上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 「ローリング・ストーン」11月号はビートルズ特集でした。もう発売日からだいぶ経ってしまったけど、やっと読み終えた。
Rolling Stone (ローリング・ストーン) 日本版 2009年 11月号 [雑誌]Rolling Stone (ローリング・ストーン) 日本版 2009年 11月号 [雑誌]
(2009/10/10)
不明

商品詳細を見る

 リマスター化によるビートルズブームが続く中、ローリング・ストーンも14ページのドキュメンタリーをj掲載しています。
 中心となるのは、ビートルズ解散に至る経緯が、ホワイトアルバムのあたりから始められていて、オノ・ヨーコ、ゲット・バックセッション、アラン・クライン、解散へとつながってく事実にそって語られています。
 だいたいはおおまかには知っている事実ですが、ヨーコがバンドのレコーディング時に発した一言がバンドに与えたインパクト、それがバンドにマイナスの影響を与えていくのかわかります。
 
 ゲット・バックセッションでは張り詰めた緊張感のもと、ジョージの一時脱退では、あのジョージもここまで言っていたのか!と驚いてしまいました。

 バンドメンバーのセリフが随所に効果的に散りばめられていて、評論家の一方的な推論ではない、まさに事実がそこに語られている感じで、実に読ませるテキストとなっています。

 そしてこの表紙のメンバー写真も読者に多くを語ってくれているのでないでしょうか。別ショットがポスターにもなって織り込まれています。
スポンサーサイト

【2009/11/01 22:49】 | 名称未設定_17
トラックバック(0) |

No title
Nana
こんばんは、Good Day~のNanaです。
これ、私も本屋でつい全部読んじゃいました。
当時の致し方のない事情や大変な雰囲気が伝わってきて、本当に読み応えがありました。
解散時にもそれぞれキャラの個性が立ってるのがなんともビートルズらしいというか。個人的には、リンゴがポールのところにおつかいに行くエピソードが気に入りました(笑)

リンゴ・ストーン
HAZEX
Nanaさん、こんちには。
夫婦でリマスター、聴いてますか?
ローリング・ストーン、読み応えありましたね。
リンゴのエピソード、リンゴらしいね(リンゴは殴られた、とも聞きますが、真相は如何に?)。
これ以後、ポールvsジョン、ジョージの図式になりますが、両者を取り持てるのはリンゴだけになりますからね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No title
こんばんは、Good Day~のNanaです。
これ、私も本屋でつい全部読んじゃいました。
当時の致し方のない事情や大変な雰囲気が伝わってきて、本当に読み応えがありました。
解散時にもそれぞれキャラの個性が立ってるのがなんともビートルズらしいというか。個人的には、リンゴがポールのところにおつかいに行くエピソードが気に入りました(笑)
2009/11/06(Fri) 22:39 | URL  | Nana #Qi8cNrCA[ 編集]
リンゴ・ストーン
Nanaさん、こんちには。
夫婦でリマスター、聴いてますか?
ローリング・ストーン、読み応えありましたね。
リンゴのエピソード、リンゴらしいね(リンゴは殴られた、とも聞きますが、真相は如何に?)。
これ以後、ポールvsジョン、ジョージの図式になりますが、両者を取り持てるのはリンゴだけになりますからね。
2009/11/07(Sat) 11:28 | URL  | HAZEX #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。