上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ビートルファンなら知っているクラウス・フォアマン(ブーアマン)のビートルズがらみの回顧録。
 クラウス・ブーアマンは、ハンブルグ時代に4人と出会い、リボルバーのジャケットアートを担当し、バンド解散後はベーシストとしてメンバーと交流があった人・・・・・・ビートルファンならそれぐらいはさらさらさらっと彼のエピソードとして語れてしまうんですが、この本を読むと、彼もまた「5人目のビートルズ」と呼べるのではないかと感じます。

 彼は想像以上にメンバーとの興味深いエピソードを色々持っている人、さらに言い換えれば、メンバーと近しいジェネレーションとセンスを持ってここまで書けるのは彼以外はいないだろうと思ってしまいます。
 
 このクラウスの本ほど、視点がメンバーに近い本をかって知りません。筆者とメンバーの間で普通に交わされたただの会話を紙上に再現しているので、読んでいると当時の光景が脳裏に浮かんできてしまうくらい、まるで映画の脚本を読んでいるかのような感覚です。
 
 ただの事実を知りたいのであれば一度読めばOKなのですが、この本はそういった事実を述べただけの本ではなく、当時の空気が再現されています。また、メンバーやその他の登場人物の発言は生々しく、音楽以外にも様々なことについて読者に語りかけているといえます。何度も読み返したくなる魅力を持っています。

ザ・ビートルズ / リメンバー ―親友クラウス・フォアマンが語る本当のビートルズ (ノーウェア/ザ・ビートルズ決定版シリーズ)ザ・ビートルズ / リメンバー ―親友クラウス・フォアマンが語る本当のビートルズ (ノーウェア/ザ・ビートルズ決定版シリーズ)
(2007/09/04)
クラウス・フォアマン

商品詳細を見る



スポンサーサイト

【2008/10/25 19:27】 | 名称未設定_17
トラックバック(0) |

お~、クラウス!
アオイハナ
マスター、ご無沙汰でした。
結婚生活、趣味とお元気にやっているでしょうか?
こちら、ちょっと身内でいろいろあり、
煩わされることも多くてご無沙汰してしまいました。
今日、ラジオで(未確認ですが)
ロッド来日のことを聞き、
マスターどうしてるかなあ、と。
そんで今、ジョージにはまっていて
彼のソロといえば、
もちろんクラウスのベースですよお~。
ぜひ、読んでみます!
偶然ですねえ。マスターのお導きだな。

ひさしぶりですね。
Hazex
 春からぱたりと音信が途絶えたので、どうしたのかな?と思ってましたが、お元気だったんですね。よかったよかった。何回かメール送ってましたけども・・・・。

 クラウスの本はいいですよ!なにが好いって、ジョンが米の研ぎ方をレクチャーするくだりがあるんですが、いやあ、主夫の見本ですね。こんなエピソード、他の本じゃ読めませんよ。本当にいいです。ぜひ読んでみてください。

 ロッド来ますね。でも僕の奥さん、そのころ臨月なんですね。これはロッドのイヤガラセとしか考えられませんね。

すいませんでした(笑)
アオイハナ
マスター、レスどうも。
メール、未着ですねえ・・・。すいませんでした。
こっちから出してみますね!
仲間の闘病や身内の不幸と重なったもので
ご無沙汰してしまいました。
あまり暗い話題もアレでしたしね。
どうかご家族健康でありますように。

米のレクチャーや主夫というと
75年以降、二人は再会しているのかな?
これは楽しみですね。ぜひ、読んでみます!


