上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 5月5、6日に宮島対岸のアウトフィッター「パドルパーク」主催の上関ツーリングに参加。僕にとっては初めての海ツーリング。今年の初詣宮島ショートツーリングはお試しツアーみたいなものだったが、とても気持ち良かったので、ちょっと遠出がしたくなったことから上関を選択した。
 <ツアールート図>
 kaminoseki-rute.jpg


【11時前】 スタート地点は上関町・長島の中ノ浦。晴天で風も穏やか。カップルが手をつないで波打ち際を歩いていたほど穏やかな砂浜のビーチ。メンバーはガイドさん1人を含めて3人。僕の艇は赤のヤツ。キャンプ材料を積み込んで出発。
IMGP1726.jpg


DSC00064.jpg

 湾内から眺める波は割と穏やか、、、かと思いきや外に出ればウネりがすごい!といっても頭から波をかぶるほどではないのですぐに快適な揺れになる。しかしペースがあがらないため当初予定の長島西端の浜をキャンセルし佐合島へ向かう。

IMGP1729.jpg

【13時過ぎ】 昼食はさらに北隣の馬島南端にあるビーチ。ガイドさんに卵ウドンをふるまわれる。馬島だけに、ウマイ・・・・!穏やかなさざなみと心地よい日光を浴びながらしばし安らぐ。遠くには白い風車も見える。うーん、俗世間とは隔絶した別世界だなあ・・・・・。なぜか松田聖子の「さざなみウェディングロード」のメロディが頭に流れる♪
後ろに居られるのは田中さん。


【14時半頃】 ビーチを出て、干潮時には陸になる浅瀬を抜け、島の西岸に出る。するとまたまた大きなウネリが襲いかかる。時々周囲が波に囲まれて視界がなくなったりするも、艇は着実に進む・・・・とは言ってもほとんど他のお2人の後ろ姿を見て漕ぐのがほとんど。うーん、待ってくれぇ?っ。漕げども漕げども追いつかねぇ。
 まもなくまた穏やかなビーチのキャンプ地に到着。馬島西岸の入り江。湾の内と外ではほんとに大違いですなあ。

【15時頃?】 テントを張る。1年ぶりに広げてみた。作り方を忘れていてしばしとまどうがガイドさんのアドバイスでOK。 
 IMGP1735.jpg


綺麗な三日月状のビーチです。
DSC00048.jpg


夕食の支度ができるまで青空と潮風をBGMに、テントの前で読書タイムにふける私。写真を撮られてるとは気付きませんでした。

DSC00057.jpg


夕食はかなりなボリュームのある野菜肉の煮物とご飯。キャンプなら何を食べてもおいしいんです(ちょっと辛かった)。夕暮れから暖を囲んで遅くまで焚き火を囲んで談笑。いつしか焚き火用の蒔きもなくなりお互いの顔も見えにくくなった頃、就寝の時間。
テントに戻って夜更かしでもしようかと思ったが、ランタンの電池が切れそう。おまけに蚊1匹まぎれこんでいて1時間ほど格闘。この季節でもいるんですね。 

 
IMGP1736.jpg

【2日目の9時前】
 7時半からの朝食のあとテントをたたみ船出。ショップからの情報によると(島でもケータイOK)、今日は午後から天気が下りになるそうで、状況を見て目的地を決めるとのこと。曇り空。
 南に進みたいのだが、あいにくの南からの風が吹きすさぶ・・・・・・。波のウネリに笑われるかのように揺り籠のごとくもてあそばれる。風は正面から吹きつけ帽子が飛ばされ、くちの周りに塩味が付く。そして肝心の艇はスピードがまったく出ない(・・・・のは僕だけかもしれないが)。長島の西端を目指そうとしたが諦め、佐合島の東側へ変更。こっちはまだ風もまし。それでも相変わらず僕の艇は遅い。目的地変更させた1因かも?


IMGP1737.jpg

 佐合島東岸の入り江で休息。このときはまだそれでも余裕があった私である。さあ、佐合島を出て長島へ戻ろう!

 と元気よく出たはいいが、島と島の間まで来ると前方からの南風がさらにキツイキツイ。漕いでも漕いでも進まない。右側に見える佐合島の風景が10分前と全く変わってない・・・・・これはヤバイと気付くが、お2人との距離はツアー中最大に広がる。「おーい、待ってくれぇ?」 心の叫びもむなしく強風の前にはどうすることもできない。これが川なら「風が止むまでチョット休憩」とも言えるが、ここでは漕ぎ手を休むとアッというまに押し戻され、せっかく漕いだ分がムダになる。おまけに煽られて艇は前を向かない・・・・・他にルートはない。もうダメ。この最悪の光景を記録したいが写真を撮ってる余裕など全然ない。

 最終手段。ついにガイドさんのレスキューを受ける!! 艇ごとロープで牽引していただくことに。いったいどれぐらいの時間だったのだろう・・・・。漕いで漕いで漕いで漕いで漕いで漕いで・・・・・休むまもなくさらに漕いで(もちろん僕も休まず濃いではいたのですよ、微力ながら)、長島の北端にたどり着く。ガイドさんに一言御礼を言うので精一杯でありました。ヘトヘトであります。すいません。ありがとうございました。

