上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 Googleが提供しているグーグルアースをインストールしてみた。
 そして、驚愕!地球上のあらゆる場所が好きな高さと角度で自由に覗けてしまう・・・・なんという楽しいソフトでしょうか!
 自分の好きな場所、知ってる場所、行きたい場所をマウスで選ぶだけで飛んでしまいます。眺めはまさに鳥か飛行機、いや、神か・・・・・。

 まずは想いでのロンドン、アビーロード。有名なロックの聖地だが、実はただの交差点。場所を特定するのにちょっととまどったが、16年前の記憶をもとに探し出した。ここだっ!
 手前から奥に向かって伸びるのがアビーロード。その入り口にかかる横断歩道が、ジャケットのアレです。その左斜め奥にアビーロードスタジオがあります。
abbyroad2.jpg

 ギザのピラミッド。立体的なヴィジュアル表現も可能なので、巨大さもリアルにわかる。ピラミッドの周りをぐるぐるとまわってみたりできます。
pylamid.jpg


 島根県のカヌーの里。山々も立体的に見える。手前の博物館マークがカヌーの里。奥には三瓶山。
kanoenosato.jpg


 広島県のパドルパーク。
paddlepark.jpg

 
 ついでに、この自宅近辺も。建物を立体表示もできてしまう。すっごいねぇ。マンションの形が正確なんです。
kosibara.jpg



追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2007/02/28 00:25】 | 小さな旅
トラックバック(0) |
 今朝のウォーキングで遥か彼方に大山が見えた。車で1時間程度の場所にあるとはいえ、いつもいつも見えるものではないので、時たま空気が澄んで見えるときは嬉しくなるもの。
 まあ、今日はそれほど最高の視界が拡がったわけではないけど、はるか大山に向かって歩く気分は悪くない。
 
0225.jpg

 写真だとよく見えませんが、伯耆富士といわれる角度で見えています。

【2007/02/25 14:43】 | 小さな旅
トラックバック(0) |
 昨日のブログに、けんごさんとfusaiさん宛てに会社のPCからレス書いた後、そのまま見に行ってしまいました、映画館へGO!
 一言で言えば、予想以上に面白かったですね、やっぱりタイムマシンものの映画は好きなジャンルですね。


 未来を知る人間が過去に行って、その時代との感覚のズレやギャップを楽しむのはバック・トゥー・ザ・フィーチャーと同じ手法です。そしてまた未来のため過去をひっかきまわして、いざ元の時代に戻ってみるとアラ不思議・・・・・というのもBTFと同じ。と言ってしまうとまるでコピー映画みたいな言い方ですが、この手法が最もタイムマシンものの王道パターンでしょう。アメリカの原子力空母が真珠湾攻撃直前の時代にタイムスリップする米映画「ファイナル・カウント・ダウン」も、過去に影響を与えてもとの時代に戻ってみるとアラ・・・・というラストシーンでした。
 
 しかし映画の設定になっている「17年前に戻る」というのは中途半端な年数だなと思っていましたが、映画を見た後では、たかが17年でも人の人生にとっては1つや2つのターニング・ポイントがあるもんだなぁ?と感じてしまいます。映画がそういう結末だったから言うんじゃありませんが、そういう僕だってこの17年間を振り返ってみれば、思い当たることだってありますからね。それぞれのポイントで正しい選択、決断ができれば、いまから17年後も楽しみな未来になるんでしょうねぇ・・・・・・。うーん。

 映画の1990年にシーンに使われていたのがプリプリの「ダイヤモンド
」。バブル当時は行ってませんが、はじけたあとの1993年に大阪城ホール公演に行きました。
青春歌年鑑 1990 青春歌年鑑 1990
オムニバス、B.B.クィーンズ 他 (2000/11/22)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る


追記を閉じる▲

【2007/02/22 00:14】 | 名称未設定_12
トラックバック(0) |


けんご
おおっ、さっそくご覧になったんですね。
1990年、ほんのちょっと前のような、かなり昔のような… タイムスリップしたらストーン・ローゼズの来日見に行きます。あれ?一年違いかも。
プリプリ、当時は大人気でしたね~。その頃は好きっていうより、イヤでも耳に入ってくる感じでしたが、この前ふいに「M」がどうしても聴きたくなっちゃって着歌フルでダウンロードしました。


