上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 お昼に入ってきたニュースのうち、まず松岡農相の自殺、さらにZARDの転落死の報、一度に2人の死の報道がネット、TVをかけめぐった慌しい1日。どちらの方にも心からご冥福をお祈りしたい。

 ただ、個人的にはやっぱりZARDの死の方が心象的に響いたかな。1993年にCDショップで数ヶ月間アルバイトしてた頃、ZARDの新譜が発売されて、店頭入り口には山のようにCDが詰まれて、水色の布やらで賑やかにデコレーションされてました。店内では「揺れる想い」など収録曲がヘヴィーローテーションでかかっていた。それを一日中聴いているような日々もあったっけ。

za04.jpg


 ファンであったことは一度もない。でも調べてみると、石田ひかり主演のドラマ主題歌「君がいない」を歌っていたことは当時からわかっていた。ファンじゃなかったけど、クチづさんかこともあったり。ZARDで思い出すのはこの2曲ぐらいだけど、享年40歳だったということで、同世代の突然の死に今さらながら、感じるものがあったりして・・・・・。

 そう言えば、尾崎豊の時も、岡田有紀子の時も、その死に直面した時に似たような心象を抱いたな。亡くなってから、僕の人生の一部に、それまで全然気付いてなかったけど、彼らがいた証が初めて浮き彫りになってくるんですね。
 合掌
スポンサーサイト

【2007/05/28 21:46】 | ロック!
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。