上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 写真は隠岐の島の北西部にある「蝋燭島」。漕ぎ出してみたくて車にカヤックを積み込んで向かいました。

 蝋燭島というのは、海上に突き出るようにそびえる高さ20mの岩礁です。この頂部の細くなったところに背景として夕日が重なりあうと、まるでローソクに灯がともったように見えるところから付けられた名前です。

 写真は近辺の崖の上にある展望台から見下ろしたところ。この角度からはローソクに灯は点ったようには見えません。海上からでしか見えないのです。

070825a.jpg


 こんな感じになるらしい・・・・・。
070826f.jpg

画像は、カヤックサイト「Folding Kayak で行こう!」から拝借させていたたきました(許可済み)。このシーンを再現したいな。でも日没前後に漕がないと無理だね。

 地図の矢印部が蝋燭島。

 勇んで出艇予定地の久見漁港(蝋燭島の北の漁港)へ行ってみると、風が強く、軽く白波が立っていた・・・・。ここから蝋燭島までは海岸を伝って2キロぐらいで遠くはない。しかし、この風、波の状態は、共同で漕いだことは何回かあるが、ソロツーリングでは未だ漕いだことがない。行っていけないことはないが、、、波よりも風が気になる。

 初めての地でもあるし、小さな岩礁も多そうだ。万が一がある。セルフレスキューしたことないしなあ。

 で、波と風がおさまりそうも無い海を睨むこと10分、出艇は見送ることにした。
070826.jpg


 昨日、下見をしたときにはベタ凪だったのに。夕方近かったので漕がなかったけど、波、風はほとんどなく、ベストだったなあ・・・・・嗚呼。

 というわけで、目標を蝋燭島から変更して、これまた観光名所の「福浦トンネル」近辺で漕ぐことにした。

                             つづく。

スポンサーサイト


追記を閉じる▲

 地図の矢印部が蝋燭島。

 勇んで出艇予定地の久見漁港(蝋燭島の北の漁港)へ行ってみると、風が強く、軽く白波が立っていた・・・・。ここから蝋燭島までは海岸を伝って2キロぐらいで遠くはない。しかし、この風、波の状態は、共同で漕いだことは何回かあるが、ソロツーリングでは未だ漕いだことがない。行っていけないことはないが、、、波よりも風が気になる。

 初めての地でもあるし、小さな岩礁も多そうだ。万が一がある。セルフレスキューしたことないしなあ。

 で、波と風がおさまりそうも無い海を睨むこと10分、出艇は見送ることにした。
070826.jpg


 昨日、下見をしたときにはベタ凪だったのに。夕方近かったので漕がなかったけど、波、風はほとんどなく、ベストだったなあ・・・・・嗚呼。

 というわけで、目標を蝋燭島から変更して、これまた観光名所の「福浦トンネル」近辺で漕ぐことにした。

                             つづく。

スポンサーサイト

【2007/08/26 22:13】 | 海カヤックの旅
トラックバック(0) |

正解でしょう
fusai
波と風。慎重にいくべき!
良き判断かと。

はい。
Hazex 
きっとfusaiさんはそうコメント下さると思ってました。ありがとうございます(^^)。これからも慎重に慎重にー。

残念でしたね
てっさん
天候には勝てません。当方も2時間かけて電車でいったものの風が強くてそのまま帰ってきたなんてこともありました。車で行ったなら直ぐに場所を変えられるのですが、電車の場合(特にローカル路線)は難しいです。

 しかし隠岐いいですね。何時行こうかな?

またいつか。
Hazex 
>そのまま帰ってきたなんてことも

 がっかりですよね、そういうのがあると。幸い、僕はまだ経験ありませんが・・・・・。四万十に行ったときは上流から漕ごうとしましたがファルトには酷な環境だったので、下流からに変更したことはありました。これは天候とは関係ないですね(^^;)。

 隠岐の島のレポートが読めるサイトが「フォールディングカヤックで行こう」のWebマスターさんに教えてもらいました。予想以上の奇岩怪岩ですねぇ・・・・。
隠岐に行かれるときは是非!お声を!!
(隠岐の島町の陸上部なら地理感あります)
http://www.courant-marin.jp/cm_album.html
 

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
正解でしょう
波と風。慎重にいくべき!
良き判断かと。
2007/08/27(Mon) 20:22 | URL  | fusai #c1ds2r8g[ 編集]
はい。
きっとfusaiさんはそうコメント下さると思ってました。ありがとうございます(^^)。これからも慎重に慎重にー。
2007/08/27(Mon) 21:13 | URL  | Hazex  #-[ 編集]
残念でしたね
天候には勝てません。当方も2時間かけて電車でいったものの風が強くてそのまま帰ってきたなんてこともありました。車で行ったなら直ぐに場所を変えられるのですが、電車の場合(特にローカル路線)は難しいです。

 しかし隠岐いいですね。何時行こうかな?
2007/08/29(Wed) 00:00 | URL  | てっさん #-[ 編集]
またいつか。
>そのまま帰ってきたなんてことも

 がっかりですよね、そういうのがあると。幸い、僕はまだ経験ありませんが・・・・・。四万十に行ったときは上流から漕ごうとしましたがファルトには酷な環境だったので、下流からに変更したことはありました。これは天候とは関係ないですね(^^;)。

 隠岐の島のレポートが読めるサイトが「フォールディングカヤックで行こう」のWebマスターさんに教えてもらいました。予想以上の奇岩怪岩ですねぇ・・・・。
隠岐に行かれるときは是非!お声を!!
(隠岐の島町の陸上部なら地理感あります)
http://www.courant-marin.jp/cm_album.html
 
2007/08/30(Thu) 19:31 | URL  | Hazex  #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。