Hazex 
残念ながらローゼズは89年でしたね~。でもストーンズやポールの初来日があるし、それにロニー・レイン&イアン・マクレガンも。僕はこれを見に行きたい!(当時、来日は知ってたけどまだフェイセズに興味なかった)。
 プリプリはサービス精神旺盛でした。アンコール3回もやってくれたなぁ~。

コメントを閉じる▲
 「バブルへGO!タイムマシンはドラム式」という映画が公開中。ちょっと気になりつつもまだ見てないが、映画の舞台は17年前の1990年の東京。
 当時、京都でつつましい学生生活を送っていた身にはほとんど縁のない世界でしたが、数少ないバブルな体験と言えば、ローリングストーンズの来日。2月のちょうど今頃、東京ドームで10回公演をやってた。猫も杓子も東京ドームに群がったのだ、延べ50万人が!チケット代1万円というのも当時の相場からいしても破格に高かった。それでもチケットは入手困難で、なんとかとれたバックネット裏の席(ステージまで100m以上)から絶叫してたのだ。10回のうち見たのは1回だけだが、あの時ストーンズを体験したことがその後の僕のライフスタイルに大きな影響を与えることになった。とても思い出深いストーンズのライヴだ。

 当時はこれを聴いて、ライヴの予習をしていた、初めて買ったストーンズのアルバム。「シーズ・ア・レインボウ」を聴くと、東京と京都を青春18切符を使って往復した時のことを思い出す。2月末、まだ寒い東海道を鈍行列車と夜行列車を乗り継いでの大旅行だったのだ。

スルー・ザ・パスト・ダークリー(ビッグ・ヒッツVol.2)(紙ジャケット仕様) スルー・ザ・パスト・ダークリー(ビッグ・ヒッツVol.2)(紙ジャケット仕様)
ザ・ローリング・ストーンズ (2006/03/16)
ユニバーサルインターナショナル

この商品の詳細を見る

【2007/02/20 23:35】 | 名称未設定_13
トラックバック(0) |


けんご
その映画、僕もちょっと気になってたんですよ。暇があったら見に行こうかなって思ってました。因みにタイムマシン・ネタだったら「サマータイムマシン・ブルース」もオススメです。のだめや峰くんも出演してます。
「Through The Past Daryky」、僕もファンになったばっかりの頃に何度も聴きましたよ。とっても思い出深いアルバムです。レンタルでダビングしたカセットだったから、CD買いなおしたいくらいだけど、今リリースされてるのってアメリカ盤なんですよね。ジャーンジャーンって「JJF」で始まるあの空気がたまらなく好きなので、アメリカ盤はなんか受け入れ難いです。


fusai
ジュリアナ全盛の頃ですね。う~ん..

「ストーンズ観に行かないか」
リズム隊の相棒に誘われましたが、金が無く却下でした。行っておくべきだったか。

「We Love You」ライブで演ったことあります。


Hazex
>けんごさん

 実はサマータイムマシーンブルース見てました!以前、おすすめされた後、ビデオ借りて。
 途中、???の展開でしたが、それもこれもタイムパラドックスを避けようとしたため起こったことだとわかったときは痛快に面白かったですね。
 しかし、峰君は同一人物とは思えないぐらいキャラが違いますねぇ~、役者(^^)!
 
 スルーザパストのJJFで始まるのは廃盤なの?確かにあれはとても魅力的な編集ですよね。


>fusaiさん
 ウー・ラヴ・ユーをバンドで?! さそがし強力なキーボディストがいらっしゃんでしょうねぇ。
 
>行っておくべきだったか
 そりゃ 行っておくべきでしたよぉ~。ビル・ワイマンのいる5人のストーンズはあれが最後ですもんね・・・・・。ミックが悪魔を~で、突然鉄塔の上から歌い始めたときはビックリしたなぁ~もう。



fusai
うちは4人でしたからエフェクターで何とか。

ビルワイマン..そうでしたか。最後だったのですね。観たかった。
何だか1人抜けただけで違うバンドみたいになります。キースムーンとかね。

コメントを閉じる▲
 お昼は皆で鍋を囲み歓談タイム。皆さんカヤック歴は長いと見えて、僕にはピンと来ないカヤック用語が飛び交う・・・・。
 午後は波もやや収まった?ということで、洞穴に向かってGO!昼休みの間に、ふらつきの原因の一つだったシートの固定とフットブレイス位置の調節を行いだいぶ艇が馴染んだ感じ。それでもやっぱり湾外に出ると時々ヤバッ!という瞬間もチラホラ。森山さんのサポートを受けながらなんとかエッチラオッチラ洞穴へたどり着く。我ながら、この情けなさはカヤックを始めてまもない初心者みたい?。

