上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回はイタリア旅行でしたが、実はもう1国行ってます、それは・・・・・バチカン市国です。ローマ市内の中にある、世界1小さな小さな独立国。統治者はローマ教皇です。
 バチカンへは、地下鉄を使いました。ホテル近くのテルミニ駅からオータビアーノ駅まで。チケットは券売機でなく、路上の売店で購入。というのが変な感じです。
080613a.jpg


サン・ピエトロ大聖堂。
080613b.jpg

ミケランジェロ作のピエタ像。見たかったもののひとつ。


080613d.jpg


大聖堂の内部・・・というか、宗教施設らしい言い方でいえば「身廊」だそうです。

このあと、大聖堂のとなりにあるバチカン美術館に行き、大変な数の芸術品を目にしました。大英博物館よりも展示物が多かったような気もします。ふたりとも歩き疲れてきました。
最後に、ミケランジェロの「最後の審判」を見たのですが、描かれている対称があまりに宗教的過ぎてよくわかりません・・・・。僕ら2人、「最後の審判」よりも、注目してみてしまったのが、建物内部のカーテンでした。どうみても本物に見えるけど、実は巧妙に立体的に描かれていたので、双眼鏡も駆使してみて大いに感心してました。本来の目的と違いますけどね。


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2008/06/28 13:51】 | 小さな旅
トラックバック(0) |
 ポンペイから帰った夜は、「トモコのレストラン」と呼ばれる日本人女性とイタリア人のご主人が経営するリストランテに行きました。正式名称は「TODIN(トゥディーニ)」というようですが。ホテルの近くなので、テルミニ駅からも近い。着いてみると、イタリア人スタッフが、中で食べるか外で食べるかを訪ね、外だというとテーブルをセッティングしてくれます。続いて今度は30歳前後な日本人女性がメニューを持ってきてくれました。トモコさんはお年を召した方のようなので、この女性は娘か孫なのかな?と思いつつも、まあ、いいか。
080612t.jpg

 
 実は前の晩も別なリストランテで飲んで食べて飲んでしているので、僕は白ワインを飲みすぎて帰りのタクシーの記憶がない(笑)。なので、今日はちょっとセーブ気味に白ワインを・・・。料理はパスタを中心にオードブルを。美味しかったよ。でも日が暮れたあとに屋外で食べるのはちょっと寒かったかな?

 食べ終わって、チェックをお願いして待っている間、写真を撮って貰いました。それをちょっと印象派の油絵調に加工してみました。
080612tr.jpg

【2008/06/25 19:30】 | 小さな旅
トラックバック(0) |
 イタリア3日目に、念願のポンペイ遺跡へ。
 ローマから高速列車のユーロスターで1時間半、ローカル線で40分の距離。

 ポンペイはベスビオ火山の噴火により灰や火山礫の下に埋もれてしまった都市遺跡。しかし、現在では発掘も進み、まさに眼前には古代の広大な街が、2000年前そのままの区割りで残っていました。
080612a.jpg

 写真は通りのひとつ。大抵は石畳で舗装されてました。両側には歩道があり、レンガ造りの家屋が軒をつらねていたのです。さすがに屋根はほどんどくずれおちてはいましたが。玄関の門をくぐれば池のあるピロティや居間、台所、奥の祭壇?など日常生活を想起することができます。いまでも「ごめんくださーい」と言えば、誰かが出てきそうな感じもしました。
 


080612b.jpg


 街の広場。街でもっとも賑わう場所であったでしょう。遠くにベスビオ火山が望めます。あの火山が街を滅ぼしましたが、とてもそんなふうには見えない、穏やかな現在の風景です。

 街には世界中からの観光客が来ています。中国語、日本語、英語、もちろんイタリア語も。何箇所かではカメラのシャッターもお願いしましたが、「ノー・プロブレム!」と快く引き受けてもらいました。イタリアのどこでもそうですけどね。僕らもまたシャッターを押してあげたりもしました。おかげさまで、イタリアのどこの観光地でも気持ちよく過ごせました。

