上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今年初の日本海ツーリングは、島根県江津市の黒松海岸からの出航です。美郷町の「カヌーの里」のツーリングに参加で、同行はガイドのUさんら3人。浜田市のHさんとは去年の温泉津ツーリング以来のお久しぶりでした。
 天候はやや曇り空ならがらも海面はツーリングにもってこいのベタ凪でありまして、念願の漕ぎやすい海でした。愛艇エルズミア480も1年ぶりの出撃。
 080923.jpg
 黒松漁港を出航し、西へ向かいます。とりあえずの目標は大島という無人島。
080923map.jpg

 途中はずっと砂浜海岸で、夏は海水浴客で賑わうんでしょうね。水温はまだまだ泳げそうなくらいでしたが、海岸に人影はなく、代わりに、風力発電の風車の工事が3基、進行中でした。
 080923a.jpg

 Uさんはシングル艇、Hさんと鳥取のEさんは初顔合わせながらタンデムで。そんなにスピードも出してませんが目標の大島は40分ちょっとアッいうまに着いてしまい、通過点となりました。風はやや向かい風ながら順調な漕ぎ出しでス。
080923c.jpg

 海岸洞穴に到着。奥行きは10mもなく、通り抜けなどはできませんが、穴があったら入りたくなるシーカヤックの特性としてやはりできるだけ奥まで艇を突っ込んでみます。
080923d.jpg

 ここから艇を東に反転させ、峡谷のような岩場の間を抜けていきます。カヤックでないと通れないほどの狭さ。水中の透明度もあり、気持ちよいです。
080923e.jpg

 浅利海水浴場の端っこでランチタイム。Uさんお手製のパスタ料理などで空腹を満たします。
080923f.jpg

 1時間程度の休憩の後、再び出発地の漁港を目指します。が、帰りは追い風となり、艇は進路を翻弄され続け、まともに直進できない状態に陥ります。昨年、温泉津で漕いだ時もそうでしが、悪夢がまた蘇りました。進路維持に8割の労力を取られ、前進がままならなくなります。あー、ラダーがあればなぁ・・・・・・。舵が思い道理にならない舟とはこんなに辛いものか。今日はリーンもあまり効いてくれず、漁港に着いたときはもうバテバテ。そのせいで、いつもは漕ぎ足りないくらいのツーリング終了時ですが、今日はまだ3時ですが満腹感で一杯。
 
 疲れましたが、でも楽しかったですよ。また行きましょう。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
 黒松漁港を出航し、西へ向かいます。とりあえずの目標は大島という無人島。
080923map.jpg

 途中はずっと砂浜海岸で、夏は海水浴客で賑わうんでしょうね。水温はまだまだ泳げそうなくらいでしたが、海岸に人影はなく、代わりに、風力発電の風車の工事が3基、進行中でした。
 080923a.jpg

 Uさんはシングル艇、Hさんと鳥取のEさんは初顔合わせながらタンデムで。そんなにスピードも出してませんが目標の大島は40分ちょっとアッいうまに着いてしまい、通過点となりました。風はやや向かい風ながら順調な漕ぎ出しでス。
080923c.jpg

 海岸洞穴に到着。奥行きは10mもなく、通り抜けなどはできませんが、穴があったら入りたくなるシーカヤックの特性としてやはりできるだけ奥まで艇を突っ込んでみます。
080923d.jpg

 ここから艇を東に反転させ、峡谷のような岩場の間を抜けていきます。カヤックでないと通れないほどの狭さ。水中の透明度もあり、気持ちよいです。
080923e.jpg

 浅利海水浴場の端っこでランチタイム。Uさんお手製のパスタ料理などで空腹を満たします。
080923f.jpg

 1時間程度の休憩の後、再び出発地の漁港を目指します。が、帰りは追い風となり、艇は進路を翻弄され続け、まともに直進できない状態に陥ります。昨年、温泉津で漕いだ時もそうでしが、悪夢がまた蘇りました。進路維持に8割の労力を取られ、前進がままならなくなります。あー、ラダーがあればなぁ・・・・・・。舵が思い道理にならない舟とはこんなに辛いものか。今日はリーンもあまり効いてくれず、漁港に着いたときはもうバテバテ。そのせいで、いつもは漕ぎ足りないくらいのツーリング終了時ですが、今日はまだ3時ですが満腹感で一杯。
 
 疲れましたが、でも楽しかったですよ。また行きましょう。
スポンサーサイト

【2008/09/23 22:11】 | 海カヤックの旅
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。