上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 少し開いた水門から中へ入っていく。ここは松江城の外堀にあたるところ。外堀航行の何の許可も得てないし、川端を歩く人の視線はあるし、おそるおそる、前へ進む。どこまで行って引き返そうか・・・・?

 右手に松江赤十字病院。ここを右にまがると米子川と呼ばれる南北の外堀へつながっていきます。


0421e.jpg


 
 先を進むのは、堀川巡りという観光船。このお堀は船のルートになっています。邪魔しないように、後を付いて行きます。向こうは動力船ですが、シーカヤックでまともに漕ぐと簡単に追いつくぐらいのスピード。
0421l.jpg


 この堀に架かる橋は観光船向けに、普通の橋もこのように、それらしく、古風に化粧されています。
 【米子橋】
0421g.jpg


  お堀北側まで来てしまった。もう引き返せない・・・・。右手に武家屋敷&小泉八雲旧居。まだお堀のお邪魔虫だと思ってる私は、ゆったり観光気分で漕ぐ気にはなれましぇん。
0421j.jpg


 城の西側、内堀に入りました。左手はほとんどジャングルです。正面奥に見えるのは県立図書館。
0421b.jpg


 道路の下をくぐるトンネルのような水路。幅はちょうどパドルの長さだけ。途中でパドルが両側の壁につっかえて、リンボウダンス状態に陥り困りました。
0421i.jpg


 もうすぐ1周です。これは元日銀松江支店の「カラコロ工房」。これをちょっと過ぎたあたりに観光船の発着地があり、そこのいた数人の船頭さんに「かっこいいよっ!」なんて声を掛けられ、はにかんで手を振ったりー。
 このあたりでようやく気が楽になった。この後、後ろから追い越して行った観光船の船頭さんとも挨拶を交わす。堀川っていいよねぇ?。

0421h.jpg

 
 で、ようやく帰途に着きました。水門も開いてるし(普段は閉めないとは思ってます)、大橋川の上流に向かう。川を漕ぎあがるのは、初めてだよなあ?。
 流れのせいか、風が穏やかになったのか、はたまた艇に体がフィットしたのか、帰路は湖上に出ても不安定感はなし。スイスイッとスタートした美術館前に辿りつく。
 ここは夕日の名所ですが、日はまだ高く(5時30分)、もう一度嫁が島に向かうのもわけないと、まだ余裕を残しつつ今日の行程を終了。
0421k.jpg


 かなりの距離と風景を通り過ぎましたが、たったの2時間であったことに今さらながら驚いてしまいます。
0421f.jpg

スポンサーサイト


追記を閉じる▲
 先を進むのは、堀川巡りという観光船。このお堀は船のルートになっています。邪魔しないように、後を付いて行きます。向こうは動力船ですが、シーカヤックでまともに漕ぐと簡単に追いつくぐらいのスピード。
0421l.jpg


 この堀に架かる橋は観光船向けに、普通の橋もこのように、それらしく、古風に化粧されています。
 【米子橋】
0421g.jpg


  お堀北側まで来てしまった。もう引き返せない・・・・。右手に武家屋敷&小泉八雲旧居。まだお堀のお邪魔虫だと思ってる私は、ゆったり観光気分で漕ぐ気にはなれましぇん。
0421j.jpg


 城の西側、内堀に入りました。左手はほとんどジャングルです。正面奥に見えるのは県立図書館。
0421b.jpg


 道路の下をくぐるトンネルのような水路。幅はちょうどパドルの長さだけ。途中でパドルが両側の壁につっかえて、リンボウダンス状態に陥り困りました。
0421i.jpg


 もうすぐ1周です。これは元日銀松江支店の「カラコロ工房」。これをちょっと過ぎたあたりに観光船の発着地があり、そこのいた数人の船頭さんに「かっこいいよっ!」なんて声を掛けられ、はにかんで手を振ったりー。
 このあたりでようやく気が楽になった。この後、後ろから追い越して行った観光船の船頭さんとも挨拶を交わす。堀川っていいよねぇ?。

0421h.jpg

 
 で、ようやく帰途に着きました。水門も開いてるし(普段は閉めないとは思ってます)、大橋川の上流に向かう。川を漕ぎあがるのは、初めてだよなあ?。
 流れのせいか、風が穏やかになったのか、はたまた艇に体がフィットしたのか、帰路は湖上に出ても不安定感はなし。スイスイッとスタートした美術館前に辿りつく。
 ここは夕日の名所ですが、日はまだ高く(5時30分)、もう一度嫁が島に向かうのもわけないと、まだ余裕を残しつつ今日の行程を終了。
0421k.jpg


 かなりの距離と風景を通り過ぎましたが、たったの2時間であったことに今さらながら驚いてしまいます。
0421f.jpg

スポンサーサイト

【2007/04/22 17:33】 | 名称未設定_10
トラックバック(0) |

充実の堀川漕ぎ
fusai
ちょいとくぐる橋の下が、妙に嬉しく思えませんか~
良い時間を過ごされてますね。うらやましいなあ。
こういう冒険大好きです。


Hazex
 松江に来られるときがあれば、案内しますよ(^^)。

はじめまして
てっさん
Hazexさんはじめてコメントさせていただきます。
当方のブログにお越しいただき、有難うございます。
以前から拝見させていただいておりますが、しかし堀を漕ぐ事が出来るのですね!楽しそう。
当方Hazexさん所有のエルズミア480とカサラノを検討しております。カサラノが優勢なのですが、エルズミア480、なかなかかっこいいですね。限定版のブラックボトムですね。


Hazex 
てっさん、いらっしゃいませ。こちらこそ、そちらのブログはチョクチョク拝見させてもらってます。
 城の堀を漕ぐことができるのは、日本でも珍しいんじゃないかな?とちょっぴり優越感もあったりしてー。
 でもこういう場所ではエルズミアの性能を引き出すことは全くないんでしょうけどね。
 購入時にはフェザークラフト艇も候補に挙げましたが、コストパフォーマンスの1点においてエルズミアにしました。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
充実の堀川漕ぎ
ちょいとくぐる橋の下が、妙に嬉しく思えませんか~
良い時間を過ごされてますね。うらやましいなあ。
こういう冒険大好きです。
2007/04/22(Sun) 18:36 | URL  | fusai #c1ds2r8g[ 編集]
 松江に来られるときがあれば、案内しますよ(^^)。
2007/04/23(Mon) 13:06 | URL  | Hazex #-[ 編集]
はじめまして
Hazexさんはじめてコメントさせていただきます。
当方のブログにお越しいただき、有難うございます。
以前から拝見させていただいておりますが、しかし堀を漕ぐ事が出来るのですね!楽しそう。
当方Hazexさん所有のエルズミア480とカサラノを検討しております。カサラノが優勢なのですが、エルズミア480、なかなかかっこいいですね。限定版のブラックボトムですね。
2007/04/27(Fri) 13:17 | URL  | てっさん #-[ 編集]
てっさん、いらっしゃいませ。こちらこそ、そちらのブログはチョクチョク拝見させてもらってます。
 城の堀を漕ぐことができるのは、日本でも珍しいんじゃないかな?とちょっぴり優越感もあったりしてー。
 でもこういう場所ではエルズミアの性能を引き出すことは全くないんでしょうけどね。
 購入時にはフェザークラフト艇も候補に挙げましたが、コストパフォーマンスの1点においてエルズミアにしました。
2007/04/27(Fri) 21:40 | URL  | Hazex  #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。