上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 土曜日のNHK?TVの科学番組「ワンダー×ワンダー」で、オーストラリアで見られる不思議な雲「モーニング・グローリー」の現象についてやっていた。モーニング?は、気圧や風などの条件が整った朝にまれに表れる巨大なロール上の雲で、数10キロにわたって伸びた様は実に不思議であった。

 そんな光景がまだ脳裏に新鮮な月曜日、島根県斐川町の空にまるでモーニング・グローリー!?のような雲が見えた。長さは10キロあるだろうか。宍道湖の上空、松江市宍道町から出雲市平田町にかけて見えた。

1130.jpg


僕が見たのは8時50分ごろからだが、松江に着く9時20分ごろには形は崩れてしまった。

 まあ、これは、ロール状ではなく、大きな雲の端がちょうど直線になって見えただけだと思いますから、ニュースにはならんだろうな。

 それでも雲の造形美は時に美しいものを見せてくれるね。

スポンサーサイト

【2009/11/30 19:17】 | 小さな旅
トラックバック(0) |
 建築中の住宅の内部を見学できるという工務店のイベントに参加してきました。
 概観は外壁を除いてほぼ完成していますが、内部は柱が林立するのが見渡せる状態。
 主にデコスドライ工法という、新聞紙を原料とする断熱材の説明を受けました。断熱材には、ウレタン系やグラスウールなど多種ありますが、ここの工務店はデコスドライがお勧め。品質は良さそうですが、原料が新聞古紙というあまりに素人でもイメージしやすい材質なので、いまひとつ感動がないなあー。NASAが開発したとか超ハイテクな物質ならそれなりにすぐ納得できるんですけど・・・・。

 特に撮るものもなかったですが、引き戸の玄関が気に入ったのでパチリ。個人的にはパカッと開くマンション風のドアよりも、サザエさん宅のようなガラガラと引く引き戸が好みですねぇ。

1129.jpg

【2009/11/29 22:04】 | -
トラックバック(0) |
 秋口ぐらいから徐々に絵本の読み聞かせをはじめました。

 まだ乳児にはストーリーとかはわかりませんが、親子のコミュニケーションの手段として、また言葉の習得に有効だと育児書に書いてあったからです。
 なので、読み聞かせる本は、絵が中心で、ストーリーはあっても極々単純なもの。
 最初こそ、本に視線を続けるのは至難で、興味が続かないようでしたが、最近は結構興味深く見るようになりました。絵本をゆらしたり、移動させたり動きもあたえてみると、視線で追うようになりました。動物ものではパパが鳴き声とかマネてみたりしますが、あまり反応は無いです・・・。まあ、このへんは読み手が楽しんでる部分もありますけど。

 絵本界のベストセラーと言われる松谷みよ子さん作の「いないいないばあ」は、ママのお姉さん、ビイビーにはおばちゃんからのプレゼント。ストーリーよりも、ページをめくって絵の変化を楽しむ趣向です。これをずっと読み聞かせてましたがら、最近ではベイビーにいないいないばーをリクエストすると毛布を顔にかぶったりやってくれるようになりました。これは絵本効果でしょうかね?

 
いない いない ばあ~あかちゃんの言語発育応援CD~松谷みよ子/あかちゃんのためのうたの絵本いない いない ばあ~あかちゃんの言語発育応援CD~松谷みよ子/あかちゃんのためのうたの絵本
(2006/01/21)
幼児用やまがたすみこ

商品詳細を見る


 一昨日は、4冊づつの3セット、12冊連続読み聞かせをやりました。1セット終わって、パパが離れようとすると、泣きはじめるので、また絵本を目の前に開いてやると、おとなしく絵本をじっと見つめています。4冊終わって、もう終わろうとするとまたぐずりはじめます。それでまた4冊持ってきてやると・・・・・。 本好きに育つといいなあ、と感じています。 

 
ことり (はじめての絵本たいむ)ことり (はじめての絵本たいむ)
(2007/09)
中川 ひろたか

商品詳細を見る


 優しく単純に描かれた絵がらがお気に入りです。シリーズで買おうかと思ってます。


追記を閉じる▲

【2009/11/25 18:52】 | 育児
トラックバック(0) |
 どんな家を建てるのか、あちこちの工務店が建てた家の完成見学会を見に行ってますが、いい印象を持っているのは、自然素材を多用した家。無垢の木材を構造材や床板に、壁は漆喰などの塗り壁にすると、シックハウスなどを誘発する有害物質が極力抑えられるというもの。実際、そういく家に入ると空気が違うと感じます。なんらかの臭いや臭みがなく、無味無臭の清い空気が室内を満たしているとでもいうようなー。

