上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 3月に出雲市に開館した「古代出雲歴史博物館」を見に行く。GWだけあって、人がとても多い。
 エントランスすぐに設置してある目玉展示のひとつ、中世期の出雲大社を支えていたと思われる柱(宇豆柱)の根元部分。この出土により、いにしえの出雲大社が高層建築だった立証になるようだ。
070430.jpg


 それにしても展示方法は他に考えられないのか?ガラスケースのなかにまとめられて、手にして触ることこともできず残念だ。さらにスケール感にもとぼしい。上部の失われた部分をイメージできるようにすべきだと思う。将来的にはホログラフィーなどで実際に数十mの高さを見せると面白い。
スポンサーサイト

【2007/04/30 23:17】 | 小さな旅
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。