上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 松江市に新しく出来たライヴスポット「ユーラス」でマーティン・ギターのみを使ったライヴがあって行ってきた。プレイヤーは斉藤誠さん、そして渡辺香津美さん!
松江でこんな豪華な組み合わせで、しかもマーティン・ギターをプレイするアンプラグド・ライヴだ。前売り券を買って会場に足を運んだ。

06300001.jpg


 最初に登場したのは斉藤誠さん。いきなり「石見銀山世界遺産登録」の新聞号外を手に登場、会場の喝采と笑いをあびて、場はなごやかに始まった。オープニングは当ライヴのテーマとも言うべき「きらめきの街へ」。マーティンの煌くような響きと斉藤さんの優しいボーカルが心地よい。ここでステージは渡辺香津美さんと交代して、氏がソロで登場。

 1曲目はビートルズの「アクロース・ザ・ユニバース」のカバー。渡辺さんのプレイってちゃんと聴くのも見るのも実は初めて。アコギってなんなに弾きまくることができるんか・・・・というぐらい密度の濃い激しいプレイ。でもちゃんと美しいサウンド。

 2曲目は王子製紙にインスピレーションを得たという「ペーパーブルース」。氏曰く、「この曲のどこがペーパーなんだ?と言ってもそれがブルーズってもんだからね」というようなおとぼけなコメント(笑)。

 それからエスニックな「スペイン」、チック・コリアのカバー曲、ツッペリンの「天国への階段」では氏自身のプレイを録音したものをバック流しながら主にボーカルパートをプレイ。などなど、超絶なテクニック(僕にはそう見える)を披露しながらプレイは1時間ぐらい続き、ここでまた斉藤さんにバトンタッチ。
 
 斉藤さんは香津美さんのような技巧派プレイではありませんが、フォークタッチの優しい歌詞を歌いながらギターも繊細に、時に力強くプレイするスタイルでした。2曲目の「ゆるして」の歌詞が心に響く。あー、独りで聴くのもったいなかったなあー。さらに近々発売になるというCDシングルから2曲を披露。まだ販売用CDがないというのを笑いながら悔やんでおられました。

 マーティン・ギター主催ということでステージには何本も並んでおり、渡辺さんも斉藤さんも1曲ごとにとっかえひっかえ、チューニングも全部御自分で(!)やられてました。ヘッドに指すような形のチューナー、初めて見るなあ、新型なのかな?

 初めて扱うギターについても「かっこ悪いピックガードだね」「ボディー横のこの穴はお客さんには無意味だね」「7弦ギターって初めて」「初めて弾くからチューニングを変えると元に戻るか心配」などなどプレイヤーからの正直なコメントも場を盛りげておりました。

 途中、出雲市の高校生が斉藤さんとクロスロードをセッションするサプライズ(?)も。ギターを始めて3年とか。旨いなあ・・・・・。
 
 最後に両氏が3曲をセッション。ベンチャーズナンバーのメドレーなど「リハなしでもやれるもんだね」と香津美さん。「評論家の萩原健太さんの結婚式でやって以来です」と斉藤さん。いいものを聴かせてもらいました。

 おまけに、会場で両氏のCDを買った人へのサイン会までありましたので、僕も斉藤さんの「ゆるして」が入ったCDを買って、盤にサインと握手してもらいました。詩の内容に共感しました、と伝えると、「男はみーんなそうですよ」との回答。なるほど。
  
 2時間ちょっとのライヴでした。外に出ると雨がシトシト降ってましたが、心はマーティンギターの音色が残り、清清しい気持ち。
0630.jpg



追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2007/06/30 23:54】 | ロック!
トラックバック(1) |


ララル♪
この、CDをお買い上げされたんですね~
素敵な最後も超良くないです?
Waltz In Blueも入っていますしね~
ってか、そこにサインいただくって考えましたね
  あたしは斎藤サンに「どこにします?」って
聞かれたんだけど
あたしもディスクにしてもらえばよかったですー
 
それにしても熱いライブでしたね。
もういっかい斎藤誠&渡辺香津美さんコンビで
ライブやってほしいですねー


Hazex 
 ララルさん、コメントありがとうございます。

>素敵な最後も超良くないです?