コメントを閉じる▲
 先週から始まった、古代出雲歴史博物館での仏像彫刻講座の第2回。第1回は素材の角を取るだけでしたが、今回は、肩や頭のまるみが出るところまで削り、耳も形になりました。第6回までまだまだ先は長いのですが、なんとなく仏像(お地蔵さん)に見えるので嬉しいですね。
081019.jpg
 にしても木造彫刻はなかなか至難です。掘りすぎてしまうと元に戻せませんから、少しづつ少しづつ掘り進めています。一度、講師の先生に見て貰うと、あれこれ彫り足りない部分を彫ってもらいましたが、予想以上に彫られてしまいました。もう少しで自分の作品と言えなくなりそうなところでした。ま、まだもう一体ありますからいいんですが。
 うーん、もっと大胆に彫ることが必要なようですですね。

【2008/10/20 18:18】 | 名称未設定_4
トラックバック(0) |
 ケータイのインフォバー(写真左)の後継は、あれこれ考えたあげく、
結局インフォバー2(右)に落ち着いた。
081015.jpg
 もう1年前の機種なので、ヤマダ電機で買ったが機種変更はゼロ円とお得だったこともあるが、
やはりこのデザインは魅力・・・・。
 1年前の機種とは言っても、現行機種となんら性能的に劣るところはカタログで見比べてみて見当たらないのもイイ。
 さっそく音楽ケータイとして使ってみた。ロッド・スチュワート、トラフィック、レナード・スキナード、シンディ・ローパーを入れて聴いてみる。さすがに音質はMDウォークマンよりは劣る気がするが、特に悪いわけでもないからこれからメモリー一杯まで色々入れてみよう。

【2008/10/18 15:37】 | 名称未設定_4
トラックバック(0) |
島根県立古代出雲歴史博物館のイベントで、【連続体験「木で仏像を彫ってみよう!」】に参加、今日から週に1回(2時間)×6回をかけて、木で仏像を彫っていきます。

081012b.jpg

 なぜ、仏像を彫る気になったのか、それは僕にもわかりません(笑)。ただ好きなモチーフを掘るのではなく、対象が仏像であるというところがいいのかもしれませんね。なにかこれまでにない癒しの対象になりそうな気がします。
 彫刻刀を使うのは小学校の図工の時間に表札を作って以来ではないかと思う。仏像は手の平に収まる程度の小ささながら、なかなか切り出すのは難しいですね、思ってた以上に・・・・。
上の画像は歴博のページから拝借しました。

081012a.jpg


追記を閉じる▲

【2008/10/12 20:26】 | 名称未設定_4
トラックバック(0) |
 斐川町で「斐川Tシャツアートフェス」が開催中。刈り取りの終わった田んぼに多数の白いTシャツを展示するイベントなのだが、そのプリント柄はすべて一般応募の写真や絵。応募した絵柄のついた200枚ものTシャツが秋晴れの空の下、田んぼに一列に吊り下げられて展示されるのだ。面白そうなので僕も1品応募してみた。
081011.jpg
 上の写真はイベントを伝える地元紙のローカル面に載った紹介記事。その写真を見ると、なななんと、僕の1品が左はしに見えているじゃないのっ!おやおやおやおやおやぁ?(笑)。
 別に優秀作だから写真に載ったわけではなく、偶然のようだが、それにしても嬉しい(^^)。
 今日はさっそく見に行って、たしかに吊り下げてあるのを確認。その他の絵柄には、登山の記念写真や、イラスト、幼稚園の記念写真、風景などもあり、Tシャツにしてみたい絵柄は千差万別だ。ちなみに僕のは妻の横顔を切り絵で描いたものをアレンジしたものでした。
071222.jpg



追記を閉じる▲

【2008/10/12 00:18】 | 名称未設定_4
トラックバック(0) |

良い記念になりましたね
fusai
新聞に掲載されたんですか~
忘れられない出来事ですね。

奥様がモチーフとはこれもまたお二人の良き思い出になることでしょう。おめでとうございます。

PS:
久々に川漕ぎしてきました。気持ちよかったなぁ。


Hazex
 展示後、Tシャツをもらったら外に着て出てみようと思ってまーす(^^)。

ありがとうございます
湖西美術館実行委員
このTシャツアート展を構想したモノです。

この度は、ご出展ならびにご来場いただきありがとうございました。大変に感謝しております。

誰でもアートをより身近に手軽に表現するには・・・から構想を練ったアート展です。

Tシャツは今週末から順次返送作業をしていこうかと思

っておりますが、数名の有志で作業していますので、お

届けできるまで、時間がかかりますので、ご了承くださ

いませ。

洗濯方法の注意書きなどを入れておきますので、

正しい洗濯方法で、一回でも多く着てやってください!

