上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 島根県立古代出雲歴史博物館で今日まで開催されている「石見銀山展」を見に行く。車で行けば1時間もかからないところだが、博物館は出雲大社の隣にあり、そこへは松江市から一畑電車というローカル線も乗り入れている。松江市に住み始めて9年、実は一度も乗ったことがない一畑電車。いい機会だから乗ってみることにした。約1時間の電車の旅だ。
070924b.jpg


 
 一畑電車は宍道湖の北岸を通って、松江市と出雲市を結ぶ1?2両編成の電車で、1時間に1本ぐらいの間隔で走っている。都会地からすると全く考えられないぐらいのド田舎電車だ。駅の半分は無人駅。主に近隣住民と観光客の足として使われている。僕の居住地は沿線から離れているし、移動はすべて車なのでこれまで利用の縁がなかった。
 
 ただカヤックをやるようになって、ちょっと使ってみたい気も実はしていた。何度か出艇場所にした宍道湖湖遊館は宍道湖の西端にあり一畑電車の沿線でもある。宍道湖東端の松江市は始発駅松江しんじ湖温泉駅があり、そこまで車で行って、温泉駅からカヤックかついで電車に乗って、湖遊館近くの駅で降りて、湖遊館から松江市へ向けて漕ぎ出し、上陸地は温泉駅近く・・・・っという構想も実は描いている。距離は30キロぐらいか。今日の乗車はその下調べも兼ねていたりする。駅へのアクセス、駐車場、カヤックカートは電車に置くならどこか、ホームからの移動はどうか、などなど。

 070924a.jpg


 車内からの宍道湖の眺望。雨の日の日没前後の時間なので写真では宍道湖はよく見えませんが、「一畑電車でカヤック」も十分可能という思いを強くしました!
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
 一畑電車は宍道湖の北岸を通って、松江市と出雲市を結ぶ1?2両編成の電車で、1時間に1本ぐらいの間隔で走っている。都会地からすると全く考えられないぐらいのド田舎電車だ。駅の半分は無人駅。主に近隣住民と観光客の足として使われている。僕の居住地は沿線から離れているし、移動はすべて車なのでこれまで利用の縁がなかった。
 
 ただカヤックをやるようになって、ちょっと使ってみたい気も実はしていた。何度か出艇場所にした宍道湖湖遊館は宍道湖の西端にあり一畑電車の沿線でもある。宍道湖東端の松江市は始発駅松江しんじ湖温泉駅があり、そこまで車で行って、温泉駅からカヤックかついで電車に乗って、湖遊館近くの駅で降りて、湖遊館から松江市へ向けて漕ぎ出し、上陸地は温泉駅近く・・・・っという構想も実は描いている。距離は30キロぐらいか。今日の乗車はその下調べも兼ねていたりする。駅へのアクセス、駐車場、カヤックカートは電車に置くならどこか、ホームからの移動はどうか、などなど。

 070924a.jpg


 車内からの宍道湖の眺望。雨の日の日没前後の時間なので写真では宍道湖はよく見えませんが、「一畑電車でカヤック」も十分可能という思いを強くしました!
スポンサーサイト

【2007/09/24 20:02】 | 小さな旅
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。