上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 午後1時のニュースを見ていて驚いた。
「加藤和彦さんがホテルで亡くなっていた」と伝える画面に、
「えぇー!?なんでっ!?」と叫んだ私。

 僕にとって加藤和彦さんは、まずは日本のロック黎明期の金字塔、サディスティック・ミカ・バンドのリーダーでありました。ミカ・バンドは70年代のバンドですが、僕の浪人時代(1986年)にたまたまFMから聴いた「タイムマシーンにお願い」にぶっとんで、人生で初めて買ったCDは彼らの「黒船」でした。大学時代は繰り返し繰り返し聴いてにミカ・バンドの素晴らしさに目覚めて、オリジナルのアルバムととシングルのレコードを集め切るほどに好きだった。

 また、初めてエレキギターを買った1990年に練習曲としていたのが彼のソロヒット曲「あの素晴らしい愛をもう一度」だった。とてもとても美しい曲と歌詞。これは僕のカラオケナンバーでもある。

 中古レコードで買った彼のソロアルバム「スーパーガス」。ミカ・バンド結成前の作品ですが、これも大学時代に当時のバンド仲間とよく聴いた。

スーパーガススーパーガス
(1999/02/25)
加藤和彦

商品詳細を見る


 しかし、なぜだ。どうやら自殺らしい。悲しい。「もうやることがなくなった」と遺書にあったらしい。
 悲しい。数年前、ミカ・バンドの2度目の再結成をし、なにかのインタヴューで「次の再結成はまた20年後」なんてジョークを発していた。1度目の再結成から約20年だからそうなんだろう。しかしそれも幻となった。

 アルフィーの坂崎幸之助とフォークディオ「和幸」を組んで活動を始めたのが最近だ。2枚目のアルバムは購入した。先月には坂崎さんと一緒にステージに立ったらしい。それがラスト・ステージとか。

 NHK教育テレビでフォークギター講座をしていたのも見たことがある。

 高校時代の思い出につながる飯島真理が歌った「愛・覚えていますか」も彼の作品だ。

 結局、彼のナマの姿は見ることができなかった。

 偶然だが、昨日ある音楽本を買ったら、文中で加藤さんが取り上げられており、70年代初期のテレビCMで彼のファッショナブルな映像が使われていたという。また、別なCMではナレーションをしていたという。そう、彼の声はとにかく優しいのだ。

 悲しい。とにかく日本のポップスの良心だった。自殺というのが事実ならなお悲しい。 今は彼の作品を聴く気にもなれない。僕のあたまの中では「あの素晴らしい愛をもう一度」が聴こえています。

 合掌。

スポンサーサイト

【2009/10/18 00:56】 | 名称未設定_15
トラックバック(0) |

合掌
アオイハナ
マスター、ご無沙汰でした。
お元気でそうで(母子も共に)何よりです。
「家族」を満喫していらっしゃいますね?
満喫できる時は思い切り満喫しましょう!

さて、加藤さんの訃報、ぼくもビックリです。
ミカバンドと言えば、もちろんぼくは
かれんさん時代が一番好きですが、「黒船」は
何度も聴きました。また、昨年、
「あの素晴らしい愛をもう一度」を
合唱曲として自分のクラスで歌い、
彼の幅広い才能をあらためて感じていたところです。
洋楽も邦楽も歴史を作った黎明期の世代が
また一人と亡くなっていきます。
心よりご冥福をお祈りいたします。

フォークル
fusai
「悲しくてやりきれない」
大好きな曲です。独りで何度も歌っています。
美しいメロディが良いですね。

Re: 合掌
HAZEX
最近はマスターじゃありませんが、こんにちは。
お気使いありがとう。
そちらはお変わりないですか?
寒くなりましたね。

> 「あの素晴らしい愛をもう一度」を合唱曲として

 それは素晴らしい、ですね。あの名曲を後世にも伝えていけるなら最高です。
 加藤さんも、あの歌詞は深いんです。とかインタヴュー言っているのを最近の映像で見ました。
 (僕はそこまで深く理解してませんけど)

 昨日は、加藤さんの遺作とも言える「和幸」のセカンドアルバムを聴いてました。
 キヨシロウに続く悲報に、今年は辛いですね。
 

Re: フォークル
HAZEX
> 「悲しくてやりきれない」
> 大好きな曲です。独りで何度も歌っています。
> 美しいメロディが良いですね。

 fusaiさん、こんにちは。
 僕は聴いたことはあるんですが、盤として持ってないので、「加藤和彦メモリーズ」というベスト盤を昨日ネットでオーダーしました。届いたら改めて浸ってみたいと思います。
 いまごろ知ったんですが、あれはイムジン河を逆のコード進行で作ったとか? 名曲の逆もまた名曲か・・・・。まるでジョン・レノンのビコーズと月光みたいですね。

 加藤さんは、声もそうですが、メロディもやさしいです。ロックしてても優しさが透けて見えます。



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
合掌
マスター、ご無沙汰でした。
お元気でそうで(母子も共に)何よりです。
「家族」を満喫していらっしゃいますね?
満喫できる時は思い切り満喫しましょう!

さて、加藤さんの訃報、ぼくもビックリです。
ミカバンドと言えば、もちろんぼくは
かれんさん時代が一番好きですが、「黒船」は
何度も聴きました。また、昨年、
「あの素晴らしい愛をもう一度」を
合唱曲として自分のクラスで歌い、
彼の幅広い才能をあらためて感じていたところです。
洋楽も邦楽も歴史を作った黎明期の世代が
また一人と亡くなっていきます。
心よりご冥福をお祈りいたします。
2009/10/19(Mon) 18:26 | URL  | アオイハナ #OHY/aL9w[ 編集]
フォークル
「悲しくてやりきれない」
大好きな曲です。独りで何度も歌っています。
美しいメロディが良いですね。
2009/10/20(Tue) 19:03 | URL  | fusai #c1ds2r8g[ 編集]
Re: 合掌
最近はマスターじゃありませんが、こんにちは。
お気使いありがとう。
そちらはお変わりないですか?
寒くなりましたね。

> 「あの素晴らしい愛をもう一度」を合唱曲として

 それは素晴らしい、ですね。あの名曲を後世にも伝えていけるなら最高です。
 加藤さんも、あの歌詞は深いんです。とかインタヴュー言っているのを最近の映像で見ました。
 (僕はそこまで深く理解してませんけど)

 昨日は、加藤さんの遺作とも言える「和幸」のセカンドアルバムを聴いてました。
 キヨシロウに続く悲報に、今年は辛いですね。
 
2009/10/21(Wed) 07:50 | URL  | HAZEX #-[ 編集]
Re: フォークル
> 「悲しくてやりきれない」
> 大好きな曲です。独りで何度も歌っています。
> 美しいメロディが良いですね。

 fusaiさん、こんにちは。
 僕は聴いたことはあるんですが、盤として持ってないので、「加藤和彦メモリーズ」というベスト盤を昨日ネットでオーダーしました。届いたら改めて浸ってみたいと思います。
 いまごろ知ったんですが、あれはイムジン河を逆のコード進行で作ったとか? 名曲の逆もまた名曲か・・・・。まるでジョン・レノンのビコーズと月光みたいですね。

 加藤さんは、声もそうですが、メロディもやさしいです。ロックしてても優しさが透けて見えます。

2009/10/21(Wed) 07:55 | URL  | HAZEX #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。