上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 近江の国への旅、2日目は安土城です。織田信長が建てた日本最初の高層城郭建築として、そして本能寺の変直後に天守等主要構造物が燃え落ちてしまった悲劇でも有名な城郭遺跡です。よって今は天守は存在しません。あるのは幾多の石垣と400年を越えるの歳月の重みです。 
070813a.jpg


 19年前の1989年、考古学サークルの仲間たちと訪れた時には観光客らしき人もなく、ただただ朽ち落ちた城跡というイメージしか受けませんでしたが、その後、発掘と研究も進んでいるのでしょう、最近になって復元された山麗中腹にかけて伸び上がる100m超の大手道が訪れるものをまず出迎えてくれます。登城する人も多く、杖を借りて上る老若男女は意外なほど多く、ここも立派な観光地となっていました。逆にこの
規模を見て登るのをやめる人もいましたけど・・・・・。

 城内にこのような直線的な道があるのは安土城だけ。攻め登る敵が用意に登ってこれそうなこのような道の発想は、攻めてこられることなど考えてなかった信長ならではなのでしょうね。それよりも、いかに魅せるか、いかに城の存在そのもので周囲を圧倒するか・・・・それこそが洒落物信長の真骨頂、この城の役目だったと思わせます。
070813k.jpg


 そしてこれも見せしめなのか・・・・・、石段に用いられた石仏。これが確認しただけでも6?7個はあった。しかもいかにも目につくように設置してある。登城するものに何らかの意思を強いる「踏み絵」なのでしょうか?
070813c.jpg

 
 天守からの眺め。以前ここに来たとき、意外と天守石垣が小さいなと感じましたが、実は周囲がかなり崩れていたようです。これはその一部ですね。
 遥か向こうに琵琶湖が見えますー。周囲が農地干拓されるまでは琵琶湖の内湖に囲まれて安土城。400年前の風景が望めないのがちょっと残念。
070813g.jpg


 城内には信長の時代から建つ見寺があります。これはその三重塔の鬼瓦。城内では仁王門とならぶ数少ない建造物の一つなので、しばし見入ります。
070813f.jpg


 かつ、眺めも良い。琵琶湖唯一の内湖の西の湖が眺められます。ここを漕いじゃおうかなあ?。
070813h.jpg


 さて、天守、の20分の1の模型です。安土城城郭資料館にあります。真っ二つに割れて内部が見えるギミック付き。
070813b.jpg


 安土城装飾の豪華さを体感するには「信長の館」へ。天守の5階6階部分を実物大再現モデルが出迎えてくれます。たしかに天守としては破格の豪華さ、前代未聞のきらびやかなのですが、所詮は想像上の再現モデルなので、感動とまではいきませんねぇ?。 
070813j.jpg


 安土城はまだ発掘が始まったばかり、まだまだ埋もれたままの城跡も多いようで、もしまた20年後に再訪するとすればまた違った姿を見せてくれるかもしれません。楽しみです。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
 19年前の1989年、考古学サークルの仲間たちと訪れた時には観光客らしき人もなく、ただただ朽ち落ちた城跡というイメージしか受けませんでしたが、その後、発掘と研究も進んでいるのでしょう、最近になって復元された山麗中腹にかけて伸び上がる100m超の大手道が訪れるものをまず出迎えてくれます。登城する人も多く、杖を借りて上る老若男女は意外なほど多く、ここも立派な観光地となっていました。逆にこの
規模を見て登るのをやめる人もいましたけど・・・・・。

 城内にこのような直線的な道があるのは安土城だけ。攻め登る敵が用意に登ってこれそうなこのような道の発想は、攻めてこられることなど考えてなかった信長ならではなのでしょうね。それよりも、いかに魅せるか、いかに城の存在そのもので周囲を圧倒するか・・・・それこそが洒落物信長の真骨頂、この城の役目だったと思わせます。
070813k.jpg


