上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今週からベイビーは沐浴を卒業して、一緒にお風呂に入ってます。最初は不安げに暴れたりグズってましたが、次第に慣れてきたのか、湯船につかるとゴキゲンさんになります。

 そこで歌ってやってるのが、ドリフの「いい湯だな」。

ザ・ドリフターズ ベストコレクションザ・ドリフターズ ベストコレクション
(2004/11/25)
ザ・ドリフターズ

商品詳細を見る


 やっぱりドリフで育った世代としては、お風呂と言えばこの歌です。もっとも、当時の子供時代を覗けばクチに出して歌ったことなど一度もありませんでした。

 が、歌えてしまってるのが不思議というか、嬉しいですね。いまや、どうどうと歌ってます。
 いや、歌詞をちゃんと歌えるのもわれながら感心しちゃいますが、効いてくれているはずのベイビーに向けているのですから、メチャクチャでも恥ずかしくもなんともありません。

 ベイビーとふたりきりの和みの空間に、この歌があって、ほんっとに良かったと思います。

スポンサーサイト

【2009/05/30 10:15】 | 名称未設定_16
トラックバック(0) |
 ベイビーは泣く泣く。
 生まれてまだ1カ月ですが、泣いてるときのあやし方は、僕なりにわかってきました。
 効果があると感じているのは

 ?肩にベイビーの頭をのせて背中をトントンしたりさすってやる
 ?抱きかかえて家の中をゆっさゆっさ散歩する
 ?童謡を歌う。特に「犬イヌのおまわりさん」、「海」が効果アリ
 ?ガラガラ。大人には不快な音だが、なぜか効く。
 ?寝ていて泣くなら抱きかかえてやる。
 ?タオルで身体をグルグルに包み巻く

 基本は?だと思うんですが、それで泣くなら、?をして、ダメなら??、ちょっと手間がかかるけど?は切り札ですね。空腹で泣いてるときも効果ありました。欧州のやり方だと何かに書いてありましたね。

 他のベイビーに当てはまるのかはまったくわかりませんけど。

ロイ・オービソンロイ・オービソン
(2008/11/26)
ロイ・オービソン

商品詳細を見る


 「クライング」
 泣きをテーマにした名曲と言えばロイ・オービソンのコレ。出だしはやさしくゆっくりと、次第に盛り上がり、最後はスケール感タップリにロイが感動的に歌い上げます。

【2009/05/24 23:43】 | 名称未設定_16
トラックバック(0) |
ボクの子供はロケットマンだった!?・・・・・

 というのも、ハニー(妻)が子供に授乳させるのに、いつもの横スタイルでなく縦にして、自分の足に子供の両足をはさませる形でやってみたらしい。ところが子供はちょうどウ●チをするタイミングだったらしく、オムツの中で噴射してしまった。でもお尻はハニーの足の上にのっかっているので噴射口がふさがれた形になってしまった。しかしウ●チは出口を求めて勢いよく、オムツの外へ向けて飛び出てしまったとか・・・・。

 まさに発射台のロケットが噴射するするような感じ・・・・・。

 ロケットマン、でした・・・・。

グッバイ・イエロー・ブリック・ロード・?エルトン・ジョン・グレイテスト・ヒッツグッバイ・イエロー・ブリック・ロード・?エルトン・ジョン・グレイテスト・ヒッツ
(1996/05/25)
エルトン・ジョンキキ・ディー

商品詳細を見る


 エルトン・ジョンの初期のロック・バラードの名作「ロケットマン」。収録アルバムは数ありますが、僕がもっているのはベスト盤など。ジョン・レノンとの共演ライブでもやっていました。

【2009/05/22 14:52】 | 名称未設定_16
トラックバック(0) |
 切り絵作家の滝平二郎氏が亡くなった。

 僕が小学生時代に切り絵を知った切っ掛けは彼の切り出す絵だった。
 当時の朝日新聞日曜版に毎週掲載されていた、郷愁ただよう田舎の家族風景を切った絵がとても好きだった。それらは母親がそもそも好きで切り抜いてスクラップしてのだが、ボクもいつのまにか好きになっていた。

滝平二郎滝平二郎
(1971/11)
斎藤 隆介

商品詳細を見る
  


 滝平さんの切り出す絵は線が太い。決して滑らかでなく、ゴツゴツして角ばってさえいる。微細なディティールは大胆にそぎ落とし、シンプルで大胆で・・・・でも。優しいそれがいい。
 切り絵がペンや筆で描く線のように細くて繊細であるならそれは切り絵の魅力をほとんど捨てていると言っていい、とは僕の切り絵感だ。滝平さんの切り絵はまさに僕の理想なのだ。

 去年の秋、妻がまだ妊娠中に絵本をお腹の子に読み聞かせようというので、滝平さん作の「モチモチの木」を購入した。僕は実はそれまで見たことがなかったのだが、妻が好きだというのだーーー。
 子供のために初めて買った絵本が滝平さんの切り絵。なかなか嬉しい「ハプニング」であった。

 滝平さんの創作活動がここ何年も見られない、というか僕が切り絵を作り出してからは一度も見たことがなかったのが気がかりだった。ご存命なのかすら、調べたことはなかったが頭の片隅で気にかけていたことだった。それが突然の訃報。残念である。