 ボクや妻はシックハウス症候群ではありませんが、まだ7カ月の子供がそうでない可能性は否定できません。いまはそうでなくても、将来アトピーになることも考えられますし。

 本書はそういうった印象や疑念に応えてくれます。さらに踏み込んで、無垢材でも構造材によって良し悪しがあること、24時間機械喚起システムの落とし穴、大手住宅メーカーでも使っている床材などにはお粗末なものもある、米ツガやホワイトウッドは良くないがヒノキはどこの部材に使っても最高によいなどなど、勉強になる。 
いい家は無垢の木と漆喰で建てるいい家は無垢の木と漆喰で建てる
(2002/08)
神崎 隆洋

商品詳細を見る

【2009/11/21 13:09】 | 名称未設定_17
トラックバック(0) |
 4月に子供が生まれた直後に買った「子供の歌大全集」には子供に歌ってあげられる歌が沢山あります。それぞれにはコードも付いているのでギターで弾くこともできます。当初から弾くことを想定していましたが、いまになってようやくギターで弾いてみました。

1115.jpg

 普段、うちで昼間にかかっているCDの「童謡大全集」でなじみのものを、ページをめくって探して弾いてみます。「アイアイ」「犬のおまわりさん」「みなみのしまのハメハメハ」などなど、結構あり、コードも比較的安易です。というか、CはG7の使用が目立ちます。子供が声に出しやすいキーとか何か、理由があるのかな?

 ちょっと練習したらスムーズに弾けるので、パパが弾いて、ママが歌ってベイビーに聞かせてあげました。ベイビーとしてみたら、ギターがないほうが歌がよく聞こえていいかもしれんけど、親の自己満足ショーかな・・・・。

 最後に、最近イントロのリフのコードがわかって弾けるようなったビートルズの「エイト・デイズ・ア・ウィーク」をパパがベイビーの前で弾き語りして、今日はおひらき!
 

【2009/11/16 13:29】 | 育児
トラックバック(0) |
 去年買ったCDで、ピアノがフィーチャリングされた曲のコンピを聴いていると、今さらながら耳にとまった曲があった。「マイ・エヴァーチェンジング・ムーズ」。流麗なピアノをバックにソウルフルに歌うボーカル・・・・・これいいな!
 
 アーティストはスタイル・カウンシル。ポール・ウェラーはベスト盤などいくつか持っていますが、スタカンは持ってもいないし聴いたこともなかった。
 高校時代はぼくよりも洋楽を聴いていたハニー(妻)に「スタカン聴いたことある?」と聴くと、
 「あるよ。でもこれ、私の聴いた曲と違うよ。もっとノリノリだったよ」
 「えっ!バージョン違いってこと?!」とビックリな僕。
 「当時、すごくラジオでよく流行ってたよ」と、あっさりと言うハニー。

 対する僕は当時はまだ洋楽を聴き始めたばかりで、まったく聴いた記憶がない。ソウルなボーカルの歌い方は、カルチャークラブのボーイ・ジョージが歌った「ブラック・マネー」にも似ているな、と思うのがやっとだ。エアチェックの網にもかかってなかったし、FM雑誌で記事を読んだ記憶すらない。

 しかしながら、そのおかげか、リリースから四半世紀経っていても、個人的にはとても新鮮です、いまさらながら気に入った!

 このピアノバージョンでないノリノリバージョンもあるということで、1stアルバムを買ってみたら、同じでした(笑)。レコードコレクターズで見てみると、ノリノリバージョンはどうやらベスト盤とかに入っているシングルバージョンのようですネェ・・・。
 
カフェ・ブリュカフェ・ブリュ
(2006/12/20)
ザ・スタイル・カウンシル

商品詳細を見る

【2009/11/15 09:02】 | ロック!
トラックバック(0) |
 FMエアチェックをしていた人なら、郷愁を誘われる本かもしれません。かってFMラジオから好きな曲をカセットテープに録音することをエアチェックといいましたが、いつどこの番組で何の曲がかかるのか事前に調べるたべには、FM雑誌が不可欠でした。ぼくも主に高校時代から20代の頃はFMラジオからいろいろな曲を録音していたものですから、この本を本屋で見た瞬間に衝動買いです。 

FM雑誌と僕らの80年代--『FMステーション』青春記FM雑誌と僕らの80年代--『FMステーション』青春記
(2009/09/12)
恩蔵 茂

商品詳細を見る

 
 著者は、あの「FM STATION(ステーション)」の編集長をしていた方。まさにボクも高校時代はFステの熱狂的読者でした。本書では、Fステの創刊から休刊にいたるまでの雑誌の栄枯盛衰をさまざまなエピソードをまじえて紹介しています。
 上り調子の方も面白いですが、ドキュメンタリーとして興味深いのは下り坂に方でしょうか。CDやレンタルの普及、FMの多局化、エアチェックに向かない番組構成などなど、FM雑誌はそれぞれに対抗策を講じていたことがわかります。しかし、時代に流れには抗せず・・・・・静かにFM雑誌は消えていきました。結末は儚く終わりますが、FMがたしかに盛り上がっていたころ、たしかにその世代の音楽や音楽ファンはFMとともに盛り上がっていた、ということを思い起こせる楽しい本です。