 余韻の残る歌い手ですね、斉藤誠さんは。曲間のトークも面白いし、また一人、気になるミュージシャンができて嬉しい限りです。
 サインを盤にお願いすると、斉藤さんちょっと驚かれて、「それで見えるの?」って言われるから、僕がわかればいいんですと伝えると、盤の文字にサインがかからないように丁寧に書いてくれましたよ。

コメントを閉じる▲
 島根県の日本海海岸にはどうやら多くの海岸洞窟があるようです。正式には海食洞窟と言うそうですが、ここ温泉津町にも大きな洞窟がありました。カヌーの郷のホームページでその存在を知ってから是非行ってみたい、くぐってみたい場所でした。

0623k.jpg


 それがこれです。櫛島湾を出て東に向かうこと30分足らずの日祖湾の西端にそれはありました。名前も付いていたようですが、忘れました・・・・・。でもようやく念願がかなってとても嬉しいですね。雨のため、あまり漕ぐ時間がつくれなかったツーリングですが、これをくぐれたことで全て吹き飛びましたね(笑)。

 まあ、加賀の潜戸に比べればあっという間にくぐれてしまう短い洞窟ではありますが、どうしてシーカヤックに乗ると洞窟くぐりってワクワクするんでしょうね(笑)?

 
 というわけで、櫛島キャンプ2日目は、未明の土砂降りから始まりました。テントで寝てても降りしきる雨音に起こされて熟睡には程遠く、午前中は天候の回復を待ちつつ遅い朝ごはん。

 お昼前に少し止みましたので、腹ごなしにツーリング出発。Hさんはご自身で採られたボベ貝を調理するということで、UさんとNさんはタンデムで、僕はニンバスのシングル艇を薦められました。風もやや強いため、ラダーがあったほうがよいということでしょう。

0623g.jpg
 
 にしても、リジット艇って安定するなあ・・・・。ファルトだと水の水面抵抗を感じるんですが、ほとんど舐めるようにスイスイ行くんですねぇ。ラダーも使ってみると、この前方向維持に四苦八苦したことがなんだったのか?というぐらい楽・・・・・。なんだか、嬉しいような悲しいような。

 波も1?2mぐらいはあるのかな?
0623h.jpg


 日祖港にはもうひとつ洞窟がありました。それは山腹に向かって伸びているので突き抜けてはいないんですが、隠れ家みたい感じでこれもまたよし。
0623i.jpg

0623j.jpg

 洞窟の奥からNさんたちのタンデムを眺めて。

 帰路はほとんど正面から押し寄せる波を突っ切っていくサーフィン気分。艇の舳先が波をたたきまくって爽快爽快。タンデムは長いから余計に舳先が浮いて面白いかも。
0623l.jpg

 
 2日目は1時間ほどのショートツーリングでしたが、見たかったものが見れて満足。また、Hさんがボベで炊き込みご飯をこしらえてくださり、これが美味しい。最後まで平らげさせていただきました(^^)。ご馳走様でした。
 午後はまた雨が激しくなり、雨の中、テント撤収などして3時には解散です。皆さん、お疲れ様でした。ありがとうございました。
 


追記を閉じる▲

【2007/06/25 23:42】 | 海カヤックの旅
トラックバック(0) |

やっぱり海は良いですね
fusai
ツーリングも食事もしっかり楽しまれたようで♪
そろそろ僕も出撃したい思いに駆られております


Hazex 
 海は良いですねぇ。ラダー購入へも1歩前進です。
 天気には今回もまた振られましたが、これもサプライズ・ゲストだと思って楽しめました。
 fusaiさんの出撃リポートも楽しみに待ってますよ。

コメントを閉じる▲
 夏至を迎えた翌日の23(土)、24(日)の両日で温泉津町・櫛島キャンプを拠点に、「カヌーの郷」企画のキャンプツーリングに参加しました。
 土曜の午後3時集合でしたが、僕はできるだけ漕ぐ時間を作りたいので、早めの12時半には到着。正式には7月1日に今期がオープンするキャンプ場には当然誰も居らず、ただ、黙々と草刈をしている方のみ・・・・・。と思ったら、それがカヌ郷スタッフのUさんでした(笑)。

0623b.jpg


 本日の参加者は、浜田市からHさん、広島の五日市からNさん。スタッフのUさんとで計4人のこじんまりキャンプ。でもこれぐらいがそれぞれに話しやすく一つの話題で盛り上がれるからちょうどよいね。
 皆でくつろげるターフを中心に各人がテントを張りました。

