上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 1日聴いたと言っても、そりゃ冗談で、仕事中を除く車内とか自宅で聞いていたというだけのこと。でも仕事中も鼻歌歌ってたから、同じようなものだけど。時々あるんだよね、ストーンズばかり聞きたくなる時期がーーーー。

 朝からブラウン・シュガーをボリュームあげて目覚まし代わり。朝のウォーキング中から帰り際にマンションの隣が出勤するのが見えたので、もう遠慮なく大音量(笑)。ブラウン?と言ってもオルタネイトバージョンのエリック・クラプトン参加のやつ。リードGで入ってオリジナルよりもハードロック然としていてより良いかもしれない。ブートレグでしか聞けませんけど。
071127.jpg


 帰宅してから今聴いてるのはコレ。73年ツアー初日のライヴ音源。スタースターとか100イヤーズとかシルバートレインとか珍しいのが入ってるのがミソ。音質最高じゃないけど逆にそれが生っぽくで好き。ライヴ会場だって反響したりでクリーンに聴こえることなんてあまりないからね。低音がグングン響いてくるんでこれはこれで雰囲気最高です。 
welcome.jpg


 さてこのあとは何聴こうかな?。今日はまだまだストーンズだな?。
スポンサーサイト

【2007/11/27 20:22】 | ロック!
トラックバック(0) |

73年最高!
アオイハナ
分厚いキースのコード・カッティングに、
天を流れるようなテイラーのリード。
ストーンズ・サウンドの一つの頂点を極めた頃ですね。この頃のブートはどれも音質よくないけど、
買ってしまうのだなあ・・・。
マスター、ぼくの土日はフーでした。
友人に借りたワイト島のでDVDで盛り上がって・・・。
そんでYOUTUBE上で
ネット・サーフィンしてたら
偶然、ロニーの歌う「ウー・ラ・ラ」にヒット。
ジャグ・バンド風のアレンジで切なくてほろ苦くて
素晴らしい出来で、最後には踊り子さんまで出てきて・・・。
心底楽しそうなロニーとスリム・チャンスを見て
すっかり涙。
この感動を解ってくれるのはマスターしかいない(笑)と思い、
思わずカキコでした。すんません、失礼しました(笑)。



ウーララでカンカン
Hazex 
 音のいいブートはありますよ、73年は。有名なナスティミュージックとか。僕は「ブリュッセルアフェアー」というので満足してます。
 ロニー・レインの歌うウーララですか・・・・。僕も探して見てみたよ! おぉー、74年の映像ですね。ドブロギターでコードを弾いてますね。さすがに全然元気だなあ。この時期はまだフェイセズも存在してるのに、一緒にプレイしてないんだなぁーなんて感傷も感じつつ、プレイは見入ってしまいますね。踊り子?いつ出るの?なんて思ってたら最後の最後に1名!あはは、ほんとにカンカンダンスだ(笑)。どこかで見たことあるような女性だけど、奥さんだろうかなあ???

コメントを閉じる▲
 安土桃山時代の絵師、狩野永徳展が京都国立博物館にて行われいるので行って来た。永徳が残した作品が一同に揃うのは初めてで、しかも当日は最終日、10時半に着いたとき、既に70分待ちの行列がー。

071118c.jpg


 あまりに人が多くて、じっくり見て廻ることはできませんでしたが、待望の本物を見れたという感慨は残りました。
 最も印象的なのは、「唐獅子図屏風」で描かれた、巨大な、まさに大迫力の獅子でしょうか。あんなに大きいとは・・・・渦をまくタテガミに、400年を経過しても尚放つエネルギーを感じました。
 また、じっくりと見てみたいのは「梅花禽鳥図」。墨の濃淡や筆致の書き分けに、その勢いに、ただただ、凄い、の一言。
 
