上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 妹夫婦が九州へ旅行した際のおみやげに、大宰府天満宮で「でんでん太鼓」を買ってきてくれた。
 でんでん太鼓をWikipediaで引いてみると
 『日本の民芸玩具で、小さな太鼓の両側に紐の玉が、持ち手を高速で回転させることで、玉が太鼓の膜に当たり、音を立てる。楽器として用いられることはほとんどなく、特に小さな子どもをあやすのに使う。雅楽で用いられる「振鼓」(ふりつづみ)がモデル』
 とあった。お土産は、まさにそれそのものだった。
IMGP4776.jpg

 妻は以前からほしかったそうだが、雅楽が起源の玩具だけに神社にあったようです。ベイビーK君にもたせると、ふりまわすばかりで、もち手を回転させることはまだ思いつかないようだけど、一応、玉は太鼓に当たっているので音はでるので不都合はないみたい。

 よろこんで振り回りしていたので写真に収めようとしましたが、ふりまわす動きで太鼓はぶれてうまくとれません。またカメラ目線の笑顔も一緒に・・・とか思ってなんどもフォトセッションしてるとベイビーK君さすが飽きたようで今度はちゃんと握ってくれません・・・・結局満足いく写真は撮れずじまい。

 「そういえば、<でんでん>ってお笑いタレントがいたよね?」と妻と話すと、
 「どんな人だっけ」と。
 「お笑い芸人としては見ないけど時々ドラマで・・・・」
と言ってたら、その日のNHK時代劇に町人役で出ていました。
 昔は、お笑いスター誕生に小柳トムとか九十九一とかと同じころに出ていたことを思い出しますが、いまは俳優として順調に活躍されておられるのですねぇ?、でんでん。
スポンサーサイト

【2010/01/17 12:11】 | 育児
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。