上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 金曜日。ふらっとCDショップに久々に。おっ!デュラン・デュランの新譜が!知らんかった・・・・・。新譜コーナーにはレイ・デイビスの新譜もあるぞっ!両方を手にとってちょっと悩むが、レイ・デイビスはソロであってキンクスではないのでハートが燃えてこない。この前のもちょっと地味だったしな。デュランデュランを購入。
071218.jpg


 聴いてみれば、やっぱりデュランサウンドだ。ポップでエレクトロニックで、軽薄だ。でもこれがいい、デュランに限ってはこれでいい。サイモン・ル・ボンの声は僕が認めるボーカリストのひとりだ。これがサイモンでなければとても聴けないかもしれない。あ、ジョン・テイラーのベースでも好きなんだ。サウンドに埋もれてしまってあまり聴こえて来ないのは残念だ。前作から復帰したロジャー・テイラーもたたいてるはずだが、よくわからない。ジャケットアートはニック・ローズのアイデアらしい。はっきり言って悪趣味だ(笑)。前々作もひどかったが、あれもどうやらニックだろう。でもまあトータルデュランデュランだ。曲はいい。メロディがある。重みも厚みも凄みもないが。でもデュランデュランだ。僕は安心して聴ける。それでいいのである。
スポンサーサイト

【2007/12/19 01:14】 | ロック!
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。