 櫛島キャンプ場は櫛島が抱く入り江に面しています。ここは常に穏やかで浅い湾になっています。櫛島のとなりの岩山の展望所からの眺め。
0623a.jpg
          ※拡大すると右中央でHさんが漕いでいます。

 5時前になって、少しですが4人で漕ぎに出ました。さすがに夏至の翌日だけあって夕方が長い長い。


 ある時、Nさんの漕ぐカヤックの後ろから怪しい男が水面から忍び寄ってきました! 
0623e.jpg


 と思ったら、人間ラダー役を買って出たカヌ郷スタッフのUさんでした(笑)。サービス精神が旺盛なのですねぇ(^^)。本当はその日の晩御飯用の食材を潜って探していたのです。
0623f.jpg


 夜は皆でターフ下のテーブルを囲んでUさん調理のパスタなど食し、アルコールも大量に投入(笑)しながら歓談。僕はそこそこにウーロン茶へシフト(眠くなるからね)。月夜で風もない穏やかな夜でした。
 さらに場所を海岸の岩場傍に移し、日付が変わる頃までイカ漁の漁火を眺めていました。20艘はいたでしょうか。数100m?数キロは沖に停泊しているのでしょうが、あまりに煌々と明るいのでそこまでカヤックで漕いで行こうかと思ったほど。写真とっときゃよかったなあ・・・・・。

 こうして1日目は過ぎて行ったのでした。

                      つづく


追記を閉じる▲

【2007/06/24 23:25】 | 海カヤックの旅
トラックバック(0) |

なるほど~
fusai
ひたすら楽しさが伝わってきます。
この後どうなるのかな~

コメントを閉じる▲
を再び温泉津町の櫛島で行う予定です。
が、土曜は40%、日曜は40%と、やや雨の予報。今現在も外は土砂降り状態で、、、、雨ん中ではやりたくないなあ・・・。
 写真は先月の、快晴&ウネリ波ありのなかで行ったツーリング。これまで僕が日本海で漕ぐときに、快晴&凪だったのは5回中1回だけ。これじゃー瀬戸内が好きになるわけです(笑)。
 
0520e.jpg


*************************

 エルズミア480を購入するのにとても参考になったOrioさんの「Orio Homepage」とリンクさせていただきました。エルズミアやカナディアンカヌーによる出撃リポートが沢山読めます。

elsmere480.jpg


【2007/06/22 08:46】 | 海カヤックの旅
トラックバック(0) |
 レココレの今月号、ベスト100の80年代編ということでしたが、
選ばれた100枚中、僕が持ってるのは、たったの4枚!ということで、
ランキングに親近感が全くわかず、今月は購入見送り! ブリティッシュ・インベンジョン?で洋楽ロックの洗礼を受けたものとしては、あの人もこの人も、あのバンドも入ってないなっては、もうどうでもよいのだ。ミュージック・ライフで同じ企画やったほうが自分の気持ちに近くなるんだろうかなあ・・・・。
 でもちゃっかりピーター・バラカンさんのフェイセズについてのエッセイは立ち読みさせてもらいました。 


 で、代わりに購入したのが、ローリング・ストーンズの日本版。今月はジョニー・デップとキース・リチャーズの親子(?)トーク。まだ映画は見てないけど、いい空気が2人の間に流れてます。

 また、同誌では「世界を変えた伝説の40曲リスト」の特集も。各曲ごとに
「世界がこの曲を必要としたわけ」
「この曲が重要だったわけ」
「この曲がなければありえなかったもの」
の3つについて述べてあり、
はっきり言って、レココレでのコメントよりずっと面白いし、ためになる。ランク入りした曲の妥当性についても意表をついて楽しめる。