 もう1年以上、切り絵を作っていないが、滝平さんへの追悼を込めて、なにか作っておきたい・・・・そんな気持ちだ。


追記を閉じる▲

【2009/05/20 23:00】 | 名称未設定_14
トラックバック(0) |

No title
seikichi
こんばんは(^-^)

滝平さん という方を私は知りませんでしたが、
モチモチの木 は知ってました!
懐かしい~。 ってゆっても内容を・・・覚えていない~。
強い風が吹いてモチの木が激しく揺さぶられている、
その時に鳴る音に子供が怯えて~・・・?!
って内容やった様な・・・違う様な。
子供にとっては少し怖いお話だった様な記憶があるのは、
もしかしたら、滝平さんの切り絵のシンプルさ、ゴツゴツした
あの質感のせいかも。
でも切り絵には、この本が切っ掛けで興味を持った様な気がします。
お遊びでやってみた位ですけどね(*^_^*)


Re: No title
Hazex
seikichiさん、こんにちは。

> 強い風が吹いてモチの木が激しく揺さぶられている、

 そう、そういうストーリー・・・・だったような(笑)。
 まだ一度しか読んでないのでボクもうろ覚えですわん。
 明るい絵柄でもお話でもないのに絵本の定番になるのには
ストーリーのどこかに秘密が・・・・?
 
>この本が切っ掛けで興味を持った様な気が

 そういう人はたぶん多いと思うよ、で、自分でやってみる・・・・これもきっと多いだろうな。ボクもそのひとりー。
 自分の子供に自作の切り絵絵本でも作れたらいいんだけどね!
 

コメントを閉じる▲
 あーあ、買っちゃった、という感じ。

 戦争物で潜水艦、好きなんです。高校か中学時代にドイツ映画「Uボート」を見てから・・・・、
いやもっと前かも。小学校の図工時間に木で舟を作ることになったが、僕だけは潜水艦を作っていたような。オモリをつければ沈んで進むだろうと思って。発想は良かったはずだが、完成して池で進水式をやったが、その結果はよく覚えていない。オモリが重過ぎて進まなかったような気もするし、逆にオモリが木の浮力にかなわなくて沈まなかったような気もする・・・・、多分成功しなかったかな?

 そう、「真夏のオリオン」は太平洋戦争末期の日本の潜水艦と米軍駆逐艦との戦いのストーリー。いまはノベライズを読んでいます。 こういう戦争ものの本はついつい没頭しちゃうから長らく避けていたんだけど、買っちまったよ。

真夏のオリオン[文庫] (小学館文庫)真夏のオリオン[文庫] (小学館文庫)
(2009/04/07)
飯田 健三郎

商品詳細を見る


 子供をあやして、寝かしつけたら合間に読んで、ウンチが出て泣き出したら、オムツ換え、一仕事すんだら、読書・・・・・いう感じの週末でした。

 映画公開は6月13日とか。見れる・・・・かな?


【2009/05/18 23:39】 | 名称未設定_17
トラックバック(0) |
 連日連夜、子供向けに歌ってやってます。童謡、歌謡曲、ロックからCMソングまで・・・・・。

 30数年前にはリアルタイムで歌っていたあの頃の童謡でも1番だけなら結構覚えているもんで、自分でも歌詞がつらつら出てきて歌えるのでちょっとビックリ。

 でも2番以降も歌いたいし、そもそも忘れているのもありますから、童謡の本を買ってきました。

090513.jpg

 知らない歌もたくさん載ってて、半分ぐらいしか歌えません。あとはこの30年間に作られた新しい子供向けの歌なんでしょうねぇ?♪。

 ギターコードが付いてるのを選んで買いました。将来は子供が歌うのに伴奏してやりたいと思いますよ。

【2009/05/13 18:53】 | 名称未設定_16
トラックバック(0) |
 今冬のクラプトン日本公演がwowowでオンエアされたらしいので、妹が録画して送ってくれた。

 あれこれ雑務をしながら、横目で見ていたが、4曲目、「イズント・イット・ア・ピティ」が始まったとたん、この曲だけは画面正面に座してみた。
 
090509.jpg

 泣けた・・・・。

 クラプトンの盟友、ジョージ・ハリスンの名曲のひとつだ。91年のジョイントツアーの時のセットリストでもあり、大阪城ホールで2度見たが、その時も、後のライブアルバムでも感動した1曲だ。

 それをいま、クラプトンが再びプレイ、しかも彼自身のボーカルで・・・。アレンジもオリジナルに忠実だ。いい、とてもいい。

 結局、真剣に見たのはこの1曲だけ(笑)。演奏はもちろんいいのだが、頻繁にコロコロ変わる細かなカメラ割りが気になってしょうがない。テレビ消して音だけ聴こうかな?


