上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ストーンズのライブ映画「シャシン・ア・ライト」を見に、広島市まで行ってきた。中国・四国地区ではここだけ!車で3時間以上かかる。でもストーンズのためだから、そんなの苦労でもなんでもない。だいだいいつもストーンズを見るために東京ドームとか行ってたことを考えれば、例え実物がいない映画とはいえ、好きなバンドを見にいく苦労なんて楽しみの前菜みたいなもんだ。そしてメインディッシュの映画も期待に違わないライヴ映画だった。行ってよかった。

 081214a.jpg

 映画館内の入口にかかげられた巨大なポスター。
  さらにチャーリーが使うドラムキットと同型のものが展示されていた。もちろんグレッチだ。
081214b.jpg

 さて、内容の感想は、ネタばれになるので、これから見る人は下をクリックしないでください。

 感想は、見た直後の車での帰路、少しでも早く書き留めておきたい衝動に駆られて運転しながらペンを持ち、メモ帳に書いたものを、ほぼそのまま列記しておく。危ないねぇ・・・・・。

 ユー・ガット・シルバーでのロニーのギターはよい。

 キースのコネクションは編集は残念。

 ミックの動きは相変わらずスゴイ。

 クリティーナ・アギレラ なかなかいい

 バディ・ガイの顔アップは映画ならではの凄みだ

 キースの歌の前に一時ダレた。

 1番良かったのは、意外にもアズ・ティアーズ・ゴー・バイ。歌うミックの側で12弦を弾くキース。ミックの横顔に向けたキースを背後から写したショットが◎

 カメラがミックの腰より下目線のため、最前列当たりで見ている感じ

 キースはいつからあんなに極端にも腰より下で、腰をまげて弾くようになったっけ?

 過去の回想シーンもいいが、ライブシーンまでは余計

 DVDになったら最初のチャプター(まるでメイキング映像)は飛ばすだろう

 キースとミックがデュエットするファラ・ウェイ・アイズは良かった。CDで音だけ聴いても気に入っていたが、2人でデュエットしているとは気づかなかった。映画中での観客の歓声もここが一番大きかった。

 
スポンサーサイト


追記を閉じる▲

 感想は、見た直後の車での帰路、少しでも早く書き留めておきたい衝動に駆られて運転しながらペンを持ち、メモ帳に書いたものを、ほぼそのまま列記しておく。危ないねぇ・・・・・。

 ユー・ガット・シルバーでのロニーのギターはよい。

 キースのコネクションは編集は残念。

 ミックの動きは相変わらずスゴイ。

 クリティーナ・アギレラ なかなかいい

 バディ・ガイの顔アップは映画ならではの凄みだ

 キースの歌の前に一時ダレた。

 1番良かったのは、意外にもアズ・ティアーズ・ゴー・バイ。歌うミックの側で12弦を弾くキース。ミックの横顔に向けたキースを背後から写したショットが◎

 カメラがミックの腰より下目線のため、最前列当たりで見ている感じ

 キースはいつからあんなに極端にも腰より下で、腰をまげて弾くようになったっけ?

 過去の回想シーンもいいが、ライブシーンまでは余計

 DVDになったら最初のチャプター(まるでメイキング映像)は飛ばすだろう

 キースとミックがデュエットするファラ・ウェイ・アイズは良かった。CDで音だけ聴いても気に入っていたが、2人でデュエットしているとは気づかなかった。映画中での観客の歓声もここが一番大きかった。

 
スポンサーサイト

【2008/12/14 22:02】 | ロック!
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。