上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回はイタリア旅行でしたが、実はもう1国行ってます、それは・・・・・バチカン市国です。ローマ市内の中にある、世界1小さな小さな独立国。統治者はローマ教皇です。
 バチカンへは、地下鉄を使いました。ホテル近くのテルミニ駅からオータビアーノ駅まで。チケットは券売機でなく、路上の売店で購入。というのが変な感じです。
080613a.jpg


サン・ピエトロ大聖堂。
080613b.jpg

ミケランジェロ作のピエタ像。見たかったもののひとつ。


080613d.jpg


大聖堂の内部・・・というか、宗教施設らしい言い方でいえば「身廊」だそうです。

このあと、大聖堂のとなりにあるバチカン美術館に行き、大変な数の芸術品を目にしました。大英博物館よりも展示物が多かったような気もします。ふたりとも歩き疲れてきました。
最後に、ミケランジェロの「最後の審判」を見たのですが、描かれている対称があまりに宗教的過ぎてよくわかりません・・・・。僕ら2人、「最後の審判」よりも、注目してみてしまったのが、建物内部のカーテンでした。どうみても本物に見えるけど、実は巧妙に立体的に描かれていたので、双眼鏡も駆使してみて大いに感心してました。本来の目的と違いますけどね。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
080613b.jpg

ミケランジェロ作のピエタ像。見たかったもののひとつ。


080613d.jpg


大聖堂の内部・・・というか、宗教施設らしい言い方でいえば「身廊」だそうです。

このあと、大聖堂のとなりにあるバチカン美術館に行き、大変な数の芸術品を目にしました。大英博物館よりも展示物が多かったような気もします。ふたりとも歩き疲れてきました。
最後に、ミケランジェロの「最後の審判」を見たのですが、描かれている対称があまりに宗教的過ぎてよくわかりません・・・・。僕ら2人、「最後の審判」よりも、注目してみてしまったのが、建物内部のカーテンでした。どうみても本物に見えるけど、実は巧妙に立体的に描かれていたので、双眼鏡も駆使してみて大いに感心してました。本来の目的と違いますけどね。
スポンサーサイト

【2008/06/28 13:51】 | 小さな旅
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。