上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 雲南市木次町の斐伊川の清れに沿って約2kmにわたって並ぶ桜の名所。桜のトンネルを始めて通ってみたが爽快爽快。好天で風なく、時期も満開と重なり、まさに花見日和でした。

 写真はその対岸にわたる沈下橋のたもとから、撮ったもの。対岸の端から端まで左右の視界いっぱに、いやそれ以上に長々と続く桜並木はホントに美しい。行った人には必ず薦められるだけあって、来て良かったと思えた。

080406.jpg


 ところでカヤック乗りとしては、この沈下橋は水面からくぐる事が多いのです。穏やかな川面を見てると、ここでカヤック乗ったらどうかなあーと気になってしょうがない(笑)。花見をしてる目の前で乗るほど勇気はございませんけど。
スポンサーサイト

【2008/04/07 22:38】 | 小さな旅
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。