上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ベイビーをあやしていると時々左手(向かって右)を高く上げたりする。寝ているときに時々顔をひっかいたりするがそれも左手でやっているようだし、指しゃぶりも左手。

 もしかして、サウスポーなのかな? と思ったので、ネットで調べてみると幼い時には両手が器用なようで、利き手がわかるのは3歳ぐらいだとかー。

 でももし左ききでも矯正はせずに、自然にまかせようということになった。ハニーの職場にはサウスポーの人が結構いるらしい。ボクはこれまであまり見たことないなぁ?、気づかなかっただけかもしれない。
 左利きは人口の10%とか。世の中の仕組みは基本的に右利き用にできていると気づく。TVの電源は右、キーボードのエンターも右、自販機の入金も右だ、数をあげればきりがない。

 左利きには天才が多いとも言われるが、世界で一番有名な左利きはやはりポール・マッカートニーなのではないか。ほかには・・・日本の芸能人では中川翔子が左利きだね。プロミスのCMでは器用に(当たり前か)文字を書いているのがわかる。

  
アメーバズ・シークレットアメーバズ・シークレット
(2009/03/25)
ポール・マッカートニー

商品詳細を見る


 そのポールの最新シングルをショップで見つけたので買ってしまった。ちょうど2年前の6月27日にアメリカで行ったシークレット・ギグの4曲が入っている。当時の新曲も2曲入っているが、ウイングスのCムーンとビートルズのアイ・ソー・ハー?が聴ける。ボーカルは年相応の幾分な変化も気になるが、オリジナルの雰囲気は見事に再現しているし、キーも下げることなくパワフルに歌いあげているのが嬉しい。ジャケットはヘフナーのベースをもった姿だが、まるで粗画像を引き伸ばしたようなもの。ここ10年ぐらいのジャケのセンスはいただけないなあ?。
スポンサーサイト

【2009/06/27 21:52】 | 名称未設定_16
トラックバック(0) |
 先月から島根県立美術館で開催されている「吉村作治の新発見!エジプト展」を会社帰りに見に行った。 
 吉村先生(ボクは昔からこう呼ばせてもらっています、勝手に)の最新の発掘成果を展示するこの企画展。何が展示されているのか予習もしないで見に行ったため、てっきりミイラがあるものと勝手に思い込んでいたがミイラはなし。 目玉展示はミイラが入っていた木の棺だ。それを中心に、エジプトから出展協力してもらったらしい遺物を数十点あわせて、ミイラができるまでを一連の流れとして見せている手法。


 090626.jpg

 1番興味をもってみたのは、ミイラにされた人の内臓をいれる壷だろうか。こう書くと気持ち悪そうだが、古代エジプトでは神聖なミイラ作りの儀式として、死者の内蔵は取り出され、4つの石製の壷に大事に分けられて保存するのだ。その壷が素晴らしい芸術品にみえる。蓋は4つとも異なり、それぞれ神々の顔をかたどっているのが面白い。石灰岩製もあれば、工芸品かと思えるアラバスター製もある。後者がより高貴なミイラに使われたのだろうか?

 会場には数箇所に大画面薄型ディスプレイが設置され、4?5分で各コーナーの展示物を解説していたがこれはわかりやすいサービスだ。少々音声がうるさい気もしたが。

 木棺は2mぐらいの珍しく黒い色をしている。ツタンカーメンの棺のようなきらびやかこそないものの、顔や手、描かれたヒエログリフなどは明確に残っていて素晴らしい。側のディススプレイ画面では、今まさに3000年の長きにわたって眠っていた土中から発掘されんとするシーンを上映していた。そしてそれが今は時間と空間を飛び越えて、松江市のボクの目のまえに横たわっている・・・・・ 

 実は、正直、今回はミイラが展示されていると思い込んでいたので、その場では「あら?」と少々ものたりなさを感じてしまったが、思い直せば、そりゃミイラとなれば貴重な研究材料だし保存や運搬も桁違いに最新の注意が必要だろう。昔、大英博物館で見た感動再現とはならなかったが、よしとしよう。


追記を閉じる▲

【2009/06/27 09:27】 | 小さな旅
トラックバック(0) |
 ふたりのコラボが見られるなんて・・・・素晴らしいライブの記録。

 ちょっと前までブラインド・フェイスの映像すら正規には商品化されてなく、マニアだけがその存在を認めたバンドのような扱いかと思っていたブラインド・フェイス。

 今回のライブは、正式にはその再結成ではないものの、ウインウッドとクラプトンがふたりでプレイする最大の目的はブラインド・フェイスの埋もれた作品の復権だ。 

 何曲かはそれぞれの重要なレパートリーとしてライブでの定番だが、その他の曲だってレベルは高い。それどころかこの21世紀に新たな息吹をあたえられてよみがえった感じ・・・・。  
 
