上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今冬のクラプトン日本公演がwowowでオンエアされたらしいので、妹が録画して送ってくれた。

 あれこれ雑務をしながら、横目で見ていたが、4曲目、「イズント・イット・ア・ピティ」が始まったとたん、この曲だけは画面正面に座してみた。
 
090509.jpg

 泣けた・・・・。

 クラプトンの盟友、ジョージ・ハリスンの名曲のひとつだ。91年のジョイントツアーの時のセットリストでもあり、大阪城ホールで2度見たが、その時も、後のライブアルバムでも感動した1曲だ。

 それをいま、クラプトンが再びプレイ、しかも彼自身のボーカルで・・・。アレンジもオリジナルに忠実だ。いい、とてもいい。

 結局、真剣に見たのはこの1曲だけ(笑)。演奏はもちろんいいのだが、頻繁にコロコロ変わる細かなカメラ割りが気になってしょうがない。テレビ消して音だけ聴こうかな?
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
 クラプトンの盟友、ジョージ・ハリスンの名曲のひとつだ。91年のジョイントツアーの時のセットリストでもあり、大阪城ホールで2度見たが、その時も、後のライブアルバムでも感動した1曲だ。

 それをいま、クラプトンが再びプレイ、しかも彼自身のボーカルで・・・。アレンジもオリジナルに忠実だ。いい、とてもいい。

 結局、真剣に見たのはこの1曲だけ(笑)。演奏はもちろんいいのだが、頻繁にコロコロ変わる細かなカメラ割りが気になってしょうがない。テレビ消して音だけ聴こうかな?
スポンサーサイト

【2009/05/09 12:35】 | ロック!
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。