上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 090801.jpg

 今年は冷夏ぎみのせいか、いつもは車を運転していても道端から聞こえるセミの鳴き声が少ないような気もします。ここ山陰地方は8月を迎えても今だ梅雨があけず、今日も小雨が降ったりやんだりの曇り空。暑いのが苦手なボクしては涼しくてクーラーいらずな夜も快眠できるので嬉しいのですけれど、日照不足から来る今後の米の不作などは懸念していしまいます。ハニーの実家からいただいている野菜などの成長は問題ないらしいです・・・。

 そんななかで、我が家のベランダに「夏」がやってきました。初夏にカタツムリが登ってきたのに次ぐ、賓客の来訪です。ミンミンゼミかな?アブラゼミかな? 調べてみると、羽が不透明なのでアブラゼミでした(ミンミンゼミは透明)。

 さっそく、我が家のベイビーとセミをご対面させてみました。こんなチャンスはめったにありません。セミはベランダの壁にぴったりと張り付いて声も出しません。でも近づきすぎると逃げちゃうかもしれませんから、ちょっと距離をおいて、ベイビーを抱いて近づいてみます。

 でもベイビーはちっとも目をくれません。近づけても明後日の方を見るばかりで、パパとしてははがゆいばかり・・・・。珍しい虫とはいえ、動きのない物体には興味がないようです(笑)。もっと年齢を重ねないとダメかな?
スポンサーサイト

【2009/08/01 12:03】 | 小さな旅
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。