追記を閉じる▲

【2009/05/09 12:35】 | ロック!
トラックバック(0) |
 金曜の朝の通勤中、ボクの車の前を産廃を積んだ大型トラックが走っていた。こういう背の高い車が前を走ると景色が阻害されて、また信号なども見えなくなるし、あまり好きでないのだが・・・・・。

090508.jpg


 よく見ると車体後部の右側に英字が見える。金属のパネルに青字でプリントされて、しっかり取り付けられている。

 なになに?  「ALL YOU NEED IS LOVE」??????

090508b.jpg

 無粋なトラックの背が、この一文でボクの気持ちもやわらいでしまったのは言うまでもない(笑)。

 トラックとの関係はまったくわからない。途中で追い越したが、車体のほかの部分には関連文字もないし・・・・。ビートルファンの運ちゃんだろうか?


追記を閉じる▲

【2009/05/09 12:24】 | 名称未設定_16
トラックバック(0) |

oh!
fusai
こりゃすごい。好感度アップ。

コメントを閉じる▲
 ベランダで育てている(植えてるだけともいう)マダケから竹の子が生えた。
 これまでも何度も生えていたはずだが、いつも気づくのは成長して葉が出てからだったので、まさに竹の子が生えた状態は初めて見た。

 090505b.jpg

 2本同時に生えた。人差し指程度の大きさ。
 引っこ抜いて食べたら旨いだろうか??
090505a.jpg

 新しく幼い息吹を見るのは飽きないね。
 
 

【2009/05/06 00:40】 | -
トラックバック(0) |
 泥臭くもロックンロールを追い求めたキヨシロウが・・・・・。
 一度もライブを見たことなかったのが、残念だ。
 ロックが本来持っていた批判精神、メッセージ性を日本語ロックで、身体を張って体現していたのはキヨシロウだけだったと思うな。
 残念だ。そして、ありがとう、キヨシロウ。

マイ・フェイバリットソング
 「サマータイム・ブルース」
 「サン・トワ・マミー」
 「500マイル」
 「つ・き・あ・い・た・い」
 「トランジスタ・ラジオ」
 「雨上がりの夜空に」
 「いけないルージュマジック」
 「激しい雨」
 「ダンスミュージック☆あいつ」

キヨシロウキヨシロウ
(2006/10/04)
忌野清志郎

商品詳細を見る

【2009/05/04 00:11】 | ロック!
トラックバック(0) |

ビックリ・・・
aoihana
洋楽一辺倒でしたが、この人とRCだけは特別。
高校2年生の頃、大分でライブ観ました。
まさに絶頂期。外タレバンドも観たことないから
頭、思い切り殴られました。すごかった。まさにロックでした。
彼の反戦・反体制の姿勢と歌詞も、
物書きとして多大な影響を受けました。
ご冥福を心からお祈りいたします。



Re: ビックリ・・・
Hazex
> 物書きとして多大な影響を受けました。

 うーん、さすが、視点がアオイハナさんらしいですねぇ。
 ぼくはアルバムはカバーズほか数点しか持ってないんですが、カバーズには歌詞に耳がいってしまうのがたくさんありますね。
 ライブを見れなかったのが残念でした・・・・。



ダブりませんね(笑)
aoihana
陽気で軟派でヘラヘラなイメージでしたが
カバーズの頃の彼は本当に恐かったですね。
凄みがありました。
イマジンとかジョンの解釈越えてるもんなあ。
ホント、いいアルバムの一つです。

しかしマスター、
アイドルもビートルズもフェイセズもびったしなのに
RCのフェイバリットソング、1曲しかダブりません(爆)。
HPに追悼文書いたんで、
暇なときに観ていただけたら幸いです。

Re: ダブりませんね(笑)
Hazex
> RCのフェイバリットソング、1曲しかダブりません(爆)。

 そ、そうですかっ?(^^;)。 
 僕がアルバムをわずかしか持ってないのでムリからぬことかと・・・・。
 
> HPに追悼文書いたんで、

 了解! チカラはいってそうですね。見に行きます!

コメントを閉じる▲
 泣いてる、もしくは泣きそうな、むずかゆそうなベイビーによく歌を歌ってあげます。よく歌ってあげるは、モーツアルトの子守唄とか、ビートルズのグッド・ナイトなど、思いつつままにまあ、なんでも、スローな曲なら歌ってあげます。歌詞なんてたいていうろ覚えだから、ラララァ?でごまかしちゃいます。

 それでもやっぱりビートルズ好きのパパとしては、どうしてもそのへんの曲が歌いやすいのです。ジョンのイマジンや、オー・マイ・ラヴ、ポールのウォーターフォールズなんてのも子守唄として通用しそうですが。意外と有効なのがオブラディ・オブラダ。全然子守唄じゃないんだけど、この意味不明なオマジナイのサビまでくると不思議とベイビーのまぶたが閉じることがしばしば。「オ・ブ・ラ・ディ・オ・ブ・ラ・ダ」は眠りの呪文なのかな?
 母親の胎内にいたときに、車中でホワイトアルバムのカセットテープを聴いていたこともなにか関係があるんかぁ・・・・・?

 
ホワイト・アルバムネイキッド―グループ終焉の出発点ホワイト・アルバムネイキッド―グループ終焉の出発点
(2006/08)
デヴィッド カンティック

商品詳細を見る

【2009/05/01 23:38】 | 育児
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。