 それにしてもポンペイって、日本ではあまり知られていないのかな? 帰国報告で、「ポンペイに行きました」と言っても「?」というのが多いね。新婚旅行で訪れる観光地としては、マイナーな選択だったようです。 でも僕ら2人とも遺跡巡りを満喫できた1日でした。

【2008/06/24 14:57】 | 小さな旅
トラックバック(0) |

おかえりなさい
Woodie
旅行記、楽しませて戴いてます。
旅行は好きでも歴史・史跡より自然の風景の方に
興味がある私ですが、ポンペイは確か大昔
少女だった頃に見た映画「チップス先生さようなら」で
(1969年ピーター・オトゥール主演)チップス先生が
訪れたので知ってたのは、ほんの偶然なのかな??
でも世界遺産ブームなのにね。





てっさん
イタリア旅行、いいですね。歴史の宝庫といったところでしょう。ローマ帝国とかその辺の歴史も結構好きなので、いつか行ってみたいものです。ファルト乗りらしくヴェネチアあたりにファルト持込で。

 ポンペイって結構有名だと思うのですが・・。まあ最近は日本の歴史をほとんど知らない人も多いので仕方ないのかもしれません。

おめでとう
さっくん
ご結婚おめでとう。新婚旅行いいとこに行ってたんだ。うらやましいかぎりです・・・
出雲に巨艦店がOPENしたそうで、今度はそこへのツアーかな?


Hazex
>おかんさん

 チップス先生~の映画は見たこと無いです、どんな映画かもノー知識。レンタル屋に行った時に見てみるように覚えておきます。
 旅行記はホテルの部屋や機中で書いてましたが、まだ記念品とかともにまったく未整理なんです。

>てっさんさん
 カヌーの話題を全然出せないのにコメントありがとうございます。時々そちらのブログ見てますが、あちこち漕いでますね。中海で漕ぐのはいつの日でしょうか~?
 
>さっくん
 ありがとう~。無事、結婚式まで挙げることができました。GWにみんなで会おうって話はどっかに行っちゃったね!? ゆめタウン出雲に来ることがあったら、是非よってってな。僕もまだ行ってませんっ!


中海
てっさん
そのうち必ず行かせてもらいます。今度の連休に鳥取の富浦海岸を漕ごうかと思っているのですが。ご都合よろしければいかがでしょう?でもちょっと暑いのがあれですが。

連休は、
Hazex
 今度の連休というのは、海の日のことですか? でしたら残念ながら家族旅行に行くので・・・・瀬戸内近辺へ。
 ちなみに今度の土日は、海では漕いだことない妻を連れて、夫婦でシーカヤック・スクールで体験レッスンしてもらおうかと思ってます。僕のエルズミアを持っていけば、今年初出撃になるかも?
 鳥取ですかー、いよいよ山陰地方に本格進出ですね。
 最近は、宍道湖を真横に眺めて通勤してます。連日穏やかな湖面です・・・・。

コメントを閉じる▲
 ローマ観光2日目。
 ローマの観光マップを広げると、その中心部と言ってもいいような、パラティーノの丘のふもとに「フォノ・ロマーノ」があります。ローマ市民の広場という意味だそうですが、それはローマ帝国全盛期の話。当時は、数々の神殿が立ち並び、それはそれは華麗な地区であったようです。コロッセオもこの隣にあります。でも今は、その名残を留める建物の一部があちこちに拡がるのみ・・・・・。とは言っても往年の輝きを想像させるに十分なスケールです。

080611a.jpg


 柱が立ち並ぶ建物の前で、どういうアングルで写真に収まろうかと思案していると、どこの国の少女でしょうか、親子連れで観光に来ていたようで、目の前のがれきにピョコンと飛び乗り、両親にシャッターをリクエストしていました。あんまりカワイイので(笑)僕が先にこっそりシャッターを切りました。少女は気づいちゃいませんけど・・・・。 少女がどいたあと、今度は僕ら2人が他の観光客さんの手でシャッターを押してもらいました。