ライヴ・フロム・マディソン・スクエア・ガーデン [DVD]ライヴ・フロム・マディソン・スクエア・ガーデン [DVD]
(2009/06/10)
エリック・クラプトン&スティーヴ・ウィンウッド

商品詳細を見る


 映像も素晴らしく、特にウインウッドの嬉しそうな表情がときおり見られるのも至福。

 クリームの再結成ライヴは買わなかったが、これはもう店頭で見つけて衝動買い。

【2009/06/23 15:30】 | ロック!
トラックバック(0) |
 忌野清志郎がFM局のために書いた曲の本人のデモ演奏バージョンがシングルで出た。
 清志郎(RC)と言えばトランジスタラジオ、という連想も出来るから、その延長線でこの曲が生まれたんだろうか。

 「オ?、ラージーオーーーー、聴かせてぇーおくれぇ?・・・・・」

 本来、ラジオの素晴らしさを伝える歌なのだが、このタイミングのリリースは、ラジオからこれからもRCサクセションが流れてきてほしい、聴こえてきてほしいと、ボクは願わずにはいられない、どこか寂しい、そんなメッセージソングに聴こえます。 
 ボーカル、ギターはもちろんのこと、ベース、ドラムにブルースハープまで本人のマルチレコーディング。

 2曲目は、ボクのフェイバリットソングのひとつ、激しい雨のプライベートセッション版。オリジナルよりシンプルだが少しテンポが速くなって、ギターのチャボの「チャカチュン!」と短いリックがカッコイイ。キョシロウのヘタウマなサックスもいい味出てます。好きです。

キヨシローキヨシロー
(2009/06/17)
忌野清志郎

商品詳細を見る

【2009/06/20 16:09】 | ロック!
トラックバック(0) |

夏休み
fusai
8月の錦川を思い出しました

Re: 夏休み
HAZEX
え? なんで錦川を? 河原で聴いてたでしたっけ?

コメントを閉じる▲
 モビールを作ってみました。空中でフワフワとつられてるヤツ。一日中ベビーベッドに寝たまんまのベイビーはさぞ退屈だろう、何か退屈しのぎに・・・・と心配になったのが発端。

 和室に寝せてますが、起き上がることのまだできないベイビーは、起きている時は何もない天井を見ていることが多く、それは何とももったいない?

 先週はとりあえずの処置として布で作ったボールを2個吊ってみました。時々手で回転させてやると、ベイビーはボールが廻っているあいだずぅーーーーーーーと見ているのです。こりゃなかなかイイぞと思いましたが、欠点は手で回すとき以外はまったく動かないこと・・・・・。

 そこでモビールを思いついた次第。たしか、小学校の頃の夏休みの工作の例として教材にみたことがある程度で作ったことはありませんでしたので、ネット上の商品として出ているものを参考に自作してみました。

090613.jpg

 竹ひごの先に糸を結びつけ、それで折り紙を吊るすというもの。竹ひごや糸の長さなど全体のバランスはネット上の商品を参考に、折り紙は図書館で借りてきた本のなかから鳥を選んで折ってみました。 折り紙は飽きたら取り替えられるように糸の先のクリップで挟んでいるだけです。モビール全体を吊るすにはテント用のパイプを1本使っています。
 
 折り紙で作れば、1つ1つの重さはまったく同じですからバランスがとりやすいはず。ボクの場合は、サイズを変えてしまったために、左右でアンバランスが発生し、吊り下げの支点を決めるのに難儀しましたが・・・・・。

 吊るす高さは大人の目線程度。赤ちゃんはあまり遠くは見えませんからね(これでも高いかも?) 。 また、まだ色の判別もできない場合も考え、白黒のペンギンを入れてみました。

 090613b.jpg



 ベイビーをあやしながら、口の息をフゥーと吹きかけるだけでフワフワ動いてくれます。

 ネットでモビールを調べていて初めて知ったのは、北欧が起源であり、しかも意外と歴史も20世紀初頭と浅く、また、キネティック・アートという動く彫刻して芸術様式として認知されていることなどです。意外と奥が深そうなものですね。


追記を閉じる▲

【2009/06/14 20:23】 | 名称未設定_4
トラックバック(0) |
 通勤の帰り道、地元のFM山陰で夜7時から「AOR」という番組をオンエアしています。夕暮れ時の割と落ち着いた雰囲気にあった楽曲が流れますので、よく聴いています。 この番組には特徴があって、曲の合間、CMの前後などに、穏やかなピアノで童謡が奏でられます。ゆったりとした童謡ノメロディをところどころジャズ風味を取り入れて、とても気持ちよいアレンジです。最初はそれもオンエア曲のひとつかと思ってましたが、いつ聴いても「ふるさと」や「赤とんぼ」などがかかるので曲の合間のアクセントに使っているようです。

