上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 JR三江線(広島県三次市?島根県江津市)の利用促進期成同盟会主催のフォトコンテストに応募してみた。
 同線は、中国地方の大河「江ノ川」沿いを走っている単線のローカル線だ。
 江の川をカヌー・カヤックで下れば、運が良ければ川沿いをゆっくりトコトコ走る1両だけのディーゼル車を見ることができます。この路線の維持を目的にPR活動の一環で募集されたコンテストだ。

 過疎地を走るため、もともと利用客は少ない路線だが、数年前には土砂災害で路線不通に追い込まれて、再開後も利用客は伸び悩んでいるそうだ。

 1度だけだが、カヤックを列車で運んだこともある。
 まず、川くだりのスタート地点となる江の川の中流域まで車でカヤックを運ぶ。近くの駅の側に車を置いて、川までカヤックを運んで組立て、ダウンリバースタート。江の川最下流まで下ったら、そこでカヤックを分解、三江線終点の江津本町駅まで運び、列車にカヤックを持ち込んでスタート地点の駅まで戻る・・・・・てな旅だ。川下り以外の手間に時間をかなり裂くものの、とても自由な旅が満喫できる。

 三江線でこういうカヤック旅をしたひとをボクは知らないが、山口県の錦川では一般的な方法だ。江の川/三江線もカヤックで利用促進につながればいいのですけど。

 写真は、コンテストの参加賞で用意されているキーホルダー。できればカヤッカーになじみの深い「粕淵」がほしいもんです。
Tn20100107016001.jpg
 
スポンサーサイト

【2010/01/28 20:18】 | 江の川カヤックの旅
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。