0618.jpg


【2007/06/18 23:09】 | ロック!
トラックバック(0) |

ご報告まで
fusai
当ブログの070623ネタとして、こちらをお借りしました。連絡が遅れましてスミマセン。

追伸:キャンプレポート楽しみにしていま~す


Hazex 
 いや・・・・別に許可を得るようなことじゃないと思うんですが? どんどんネタ引っ張ってください(笑い)。

コメントを閉じる▲
 桜が咲き始めた頃に思い浮かんで、ようやく製作開始。
0616k.jpg


【2007/06/16 19:48】 | 名称未設定_14
トラックバック(0) |
 買ったり、買わなかったりのポールの新作。今回は買ってみましてたが、結構良い。最初はポールの声の衰え、ドライでどこか無機質な感じのアレンジに、評価はしにくかったのですが、特に捨て曲というのもなく(変にセンチメンタル過ぎるとスキップする私)、車の中でなんとなく聴いてると、さすがはポール、いや、ポールのメロディで育った私はいつのまにかメロディを口ずさんでいるのですね、2曲目の「エヴァー・プレゼント・パスト」を。

 そうなると、もう他の曲でもメロディが耳に残り始めました。声も気にならなくなったし、いや、特に老けてるとも思わなくなってきた。結局、いつものポールの声でポールらしいメロディが楽しめています。それに今作は口笛がとてもいいところで使われているのもポイント。

 ニューヨークではシークレットギグもあったようですが、その選曲リストを見ると、新旧織り交ぜてあって、なんだか絶妙、僕好みな・・・・・・。ひさびさに行ってみたくなってきた、ポールのライヴ。
0617v.jpg


【2007/06/16 15:36】 | ロック!
トラックバック(0) |

う、ん..
fusai
声の衰えを感じると何だか自分のことのように・・ひっかかるのです。ディランの近作を聴き、同様に感じたことがあります。細い、パワーレスな声。でもそれはそれで「今の作品」なわけで。創っている本人はそれもそれとして、表現しているわけで。聞き手も育たないといけないなぁと何だか思っています。

年相応?
Hazex 
 声の衰えというか、変化はアルバムごとに徐々に顕著になってるような気もしますが、本人の中身、音楽の志向性は変わってないようなのでファンとしては安心して聴いていられます。
 全米初登場1位だそうですが、そんな前評判を知らなくても良い作品です。ジャケットアートも気にいってます。

え!?全米1位?
アオイハナ
すごいですね。そんなにいいのかあ。
口笛かあ。
ポールのソロは数年遅れでも揃えているし、
リンゴもできる限り、輸入盤でも買っているのですが、
なんだか今回は前評判が高いだけに懐疑的に
なっていました。
今回は、それじゃあ、タイムリーに
聴いてみようかなあ・・・。
声に関してはディランもポールも
旧譜を聴く機会が多いからでしょうかね。
だから、1,2回、現作品を聴けば
気にならなくなる。
久々の人との対面と一緒ですよね。
記憶の声で印象残っているから。
でも、しばらく話すと普通に思っちゃう。
ああ、違う違う、ぼく、
ビーチ・ボーイズの新譜で
お祭りになっているのでポールどこの話じゃない
と書こうとしたのでした(笑)。


インスピ
Hazex 
 評論家の言うことは当てにならない、と思ってます。信じるのは自分の感性のみ・・・・・。あの人らは音楽を売るために褒めてるだけですから。毎回毎回、「ここ10数年では傑作!」なーんて言ってますからねぇ。
 数ヶ月たってもアオイハナさんがポールの新作が気になるようならきっとアルバムが呼んでいるんでしょう。その時こそはどうぞ(笑)!

コメントを閉じる▲
 JR三江線(広島県三次市?島根県江津市)が今日全線復旧を果たした。昨年の7月豪雨で路線各所で土砂崩れで通行不能となっていたが災害から1年を前にして復旧にたどり着けたのは喜ばしいことだ。
 
 思えば昨年の7月に三江線を使ったカヤックツーリング『どこまでいけるかダウンリバー』をやってみたが、桜江町まで下ったところで雨のために中断せざるを得なかった。結局、その雨がそのまま降り続き、記録的な豪雨つながったのだから、今回の復旧もなぜか我がことのように嬉しい気持ちだ。
 
 復旧を祝して復旧当日の今日にでも江の川でダウンリバーをやろうかとも思ったが、寝坊してしまったので(江の川まで車で3時間かかる)、やめました。
 0617b.jpg


【2007/06/16 15:14】 | 江の川カヤックの旅
トラックバック(0) |
 Woodieさんのサイトより、“「ロックの日」について書けっ!”という命令をいただいたので書きます。

 どうやら昨日(6月9日)はロックの日だそうで、全然知らんかった。いやそんなの一体誰が決めた?そんな語呂あわせなんだから、日本国内限定だよね?ロック史的にも特にイベントも・・・・。ジョン・ロードやレス・ポールのバースデイではあるらしい(CDジャーナル