 最近は、ベイビーに童謡を歌って聞かせることが多いので、僕の耳も童謡には敏感になりました。なので、それが気に入って買ってみたい、でも、これはいったい誰が弾いているんだろうとー。番組に質問メールを出してみましたがわかりません。で、ネットで探すとこの深町純という人のアルバムではないかと推察して買ってみました。

 090611.jpg

 アルバムには「おおきな古時計」や「蛍の光」、「仰げば尊し」など童謡以外の曲も入っていて、とても心地よく聴くことができます。最近の我が家のBGMとして、コンポのCDチェンジャーには入ったままです。

 ただ、FMで聴いたのとは違ったようです。同じ「ふるさと」や「赤とんぼ」も入っていますが、弾き方はまったく異なっていて、、、、、、。深町純さんのアルバムは、これはこれとしてとてもよいのですが、FMで聴いたあのピアノ、あれがほしいな・・・・・。あきらめず探すとしますかー。

【2009/06/13 11:56】 | 名称未設定_16
トラックバック(0) |

深町さん
真弓
深町純さん‼
何故か知っています。私が知っている深町さんは、ピアノを弾く人ではなく、歌っていた深町純さんです。ひげ面でサングラス、ちょっといかつい感じだったかも。
切なく歌う人で、当時小学生でしたが、とても印象に残っています。

それにしても、「AOR」という番組のテーマの演奏者だとは、知らなかったし、HAZEXくんのブログでその名前を聞くとは、、。ちょっとビックリでした。

Re: 深町さん
HAZEX
 こっちこそ、ビックリ! 有名なアーティストなんですか? 深町純さんは----?
 ネットで買うときに、別のアルバムジャケットでは、たしかに髭づらでメガネ姿・・・・あれはいつの写真かな?
 ちなみにAORでピアノ曲を弾いているのは深町さんではなさそうですよ。


No title
真弓
深町純さんが有名かどうかは、分かりかねますが、幼少の私になぜか強い印象を与えてくれたミュージシャンの一人でした
実に残念ですが、その歌声が「切ない声」だった以外、思い出せないのです。
当時NHK「ステージ101」に出演されていたような、、、。



どんな声なんでしょ?
HAZEX
 どうですかー、これを機会に歌の入ったCDを買ってみるというのはー。そしてそれを自身の声で歌ってみるとなにか発見が・・・・・・! 

すいません、質問なんですが・・・
M
結局、そのお目当てのCDは、見つかったのでしょうか。
もしわかったら教えてください・・・

Re: すいません、質問なんですが・・・
HAZEX
> 結局、そのお目当てのCDは、見つかったのでしょうか。
> もしわかったら教えてください・・・

貴方もお探し中ですか?
すいません、結局、わからずじまいです・・・・。
諦めてはいないんですけどね。


コメントを閉じる▲
 ベイビーを抱く特は、いつも緊張します。慣れてはきていますが、腕や足や首など不自然な態勢で抱いていないか、注意が怠れません。

 あるとき、いつも聞かないような奇声を突然発して泣き出しました。慌てたボクは、もしかしたら足でも脱臼、あるいは捻挫や骨折させてしまった!? どうしようどうしようと、あれこれとベイビーの手足をさわっているうちに、あらら、ベイビーは眠ってしまいました・・・・。
 結局、眠かっただけのようですが、マジで心配しましたよ(笑)。

 それでもやっぱり、ベイビーの扱いは恐る恐るさわってます。ほんとに、「こわれもの」扱いです。

こわれもの(紙ジャケ SHM-CD)こわれもの(紙ジャケ SHM-CD)
(2009/07/08)
イエス

商品詳細を見る


 イエスの1971年のアルバムタイトルは、その名もまさに「こわれもの」。地球によく似た星のイラストが描かれています。最近買って聞いていますが、ベイビーとは無関係で、ピアノのリック・ウェイクマンのプレイが聴きたくて買いました。デヴィッド・ボウイのアルバムのようなプレイが存分に楽しめるのではないかと・・・・・。

 思ったようなプレイは聞けませんでしたが、個々の曲としてはなかなか聞き応えがあります。これまでプログレッシブ・ロックはまったく避けて通ってましたので、通な感想はまったく思い浮かびませんが、1曲目「ラウンドアバウト」のイントロは、昔々、バンド仲間が爪弾いていたフレーズだったのが、今ようやく気づきました。そういえば彼はイエス好きだったなあ?・・・・・と。

【2009/06/05 19:12】 | 育児
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。