 

【2008/06/18 22:48】 | 小さな旅
トラックバック(0) |
 ローマは、街のいたるところが遺跡だらけ。
道路側面に突然城壁が現れ、
「こっ、これは一体?」
と思ってガイドブックを見ますが、まったくそれらしきインフォはなし。
いちいち記していたらページがいくらあっても足りないのかもしれませんね。
それに、よく見ると、建物に雑草がはえてたりして、
ちゃんと整備されてるのかわかりませんね。

整備するにも遺産が多すぎ?
「さすが世界遺産の街だねぇ?」
とふたりで感心することしきりでした。

 そして、大目標の一つ、古代の円形闘技場「コロッセオ」。
紀元80年の建設です。現在は廃墟の様を呈していますが、
巨大です。少なくとも4万人以上を収容したという、
まさにスタジアムの起源はここにありました。
ローマ文明は2000年も前に現在にも通じる
エンターテインメント・スペースを作り上げていたと思うと、
なんて先進的な文化だろうと思います。

080611d.jpg


 世界中からの観光客。

 080611b.jpg




【2008/06/17 23:20】 | 小さな旅
トラックバック(0) |
 多くの方に祝福いただいた披露宴も無事終えて、新婚旅行はイタリア南部、ローマとポンペイに行ってきました。

 イタリアに着いたのは午後3時過ぎ。いったんホテルに入って、JTBの方にイタリア観光についてレクチャーを受けました。 観光ガイド的な内容かと思いきや、そのほとんどは、旅の道中で危険な目にあわないようにするための心構えに終始。スリや強盗、置き引き、金庫やぶりなどなど、ローマについていきなりこの手の話で浮かれた気分に冷や水気分でしたが、それほどイタリアは治安面においては注意が必要とのこと。旅を安全に最終日まで終えるには最初にこれぐらいガツーンとショックを与えないとダメとうことなのでしょうね。
 (結局、おかげさまで、旅は無事終えています)

torebi.jpg


 イタリアの夜は遅く始まります。当夜は日没が20時45分ということで、5時ぐらいから街角探索に出かけまして、共和国広場?ボルケーゼ公園?トレビの泉まで行ってみました。

 写真は、泉近くの通りの様子。ローマは、通りの至る所にテーブルが置かれて、いわゆるカフェ状態。それは文字通り「カフェ」だったり、高級レストランの「リストランテ」だったり、「BAR」だったりしまうす。世界中から集まってくる繁華街は日付が変わる頃まで賑やかです。

【2008/06/15 20:34】 | 小さな旅
トラックバック(0) |
 披露宴で以下の曲でした。
 3曲以上当たった方には、当家でのビール1万円分の権利を差し上げます(笑)。

 迎賓      ボサノバ
 オープニング 愛こそはすべて  ビートルズ
 乾杯      オブラディオブラダ ビートルズ
 中座      ユア・ソング
 入場      アラジンのテーマ
 ケーキカット ラブ・イン・ザ・ワールド コアーズ
 キャンドルサービス マイ・ラヴ ポール・マッカートニー
      同   シー  エルビス・コステロ
 新郎言葉   グロウ・オールド・ウィズ・ミー ジョン・レノン
 退場      セイリング ロッド・スチュワート
 送賓      ソングブック2  ロッド・スチュワート



【2008/06/09 17:47】 | 名称未設定_16
トラックバック(0) |

おめでとう!
Woodie
披露宴も無事済んで、ハネムーンですか。いいですねぇ♪
退場にSailingは私と同じでしたね(^^)
これ以上ぴったりな曲はないですもん。
帰国して落ち着いたら、ぼちぼち披露宴やハネムーンでの
写真やエピソードなんかをアップして下さい。
楽しみにしています。
Bonvoyage(^^)/