【14時頃?】 スタートした中の浦に到着。そして昼食のミートスパとニラのスープをいただく。雨も次第にパラパラと降り始める。風は相変わらず強く、ツアーはこれにて終了です。
 飯田さん、ありがとうござました。お世話になりました。田中さん、僕のペースが遅くてごめんなさい(^^;)。

 それでも総じて良いシーカヤッキングツアーでした。海の様々な表情を楽しめましたよ。でも次は風が穏やかなときにしぎたいですね・・・・・ってもう少し腕力をつけなきゃダメですかねぇ?(笑).
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
 湾内から眺める波は割と穏やか、、、かと思いきや外に出ればウネりがすごい!といっても頭から波をかぶるほどではないのですぐに快適な揺れになる。しかしペースがあがらないため当初予定の長島西端の浜をキャンセルし佐合島へ向かう。

IMGP1729.jpg

【13時過ぎ】 昼食はさらに北隣の馬島南端にあるビーチ。ガイドさんに卵ウドンをふるまわれる。馬島だけに、ウマイ・・・・!穏やかなさざなみと心地よい日光を浴びながらしばし安らぐ。遠くには白い風車も見える。うーん、俗世間とは隔絶した別世界だなあ・・・・・。なぜか松田聖子の「さざなみウェディングロード」のメロディが頭に流れる♪
後ろに居られるのは田中さん。


【14時半頃】 ビーチを出て、干潮時には陸になる浅瀬を抜け、島の西岸に出る。するとまたまた大きなウネリが襲いかかる。時々周囲が波に囲まれて視界がなくなったりするも、艇は着実に進む・・・・とは言ってもほとんど他のお2人の後ろ姿を見て漕ぐのがほとんど。うーん、待ってくれぇ?っ。漕げども漕げども追いつかねぇ。
 まもなくまた穏やかなビーチのキャンプ地に到着。馬島西岸の入り江。湾の内と外ではほんとに大違いですなあ。

【15時頃?】 テントを張る。1年ぶりに広げてみた。作り方を忘れていてしばしとまどうがガイドさんのアドバイスでOK。 
 IMGP1735.jpg


綺麗な三日月状のビーチです。
DSC00048.jpg


夕食の支度ができるまで青空と潮風をBGMに、テントの前で読書タイムにふける私。写真を撮られてるとは気付きませんでした。

DSC00057.jpg


夕食はかなりなボリュームのある野菜肉の煮物とご飯。キャンプなら何を食べてもおいしいんです(ちょっと辛かった)。夕暮れから暖を囲んで遅くまで焚き火を囲んで談笑。いつしか焚き火用の蒔きもなくなりお互いの顔も見えにくくなった頃、就寝の時間。
テントに戻って夜更かしでもしようかと思ったが、ランタンの電池が切れそう。おまけに蚊1匹まぎれこんでいて1時間ほど格闘。この季節でもいるんですね。 

 
IMGP1736.jpg

【2日目の9時前】
 7時半からの朝食のあとテントをたたみ船出。ショップからの情報によると(島でもケータイOK)、今日は午後から天気が下りになるそうで、状況を見て目的地を決めるとのこと。曇り空。
 南に進みたいのだが、あいにくの南からの風が吹きすさぶ・・・・・・。波のウネリに笑われるかのように揺り籠のごとくもてあそばれる。風は正面から吹きつけ帽子が飛ばされ、くちの周りに塩味が付く。そして肝心の艇はスピードがまったく出ない(・・・・のは僕だけかもしれないが)。長島の西端を目指そうとしたが諦め、佐合島の東側へ変更。こっちはまだ風もまし。それでも相変わらず僕の艇は遅い。目的地変更させた1因かも?


IMGP1737.jpg

 佐合島東岸の入り江で休息。このときはまだそれでも余裕があった私である。さあ、佐合島を出て長島へ戻ろう!

 と元気よく出たはいいが、島と島の間まで来ると前方からの南風がさらにキツイキツイ。漕いでも漕いでも進まない。右側に見える佐合島の風景が10分前と全く変わってない・・・・・これはヤバイと気付くが、お2人との距離はツアー中最大に広がる。「おーい、待ってくれぇ?」 心の叫びもむなしく強風の前にはどうすることもできない。これが川なら「風が止むまでチョット休憩」とも言えるが、ここでは漕ぎ手を休むとアッというまに押し戻され、せっかく漕いだ分がムダになる。おまけに煽られて艇は前を向かない・・・・・他にルートはない。もうダメ。この最悪の光景を記録したいが写真を撮ってる余裕など全然ない。

 最終手段。ついにガイドさんのレスキューを受ける!! 艇ごとロープで牽引していただくことに。いったいどれぐらいの時間だったのだろう・・・・。漕いで漕いで漕いで漕いで漕いで漕いで・・・・・休むまもなくさらに漕いで(もちろん僕も休まず濃いではいたのですよ、微力ながら)、長島の北端にたどり着く。ガイドさんに一言御礼を言うので精一杯でありました。ヘトヘトであります。すいません。ありがとうございました。