フラッシュポイント フラッシュポイント
ザ・ローリング・ストーンズ (1999/06/30)
東芝EMI

この商品の詳細を見る
 そういや昔々、キヨシロウらがタイマーズ引き連れて、「ロックの生まれた日」とか言ってライヴやってたな。あれは何日だったんだろ?高野寛や細野さん率いるHISも出演してたな。

 もし今から決めるなら、ロックの発展の上での最重要アルバムの発売日とか、ビートルズが全米1位を初めて獲った日、プレスリーが生まれた日・・・・、チャック・ベリーの方がいいかな? それともウッドストックの開催日、、など思いつきますね。

 え?「ロックの日」についてじゃなくて、「ロック」そのものについて書くの? 僕にとってのロックって何かな? 特にロックだけを選り好んで聴いてるわけじゃないし、最近はジャズの方が多いし・・・・・。それはともかく、ロックはロックンロールから発展して反体制、アンチ旧世代、若者文化、平和主義、など色々な意味づけをされて今日に至っているわけですが、要するに活動の源、時代時代、リスナーによって生きる道を提示してくれる道標的な役割は普遍ではないかと。ジョン・レノンに人生を教えてもらったとか、パンクを聴いて人生が変わったとか、ミスチルを聴いて生きる勇気をもらったとか、、。

 僕にしてみれば大学時代にビートルズを聴いて彼女に告白する気持ちになったとか、東京ドームでストーンズを聴いてバンドを組んでみたり、フェイセズを聴いてホームページを作ってしまったり、切り絵のインスピレーションを多々いただいたりしてきました。ロックを聴いてなかったら生き方も少し違っていたかも?   

 んで、今は影響を受けたロックなアルバムのひとつ、フェイセズ!のBOXからDisc3の後半を聴いてます。僕にとってフェイセズのロックとはライヴであると言えます。ビートルズ、ストーンズとならんで、今も枯れないエネルギーを頂戴しています。
Five Guys Walk into a Bar... Five Guys Walk into a Bar...
Faces (2004/07/20)
Warner Bros./Rhino
この商品の詳細を見る


 「ロック」について、次回はfusaiさんか、アオイハナさんに書いてほしいなあ、これ見てたら(笑)。
 


追記を閉じる▲

【2007/06/10 12:44】 | ロック!
トラックバック(0) |

勘弁して~
fusai
あまりにも観念的なので・・難しいお題です。

なんというか・・こう盛り上がってくる気持ち?
これがロックなのですねぇ。僕の場合。
だから生の演奏がグッと来ますよ、僕も。
インロックよりライブインジャパンだし(DeepPurple)^^;、My GenerationよりLive at Leeds(THE WHO)なのです。なんのこっちゃ?
バンド関係者に「何でライブなの?俺はスタジオ盤がいいね」なんて言われたこともあるけど、何というか「がーん!」とくるのがロックかと。そう思うわけです。ロックの出会いが「子供ばんど」のライブだったとか「RCサクセション」のサマーツアーコンサートだったとかも影響しているかもしれません。
最近ライブにも行ってません。最後に完全燃焼したのはおそらくブルーハーツの2ndアルバムのツアーです。最前列ど真ん中のチケットを(コネで)手に入れ、ヒロトの唾が飛んでくる、マーシーが2m暗い前で弾いている状況の夜でした。

・・・
語ると長くなるのがわかりました。やっぱ僕には無理ですわ。(一晩じゃ語れない)

人生ですなあ、やっぱ・・・
アオイハナ
う~ん・・・、ロックとは・・・?
やっぱ、マイライフですわ~。
聴くだけがロックじゃないな。
聴いて、詠んで(歌詞)、感じて(ライブ)、
観て(DVDとか)、読み調べて(ロック本)、
集めて、触って(ジャケ)、
匂い嗅いで(アナログ輸入盤・笑)、
書いて(ロック原稿)、飲んで語って(ロック友達)、
つながって(マスターも)・・・、
そうして生き方とか衣住食とか嗜好とか
人生全ての底にロックがあるのである。
中2でビートルズに出会わなかったら
今のぼくはない。人生も家族もない。
あ、やっぱ、一晩じゃ無理ですわ(笑)。


Hazex 
 お二人様、勝手なリクエストに答えてくださりありがとうございますm( )m。
 
>fusaiさん
>こう盛り上がってくる気持ち?