 071118b.jpg

 見終わった後、足を伸ばして、東福寺の紅葉見学。こちらも人手が多かった。と言っても閉門間際でしたので、あわただしく見ましたが、いやあ、紅葉とはこういうものをいうのでしょうねぇ。綺麗です。写真で改めて見ると本当に綺麗です。最高の写真を見せられないのは、残念ですけど。
071118a.jpg



追記を閉じる▲

【2007/11/20 22:39】 | 小さな旅
トラックバック(0) |
 まだちょっと見ただけだけど、宝の山、宝の箱状態。
 これから見てみよう。眠くなるまで見てみよう・・・・。
ポール・マッカートニー・アンソロジー 1970-2005 (初回生産限定特別価格) ポール・マッカートニー・アンソロジー 1970-2005 (初回生産限定特別価格)
ポール・マッカートニー (2007/11/14)
WARNER MUSIC JAPAN(WP)(D)

この商品の詳細を見る

【2007/11/15 01:08】 | ロック!
トラックバック(0) |

So Bad
kuro
自分も買いました。まだ全部見たわけではないけれど、昔好きだったビデオがSo Badです。昔、ベストヒットUSAで見ていいなあと思ったのです。ポールのベース演奏もしっかり見れますし、リンダのリラックスした表情も見られます。なんというかビデオから伝わるアットホーム観が好きでした。22~23年ぶりに見て、本当に懐かしくなりました。ポールって、やっぱりリンダが好きだったんだろうな。ビデオコレクションを通してリンダの不在を改めて強く感じましたね。当たり前ですが、コレクションとして見た場合、変にストーリー性がある物よりもポールがしっかり映っているものの方が見ていて楽しいですね。PS Say Say Sayのマイケル、この頃は人間っぽさがあるいい表情をしているんですね。


アンソロジー
Hazex 
 kuroさん、こんばんは。 Cafe Ooh La La の方でプロフィール登録いただいたkuroさんですよね?

 ポールのDVD、僕もまだ1枚目しか見れてません。初めて見るプロモが多くて、なかなか先に進めません(^^;)。Sobad、僕も好きですね。ポールら3人(4人だったかな?)の頭上からのアングルで歌うシーンが好きですね。DVDではまだ見てませんがー。

>やっぱりリンダが好きだったんだろうな。
 ハート・オブ・カントリーの映像、これいいですね。只々ラヴラヴのシーンの連続ですが、なんとも幸せ感にあふれていて、マネしたくなります(笑)。
 マイケル、この頃は人間的でいいすね!このままでいてくれたらよかったのにねぇ。

うわあ!
アオイハナ
マスター、こんちは~。
いやいや今日知りましたよ。
仕事忙しくて音楽関係のニュースなにも見てなかったから。
このブログと立ち読みしたレココレで知りました。
ビックリ。唖然。明日急いで買わないと!
自分はディスク3が気になるなあ。
画像データとしては
NHK放映のビデオ録画しか持ってないから。
早く堪能してみたい!
マイケル関係は先日、うちの小4のボンズが
学芸会でスリラー踊りました(笑)。
担任の先生、ぼくら世代だしねえ~(爆)。

ウイングス
Hazex 
 アオイハナさん、こんばんは。もうマスターじゃ、ないんですけど・・・(笑)
 にしても、知らんかったとですか!? ダメですねぇ(^^;)、ファン失格直前ですよ。でも明日買うならギリギリセーフかな?
 DISC3、僕は今日見ました。ウイングスライヴは僕もTV放送時の録画テープは持ってますが、もう何年も見てませんでした。DVDはダイジェスト版とは言え、最初から最後まで、釘付けでしたよ、TVの前に。やあ~、すごいなあ。明日は友人と一緒にDISC2を見る予定です。

コメントを閉じる▲
 ここんとこしばらくロッド・スチュワートから遠ざかっていた。フェイセズも全然聴いてない。他のアーティストを聴くだけで満足って感じ・・・。ミック・ジャガーやS・ニックス、借りてきた佐野元春で盛り上がってるし、いいジャズ・ピアノ曲も見つけた。以前から聴きたかったアース・ウインド&ファイアーも聴いている。でもなんかな、足りないかな?という気持ちもどこかに・・・・。