【14時頃?】 スタートした中の浦に到着。そして昼食のミートスパとニラのスープをいただく。雨も次第にパラパラと降り始める。風は相変わらず強く、ツアーはこれにて終了です。
 飯田さん、ありがとうござました。お世話になりました。田中さん、僕のペースが遅くてごめんなさい(^^;)。

 それでも総じて良いシーカヤッキングツアーでした。海の様々な表情を楽しめましたよ。でも次は風が穏やかなときにしぎたいですね・・・・・ってもう少し腕力をつけなきゃダメですかねぇ?(笑).
スポンサーサイト

【2006/05/07 13:49】 | 名称未設定_8
トラックバック(0) |

馬島でウマイうどん…食べたい!!
はしゆか
ツーリングおつかれさまでした!!
大変さを感じない面白い日記で、読んでて楽しかったです♪
来月末は人気の奄美ツアーの報告が読めるのかな~?
そして来年は四国一周or九州一周体験記とか?

楽しみにしてまーす☆






Hazex
はしゆかさん、コメントありがとう。
でもほんと最後は大変だったんですよ、マジでー。
奄美?九州一周?いやいやそんな、勘弁して下さい(笑)。寝泊りツーリングはなかなか・・・・。でも週末、今度は日本海に行こうかどうしようか、迷ってます・・・・・。



お勧めのキャンプツアー
はしゆか
こんにちは
日本海も楽しそう!
また報告を楽しみにしてます!!

居酒屋【海人】の店長さんが企画したツアーが近々あるそうです。
飲んで♪
食べて♪♪
歌って♪♪♪
踊って!?
楽しいキャンプツアーみたいです☆





Hazex
居酒屋、海人、で検索したら沖縄にある店が出たけど、、? 沖縄とか南の島でいつか漕いでみたいなあー。


タナカ
大変遅ればせながら・・・。
ツアーにご一緒させていただいたタナカです。
PCから遠ざかっており、今日久々にメールチェックをした次第です・・・。
素敵なブログですね。ツアーの隅々まで詳細に思い出すことが出来ます。また海に行きたくなってきたなぁ。
いつかまた海でご一緒しましょ。ありがとうございました。


Hazex
タナカさん、ブログ見てもらいましてありがとう。

上関ツアーは、とても貴重な体験になると思って、
記憶がホットなうちに書き留めました。これから先海ツアーやるときにも思い出すことが多々あるでしょうね。

おかげさまで楽しい時間が過ごせました。是非、瀬戸内で一緒に漕ぎたいですね。また、パドルパークでお会いしましょう。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
馬島でウマイうどん…食べたい!!
ツーリングおつかれさまでした!!
大変さを感じない面白い日記で、読んでて楽しかったです♪
来月末は人気の奄美ツアーの報告が読めるのかな~?
そして来年は四国一周or九州一周体験記とか?

楽しみにしてまーす☆



2006/05/07(Sun) 22:44 | URL  | はしゆか #-[ 編集]
はしゆかさん、コメントありがとう。
でもほんと最後は大変だったんですよ、マジでー。
奄美?九州一周?いやいやそんな、勘弁して下さい(笑)。寝泊りツーリングはなかなか・・・・。でも週末、今度は日本海に行こうかどうしようか、迷ってます・・・・・。

2006/05/08(Mon) 21:10 | URL  | Hazex #-[ 編集]
お勧めのキャンプツアー
こんにちは
日本海も楽しそう!
また報告を楽しみにしてます!!

居酒屋【海人】の店長さんが企画したツアーが近々あるそうです。
飲んで♪
食べて♪♪
歌って♪♪♪
踊って!?
楽しいキャンプツアーみたいです☆


2006/05/09(Tue) 16:45 | URL  | はしゆか #-[ 編集]
居酒屋、海人、で検索したら沖縄にある店が出たけど、、? 沖縄とか南の島でいつか漕いでみたいなあー。
2006/05/10(Wed) 01:06 | URL  | Hazex #-[ 編集]
大変遅ればせながら・・・。
ツアーにご一緒させていただいたタナカです。
PCから遠ざかっており、今日久々にメールチェックをした次第です・・・。
素敵なブログですね。ツアーの隅々まで詳細に思い出すことが出来ます。また海に行きたくなってきたなぁ。
いつかまた海でご一緒しましょ。ありがとうございました。
2006/05/19(Fri) 23:47 | URL  | タナカ #-[ 編集]
タナカさん、ブログ見てもらいましてありがとう。

上関ツアーは、とても貴重な体験になると思って、
記憶がホットなうちに書き留めました。これから先海ツアーやるときにも思い出すことが多々あるでしょうね。

おかげさまで楽しい時間が過ごせました。是非、瀬戸内で一緒に漕ぎたいですね。また、パドルパークでお会いしましょう。
2006/05/20(Sat) 09:32 | URL  | Hazex #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。