 いやあ、わかります、その高揚感を与えてくれますね、ロックは。CDやレコードを聴いてるだけだと絶対わからない臨場感、目と耳と地面や空気を通して伝わってくる響き、これはもうライヴのもんです。僕も東京ドームでストーンズ見てなかったらストーンズファンにならなかったかもなあ。

>最近ライブにも行ってません。
 川と海で忙しくて・・・・・(笑)? 僕は今月、今年初めてのライヴに行きますよ。斎藤誠さんと渡辺香津美さんのジョイントアコースティックライヴです。松江であるんですよ、嬉しいことに!


>アオイハナさん
>マイライフですわ~。
>聴いて、詠んで・・・・・・・

 いやあ、さすが国語のティーチャー、形容の仕方が上手いですね!もうそれ以上加えることってないですよ。ロックって総合カルチャーってとこありますよね。いろんな切り口で楽しめる・・・・・。あ、僕は切り絵を創るんで、「創って」が加わるかなぁ?

>飲んで語って(ロック友達)

 ここ何年も飲んで機会がないなー。ご同輩と飲みたいですねぇ。




Woodie
わ~~い、盛り上がってる~~!!
強引にバトン渡してヨカッタ。

新しいロックで気に入るのはやっぱり70年代の匂いがする曲。
そういう曲に出会うとホッとする感じを覚えます。
おふくろの味と同じく、生まれて初めて耳に馴染んだロックの嗜好は
何十年経っても変わらないものですね。

スタジオ録音はヘッドホンをして聴き込めばそれぞれの楽器のパートを
聞き分ける事も出来るし、何といっても正確・完璧な演奏と
綺麗な音質が魅力ですが、ライブはそのミュージシャンを好きなファンが
同じ場所で同じ時間を共有して盛り上がる楽しさがあります。
ミュージシャンはその時間だけ「教祖様」で、ファンは熱狂・興奮・陶酔まみれの
濃い時間を過すといった感じでスタジオ録音とライブは
全く別の魅力がありますよね。

お三人様それぞれのロック観を伺えて嬉しかったです。
ありがとうございました。


コメントを閉じる▲
 飯南町にあるダム湖「来島湖」で漕ごうと思って行ってみました。あいにくキャンプ場はシーズン前で閉鎖されていましたが、初めて来て見た来島湖のロケーションは予想以上に穏やかな場所で、セミの鳴き声ぐらいしか聴こえない閑静な森につつまれた自然な雰囲気いっぱいの湖でした。

 地図でみるよるも奥行きを感じさせるし、湖の形があちこち入り組んでいて全てが見えづらいのがかえって好奇心が刺激されて面白い。ぜひ水面に出てみたいと思わせる場所です。人間の手の入らない太古の湖ってきっとこんなだったんだろうと想像してしまいますね。
0602.jpg

 ただ、惜しむらくは水量が少ないのでしょうか、キャンプ場ほとりから水面までがちょっとした崖になってしまって、浮き桟橋が崖にもたれかかるように倒れていました。
 
 漕ぎ出るだけの水量はあるのですが、いかんせん、水際までカヤックをどうやって持っていこうか、バックごと崖から転がして下で組み立てようか、それとも上で組み立てて、ボートの状態で下にずり下ろすしか・・・・。

 結局、非常に準備と引き上げの手間がかかりそうなので、今日はそのまま撤退。まあこのあと梅雨を迎えて水量も増えて、キャンプ場がオープンする来月1日以後に改めて来てみようと思います。
0602b.jpg

 管理棟と休憩所。テントエリアも十分にあるしー。

【2007/06/03 00:31】 | 名称未設定_10
トラックバック(0) |

確かに
fusai
先が見えない方が面白いですね。なかなかの所!
僕はパドルパークのTOP写真見て聖湖を検索しているところでした。タイムリー(^^)


Hazex 
 そうそう、その聖湖や、カヌーライフに載ってた自然湖、fusaiさんの小野湖、そしてビーパルのソロキャンプ特集などなど、ダム湖が非常に魅力的に映ってきたんです(以前は無視してました)。ダム湖、意外と良さそうです。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。