プリント面にアイロンをかけるとプリントが溶けちゃう

のでご注意を!

では、失礼いたします。



http://blogs.yahoo.co.jp/kosei_bijyutukan




ごくろうさまでした。
Hazex
アート展スタッフ様、ごくろうさまでした。
 200点のTシャツを見させてもらいましたが、出品者それぞれが選んだ絵柄が個性的で、独自のメッセージを伝えられる面白い手法だと思いました。自分のアート作品を表現する方法としてとても身近ですね、また来年以降も続けていただきたいですね。
 また来年も出品できればと思います。

コメントを閉じる▲
 地元の町でクラシックギターのリサイタルがあると妻から誘われたので行ってみた。ミュージシャンはメキシコ人のファン・カルロス・ラグーナさん。クラシックギターの生演奏を見るのは初めて。
081010a.jpg
 曲で知ってるのは「禁じられた遊び」だけで、クラギの曲自体なじみがないので、ロックやジャズなどど違って覚えやすいメロディが耳で捉えられず慣れるのにちょっとかかったが、それも途中からは気にならなくなり楽しめた。ロックやフォークとも違うクラギの奏法は、僕には超絶技巧に見えてしまった。 カルロスさんは1曲終わるごとに立ち上がり、拍手を受け、聴衆に一礼してまた演奏を続ける。僕の視線は彼の右手に留まることが多かったが、なによりギターの生音が素晴らしく伸びやかで美しく、素晴らしい演奏だった。
 
 終演後、CDの即売会には彼の姿が。僕は並べられたなかから1枚を手にとり、彼にサインと握手、そして「I'm glad to hear you」と言葉をかけた。彼はにこやかに、「アリガトウゴザイマス」、と手を握り返してくれた。こんな田舎まで来てくれてありがとう。

【2008/10/10 23:59】 | 名称未設定_6
トラックバック(0) |
 4年ぶりにケータイの機種更新を考え中。毎日、会社が終わってからあちこちのケータイショップに出かけては、あれこれ触ってみる毎日・・・・・。

 4年もケータイを変えないと、まるで別な機械に進化しているのがわかる。電子マネーやチケットレス機能、ワンセグTVが見れる・録れるのも当たり前、ワイヤレスで音楽が聴けたりもする。画面も驚くほど綺麗で精細になっているし、ごちゃごちゃ機能がテンコ盛で使いこなせるのかどうかさえ自信をなくしそう・・・・・。
081008b.jpg

【2008/10/07 22:14】 | -
トラックバック(0) |
 今日は午後から出雲市の古代出雲博物館で「秘仏への旅」展を見に行った。
 出雲、石見地域の寺に収蔵される仏様のなかから貴重な品を集めて展示されています。僕は仏像マニアではないですが、普通の寺では薄暗い奥に安置されていてよく見えませんが、ここではじっくりと表情の隅々まで見ることができました。仏様、観音様らに囲まれると不思議と落ち着きます。
 来週からは、木で仏像を彫るイベントも行われるので、これに行ってみる予定です。

081007.jpg

 同日、博物館の閉館後、ロビーはファッションショーのスペースに様変わり。「古代空間レトロモードショー よみがえる出雲」と称して行われました。僕は特に興味がなかったのですが、まあ、おつきあいで(笑)。
 とはいえ、ファッションショーなるものを見るのは初めて。綺麗なモデルさん達がさっそうと現れてはアッいうまに幕間に消え、かと思うとまた次の女性が登場、なかには男性モデルもいたりして・・・・とめまぐるしく様々な装いを披露してくれました。お客さんはちょっと年齢層が高めのオバ様方が多かったな。男性客は全体の1%もいない・・・・。途中からはファッションよりも特定のモデルさんばかり見てましたね。あの娘は次はどんなの着てくるのかな・・・・とか(^^;)。浮気してるわけじゃありません。

【2008/10/05 21:53】 | 名称未設定_4
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。