 そしてこれも見せしめなのか・・・・・、石段に用いられた石仏。これが確認しただけでも6?7個はあった。しかもいかにも目につくように設置してある。登城するものに何らかの意思を強いる「踏み絵」なのでしょうか?
070813c.jpg

 
 天守からの眺め。以前ここに来たとき、意外と天守石垣が小さいなと感じましたが、実は周囲がかなり崩れていたようです。これはその一部ですね。
 遥か向こうに琵琶湖が見えますー。周囲が農地干拓されるまでは琵琶湖の内湖に囲まれて安土城。400年前の風景が望めないのがちょっと残念。
070813g.jpg


 城内には信長の時代から建つ見寺があります。これはその三重塔の鬼瓦。城内では仁王門とならぶ数少ない建造物の一つなので、しばし見入ります。
070813f.jpg


 かつ、眺めも良い。琵琶湖唯一の内湖の西の湖が眺められます。ここを漕いじゃおうかなあ?。
070813h.jpg


 さて、天守、の20分の1の模型です。安土城城郭資料館にあります。真っ二つに割れて内部が見えるギミック付き。
070813b.jpg


 安土城装飾の豪華さを体感するには「信長の館」へ。天守の5階6階部分を実物大再現モデルが出迎えてくれます。たしかに天守としては破格の豪華さ、前代未聞のきらびやかなのですが、所詮は想像上の再現モデルなので、感動とまではいきませんねぇ?。 
070813j.jpg


 安土城はまだ発掘が始まったばかり、まだまだ埋もれたままの城跡も多いようで、もしまた20年後に再訪するとすればまた違った姿を見せてくれるかもしれません。楽しみです。
スポンサーサイト

【2007/08/13 17:56】 | 小さな旅
トラックバック(0) |

安土城
てっさん
JR安土駅から歩いて西ノ湖という琵琶湖とつながっている湖に漕ぎに行った事が何度かあります。ちなみにそこが記念すべきカヤック初体験でした。
未だに安土城には行ってません。魔王と呼ばれた信長らしい城ですね。信長が本能寺で倒れていなければ、日本は凄く発展していたような気もします。外国の技術を積極的に取り入れて。

西ノ湖
Hazex 
 へぇ~、西ノ湖が初カヤックの地とは! 近くにはカヌーランドってもあるみたいですね。
 西ノ湖は車を降りて近くで見たりはしました。安土山を眺めながら漕ぐのも一興ですね。信長、秀吉も城下で舟遊びをしたらしいです。
 あそこから長命寺川を下れば琵琶湖ですよね。出廷場所は水郷めぐり船の発着所でしょうか?
 信長政権が続けば首都は大坂となっていたでしょうね。鎖国などしなかったでしょうし。日本人の世界進出が200年は早まったかもしれません・・・・・?。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
安土城
JR安土駅から歩いて西ノ湖という琵琶湖とつながっている湖に漕ぎに行った事が何度かあります。ちなみにそこが記念すべきカヤック初体験でした。
未だに安土城には行ってません。魔王と呼ばれた信長らしい城ですね。信長が本能寺で倒れていなければ、日本は凄く発展していたような気もします。外国の技術を積極的に取り入れて。
2007/08/19(Sun) 22:24 | URL  | てっさん #-[ 編集]
西ノ湖
 へぇ~、西ノ湖が初カヤックの地とは! 近くにはカヌーランドってもあるみたいですね。
 西ノ湖は車を降りて近くで見たりはしました。安土山を眺めながら漕ぐのも一興ですね。信長、秀吉も城下で舟遊びをしたらしいです。
 あそこから長命寺川を下れば琵琶湖ですよね。出廷場所は水郷めぐり船の発着所でしょうか?
 信長政権が続けば首都は大坂となっていたでしょうね。鎖国などしなかったでしょうし。日本人の世界進出が200年は早まったかもしれません・・・・・?。
2007/08/20(Mon) 08:27 | URL  | Hazex  #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。