上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 安土桃山時代の絵師、狩野永徳展が京都国立博物館にて行われいるので行って来た。永徳が残した作品が一同に揃うのは初めてで、しかも当日は最終日、10時半に着いたとき、既に70分待ちの行列がー。

071118c.jpg


 あまりに人が多くて、じっくり見て廻ることはできませんでしたが、待望の本物を見れたという感慨は残りました。
 最も印象的なのは、「唐獅子図屏風」で描かれた、巨大な、まさに大迫力の獅子でしょうか。あんなに大きいとは・・・・渦をまくタテガミに、400年を経過しても尚放つエネルギーを感じました。
 また、じっくりと見てみたいのは「梅花禽鳥図」。墨の濃淡や筆致の書き分けに、その勢いに、ただただ、凄い、の一言。
 
 071118b.jpg

 見終わった後、足を伸ばして、東福寺の紅葉見学。こちらも人手が多かった。と言っても閉門間際でしたので、あわただしく見ましたが、いやあ、紅葉とはこういうものをいうのでしょうねぇ。綺麗です。写真で改めて見ると本当に綺麗です。最高の写真を見せられないのは、残念ですけど。
071118a.jpg

スポンサーサイト


追記を閉じる▲
 見終わった後、足を伸ばして、東福寺の紅葉見学。こちらも人手が多かった。と言っても閉門間際でしたので、あわただしく見ましたが、いやあ、紅葉とはこういうものをいうのでしょうねぇ。綺麗です。写真で改めて見ると本当に綺麗です。最高の写真を見せられないのは、残念ですけど。
071118a.jpg

スポンサーサイト

【2007/11/20 22:39】 | 小さな旅
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。