上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 なんの脈絡もなく、パド・パウエルのアルバムを買ったわけではなく、最近仕事中になんとなくジャズを聴く気分があって、特に誰ということもないけれど、「ヤフー・ミュージック」で選択してなんとなく聴いてます。それとジェフ・ベックの熱いインストゥルメンタルなプレイを聴いていると、少人数で紡ぎだすプレイには、本来の数的劣勢を密度の濃いプレイでカバーし合うという、少人数バンドならではの魅力というものがある気がしています。そういえば今年になってずっとマイ・ブームなポリスもそうだっけ。
ザ・シーン・チェンジズ ザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル (2004/06/09)
東芝EMI

この商品の詳細を見る

 
 そうは言ってもなぜ、パド・パウエルなのか。それはやっぱり昔々村上龍がやっていた対談番組の「Ryu's BAR」で「クレオパトラの夢」がオープニングに使われていたことが絶対的に大きいわけで、それ以来ずいぶんも年月がたってしまったけれど、耳にはずっと残っていて、今、ようやくパドのアルバム購入に至ったわけ。

 素晴らしい、素晴らしい、、、、今日は部屋でゴロンと読書と決めながら、BGMにして聴いています。
スポンサーサイト

【2007/05/27 18:10】 | ロック!
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。