コメントを閉じる▲
 5月31日、土曜日、披露宴の打ち合わせで一畑ホテルへ。3時の待ち合わせ時間までホテル内にあるカレーショップ「ピオニー」で遅い昼ごはんを。
 ここはカレー専門店ではありませんが、カレーのメニューが充実しているので、ホテルに行く機会があればたいてい立ち寄って食べてます。
 
080601.jpg


 写真はシンプルカレーの品々。800円で、カレーは別の器(名前知らん)に入ってきます。ヤサイジュースとサラダがついて、さらにトッピングで6皿の中から自由に取って選べます。
 ルーはちょっと辛目。でも美味しいです。どこかの●番屋よりはお薦めです。


********以下、一畑のホームページから*********


本格カレー ....... ¥800?(税サ込)
ホテルで味わう「本格カレー」をお召し上がりください!

 全てのカレーに
  グァバジュース、サラダ付き!!

● 特選ビーフカレー   ¥1,200
● 蒸し鶏と旬野菜カレー ¥1,200
● あさりのタイ風カレー ¥1,000
  (ココナッツ風味の甘辛いサラサラしたルーのカレーです。)
● シンプルカレー    ¥800
  (野菜の具がとけ込んだルー御飯のとてもシンプルなカレーです。)
  
   
カレーの《トッピングは全6種類》
福神漬け・らっきょう・チーズ・レーズン・ゆで卵・パイナップル
※ごはんの量は、220gと280gからお選び下さい。

 



追記を閉じる▲

【2008/06/01 19:58】 | 小さな旅
トラックバック(0) |


Woodie
Hazexさん、こんばんは。
いよいよ華燭の典が近づいてきたようで、彼女さんは
ジューン・ブライドですね(^^)

さて、Hazexさんが料理の写真をブログに載せるのは
滅多に無いから慣れていらっしゃらないのでしょうけど、
(食べかけでも構わないけど)出来れば食べる前に写真を撮ってね(^^)

私もブログを始めた頃は、料理が運ばれてくると
食欲に負けてブログの事を忘れて食べちゃって
途中で「あ、写真!」って気づく事しばしばでしたけどね。

まさか、ご自身の披露宴のお料理は写せないでしょうけどね(^^);;


男はジューン・ブライドとは言わないの?
Hazex
 食べてる途中は綺麗じゃなかったですね、すんません。次回からは食べる前に!
 披露宴の料理は、、、、試食したら美味しかったですが、本番では食べてる余裕がないとか? むむむ。
 準備の追い込みで眠たいです。

June bridegroom?
Woodie
そう言えば、花婿って英語で何て言うんだろう?
調べてみたらbridegroomっていうらしいです。
同じ「花」が付いても披露宴では所詮花嫁の添え物。
どうしても主役は花嫁ですねぇ(^^)

Hazexさんはお料理食べられるんじゃないですか?
20数年前、私の披露宴の時、食に貪欲な夫は料理を残さず食べ、
お酒もしっかり飲んでましたヨ。
お色直しで振り袖を着た私は、振り袖を汚したくないし、
花嫁が大口開けて食べるわけにもゆかず、
二次会の会場で出されたサンドイッチ等を食べるまで
ずっと飲まず食わずでした(涙)

出来れば、食べやすく切り分けて花嫁さんに「あ~ん」って
食べさせてあげたらいかがですか?
(ウチの花婿は、そいういう気遣い全く無かったもんで)
花嫁を思いやる花婿、株が上がりますよ!(笑)



終わったよ。
hazex
 披露宴も土曜日に無事終了しました。料理は、少し食べましたよ。やっぱりゆったり食べてる時間はないですね。多くの方の祝辞や歌の間に主賓がムシャムシャしてるわけにいかないですからね、合間合間に。
 
 明朝の出発を控えて、今日は大阪どまりです。あんまり早く着きすぎて、さっきまで部屋でゴロゴロ・・・・でもゴロゴロするのって、とてもひさしぶりで新鮮です。


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。