ザ・パーフェクト・コレクション ザ・パーフェクト・コレクション
ロッド・スチュワート、 他 (2001/12/19)
ワーナーミュージック・ジャパン
この商品の詳細を見る


 
 たまたま車にロッドのベスト盤を積んでみた。たくさんCDを用意する中でその中の1枚。上記の2枚組ベスト。一応置いてみるか、という感じ。結局聴かなくたっていいや。いつもの曲だし。ところがそれを友達が聴いてみたいと言ってCDトレイに入れた。

 ♪♪♪♪?

 あれ?この曲いいんじゃない?、、、、聴きなれてたはずなのに。なんか今すごくしっくりくるぞ。次の曲も、、、いい。こんなに良かったっけ?この曲。そうか、この歌がいいんだね、歌が。それを受け取る僕の気持ちも少し変化したのかもしれない。ロッドの歌が以前よりも違った形で響いてくる気がする・・・?
 
 いい曲はたくさん聴いてる、十分だ。でもいい歌が足りなかった。・・・・。そう、ロッド・スチュワートなのだ。





追記を閉じる▲

【2007/11/11 23:35】 | ロック!
トラックバック(0) |
 日曜日は6人でハイキング。広島県と島根県境に近いところの立烏帽子山に登ってきました。標高1299mの山。と言っても1000mぐらいまで車で行けるのですが、尾根伝いに結構歩きました。
 これは立烏帽子山の頂上です。
071104a.jpg

 周辺はブナの純林地帯で、巨木もありました。
071104c.jpg


 紅葉も各所で楽しめました。
 071104d.jpg


見えるときにはここから大山、宍道湖、三瓶山まで見えるそうです。僕の目にはほとんどわかんなかったなあ。
 071104b.jpg



追記を閉じる▲

【2007/11/06 23:59】 | 小さな旅
トラックバック(0) |
 11月3日は晴れの特異日、つまり、なぜか晴れることが非常に多い日だとかー。その通り、今日の江の川は好天に恵まれて、風もなく、穏やかな秋の1日でした。カヌーの里からの1日ツーリングを、カヤック初心者さん1名、カヌ里スタッフさん1名、僕、の3名での短いながらも充実の旅でした。

 きらめく陽光の中出発。まっすぐ漕げるかな?? スタート直後なのにもう汗だく? ちょっと心配です・・・。
071103c.jpg

 
 スタッフさんの完璧なサポートの下、瀬をおそるおそる下ってみます。が、あらら、ちょっと横になったりして、、、! でも大丈夫、大丈夫。何度か漕いでるうちに旨くコントールできるようになりますから。
 沈もせず、無事に漕ぎきった初心者さんでした。
071103.jpg



 にしてもスタッフさんの乗るカナディアン。大河、江の川の風景とベストマッチ、見事にはまってます。あれで下るのもいいなあ?。今度は漕ぎ方を教えてもらおうー。
 071103b.jpg



追記を閉じる▲

【2007/11/03 23:01】 | 江の川カヤックの旅
トラックバック(0) |

ふ~
fusai
記事とはわかっていながら緊張しました^^;
初めての漕ぎは沈必至でしょう~。すごいですね。
ノー沈とは。最初の2,3回は毎回祖沈をしていた自分です。

カナディアンもいつかは漕いでみたいです。シングルパドルのさばき方があるんですよね。確か。
ゆったり下るのもいいものでしょう、きっと。

 晩秋
Hazex 
 緊張?!させちゃいました(^^;)? そりゃどうもー。
 僕も初めてのツーリングでは1回やっちゃっいました。ちょっと期待してた鮭の遡上はまだでしたが、当人はとても水中を眺める余裕はなかったようです(笑)。

 カナディアンは来年のお楽しみになるかもしれませんね。


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。