメントを・・・
すみません、ちゃんと1枚目のレビューもあったのですね。
興奮しちゃって「DISC3」のところに色々書いちゃいました(笑)。

DISC1の、マーキュリーイヤーズは、演奏がほとんど完成形であるのにくらべ、おっしゃる通り歌詞は最後まで試行錯誤していたことがわかりますよね。
「マギー」は、演奏がほぼリリースバージョンであるにも関わらず、あそこまで歌詞ができてないギャップにびっくりでした。
それでも、あれだけいいのだから・・・ファン馬鹿丸出しなわけですが(笑)。

ご指摘の通り、カバー曲は、歌、演奏とも出来上がってる感じで、十分に商品価値あり!という感じですよね。
当時のロッド、フェイセスの雰囲気という意味では現在リリースされている正規バージョンよりリアルな印象です。

「ガソリン・・」以前がないのは、初期2枚はヴァーティゴレーベルで、マスター管理がしっかりされてなかった?権利関係に問題あり!?というところではないでしょうか・・・といういい加減なロッド・マニアの推測です(笑)。

2010/03/11(Thu) 00:49 | URL  | デニス・ロウ #n08XGfOg[ 編集]
ヴァーティゴ
>ちゃんと1枚目のレビューもあったのですね。

1枚目だけは、カフェウーララにもアップしたんですよ、数年ぶりの更新(笑)。

>「マギー」は、演奏がほぼリリースバージョンであるにも関わらず、あそこまで歌詞ができてないギャップにびっくりでした。

ロッドの歌詞が演奏部のレコーディングに間に合ってないってことなんでしょうね。
「ウーララ」の時はそんなブートもあったし、ロッドもやるきなくなってきてたからとも思いましたが、まさか初期からだとはねっ!

>正規バージョンよりリアルな印象です。

 あんな調子で歌ってるのを録ってるならほかにもあるんでしょうね。個人的には「トゥルー・ブルー」のデモ版なんか聴いてみたかったと思います。

> 「ガソリン・・」以前がないのは、初期2枚はヴァーティゴレーベルで、マスター管理がしっかりされてなかった?権利関係に問題あり!?というところではないでしょうか・・・といういい加減なロッド・マニアの推測です(笑)。

 いやあ、まさにそういうところだと思います。 ライナーではまったく無視されてますから、触れられないんじゃないでしょうか。それとも、プロデューサーのルー・レイズナーが棺おけに入れてあの世へ持って行ったとか?!
2010/03/12(Fri) 20:13 | URL  | HAZEX #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。