 ちなみに、いまでもたま?にエアチェックをすることがあります。昔のように1曲1曲が目当てではありませんが、例えば先日、加藤和彦さんが亡くなられた時には、NHKFMのレギュラー番組で追悼特集をまるごとMDにエアチェックしました(昼間なので自宅の妻にお願いしましたが)。

 FM放送にはまだまだ聴ける番組ソースは多いですから、これかれも生き残っていってほしいですね。


 

【2009/11/09 13:48】 | 名称未設定_17
トラックバック(0) |

FM-FUN
もじょきち
いや、いや、同感。
懐かしい時代です。
ちょうど、本に写っている 小型のステレオ・ラジカセ。
ほぼ 同型のもの持ってました。
下のFMステーションのイラストは、多分 シーナ・イーストン。
エアチェックしたカセットは数百本・・・。
FMはかの時代、音楽情報そのものだったですねぇ~

Re: FM-FUN
HAZEX
> ほぼ 同型のもの持ってました。

 表紙に目を近づけてみると、SHARP製のようです。ダックスフンドみたいな横長タイプのやつですかね。うちも、妹が持ってました。AIWA製だったかな。

> 下のFMステーションのイラストは、多分 シーナ・イーストン。

 当たりっす(笑)。Fステ創刊号です。ぼくが買ったのはこの2年後になるんですが、なぜか懐かしい気持ちになりますね。21世紀の現在、アーティストのイラストを表紙にできるのは、ミュージック・マガジンぐらいでしょうか。アートに勢いがあった時代ですね。

> エアチェックしたカセットは数百本・・・。

 ぼくも一時期は友人と本数を競ってましたねぇ。いまはほとんど押し入れですが。そのなかに、もじょきちさんからいただいたβのビデオも入ってます。すいません、いまだ見てません・・・・・。

No title
マギーメイ
ホンマに懐かしいっす!!

FM-Stationのカセットレーベルが格好良くて
よく集めてました。

鈴木英人
HAZEX
> FM-Stationのカセットレーベルが格好良くて
> よく集めてました。

本当、レーベルというか表紙のイラストがかっこよかったですね。
どれをどのアーティストに使うか・・・・悩んだものです。
切り取ってからも使わずにいて、
あとあとでフェイセズのライブをエアチェックしたものに使ったこともありますよ。




コメントを閉じる▲
 「ローリング・ストーン」11月号はビートルズ特集でした。もう発売日からだいぶ経ってしまったけど、やっと読み終えた。
Rolling Stone (ローリング・ストーン) 日本版 2009年 11月号 [雑誌]Rolling Stone (ローリング・ストーン) 日本版 2009年 11月号 [雑誌]
(2009/10/10)
不明

商品詳細を見る

 リマスター化によるビートルズブームが続く中、ローリング・ストーンも14ページのドキュメンタリーをj掲載しています。
 中心となるのは、ビートルズ解散に至る経緯が、ホワイトアルバムのあたりから始められていて、オノ・ヨーコ、ゲット・バックセッション、アラン・クライン、解散へとつながってく事実にそって語られています。
 だいたいはおおまかには知っている事実ですが、ヨーコがバンドのレコーディング時に発した一言がバンドに与えたインパクト、それがバンドにマイナスの影響を与えていくのかわかります。
 
 ゲット・バックセッションでは張り詰めた緊張感のもと、ジョージの一時脱退では、あのジョージもここまで言っていたのか!と驚いてしまいました。

 バンドメンバーのセリフが随所に効果的に散りばめられていて、評論家の一方的な推論ではない、まさに事実がそこに語られている感じで、実に読ませるテキストとなっています。

 そしてこの表紙のメンバー写真も読者に多くを語ってくれているのでないでしょうか。別ショットがポスターにもなって織り込まれています。

【2009/11/01 22:49】 | 名称未設定_17
トラックバック(0) |

No title
Nana
こんばんは、Good Day~のNanaです。
これ、私も本屋でつい全部読んじゃいました。
当時の致し方のない事情や大変な雰囲気が伝わってきて、本当に読み応えがありました。
解散時にもそれぞれキャラの個性が立ってるのがなんともビートルズらしいというか。個人的には、リンゴがポールのところにおつかいに行くエピソードが気に入りました(笑)

リンゴ・ストーン
HAZEX
Nanaさん、こんちには。
夫婦でリマスター、聴いてますか?
ローリング・ストーン、読み応えありましたね。
リンゴのエピソード、リンゴらしいね(リンゴは殴られた、とも聞きますが、真相は如何に?)。
これ以後、ポールvsジョン、ジョージの図式になりますが、両者を取り持てるのはリンゴだけになりますからね。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。