 海からしか行くことのできない「ノロの洞穴」内部から望む。
0212c.jpg

 同アングルから2枚目。洞穴の長さは20mぐらいか。その先は10数mの絶壁に周囲を囲まれた隠れ家的空間だった。なんとも素晴らしい透明度よ!。
0212d.jpg


シーカヤッカーの習性は「穴があると入りたくなる」、らしい。こんな楽しい習性は手放したくないね。


追記を閉じる▲

【2007/02/13 20:41】 | 海カヤックの旅
トラックバック(0) |


fusai
透明度が凄いですね・・(@@)


Hazex 
 冬は海中植物が育たないので綺麗だそうです。次は夏に行ってみたいです。

コメントを閉じる▲
 しまねシーカヤックスクール主催、「冬の海旅」に参加しました。場所は島根県出雲市にある日御碕おわし浜。3連休の最終日、ようやくの晴れ日に恵まれ、いざ出航です。
 新しき愛艇「エルズミア480」では2回目、海はこの日が初めてとなります。僕自身としても去年のお盆以来の海カヤックとなります。
0212a.jpg

 
 日御碕は日本1の高さを誇る灯台で有名ですが、ウミネコの大繁殖地としても知られる観光地です。岩場に留まるウミネコたち・・・・・写真で見るとなんだかプレグレッブな雰囲気も漂います。
0212f.jpg


 この日の参加者はアウトフィッターの森山さん始め、経験豊富な3人方。僕以外は全員リジット艇。目的地は湾外にある洞穴なのですが、さて、この日は晴れたものの、湾から少し出ただけでも波は穏やかではなく、岩場にたたきつけられる白波も激しく、不規則な波と追い風に煽られ、まだ慣熟運転中のエルズミアに加え、こういう波の日のカヤックにも不慣れな僕としては、これ以上の前進はやばいんじゃないかなぁ・・・・・と不安が募ってしまうのです。
 結局、午前中は洞穴行きは諦め、午後の風の収まりに期待します。
0212e.jpg

 それにしても、これまで瀬戸内や日本海も何回か漕いだけど、今日ほど波に艇が煽られフラフラする日はなかったな。去年の上関は向かい風が強くてホトホト参ったが、波は波長が大きく乗ってしまえばなんと言うこともなかった。宮島周辺はいつも穏やかだった、、、、、。ひるがえって、午前中は艇の進路を保ち続け、沈しないようにバランスをとることだけで精一杯なのである!さて、どうすべー。

 つづく!


追記を閉じる▲

【2007/02/12 21:36】 | 海カヤックの旅
トラックバック(0) |


Woodie
日御碕灯台、出雲大社にお参りした後行きましたよ。
って、四半世紀以上前ですが・・・
翌日行った鳥取砂丘ではみぞれが降ったのに、
日御碕は暖い春の日差しに穏やかな日本海を望みつつ
お土産店で買った焼きイカが美味しかったのを思い出します。
すみません、カヤックネタじゃなくて。


fusai
私も日本海に浮いていました(湾ですが~)うねりというか何というか、ありました。風もそこそこ強くてやっぱり瀬戸内とは違いますね。この時期漕いでいるだけでもアレなのに風まであったら大変です^^;


Hazex
Woddieさん
>焼きイカ
 たぶん今でもあると思います。もう1回来られたらタイムスリップ気分でしょう、きっと(笑)。

fusaiさん
 瀬戸内がいかに穏やかかわかったような気がします。いえ、瀬戸内をなめてるわけじゃございませんがー。しかしこれが太平洋ならばいったい?!
 


fusai
黒潮とか怖いですねぇ

コメントを閉じる▲
 昨日は休日出勤だった。途中からは一人ぼっちになる。そんな時、モチベーションをあげるためにBGMは欠かせない。
 そういう状況も想定してあらかじめ持っていったCDがこれ。ひさびさにジョンの声が聴きたくなった、ビートルズ時代ではない、ジョン・レノンが。
ワンスアポナタイム ワンスアポナタイム
ジョン・レノン (2005/09/30)
東芝EMI

この商品の詳細を見る


 ずいぶん前に発表された代表作のアウトテイクや未発表作を集めたレアリティー集なのだが、改めて聴いてみると、ジョンの声が実に生生しく収録されている。ストリングスもないし、ボーカルにエフェクトもかけられていない生の声。ノーバディ・トールド・ミーには聴き入った。正規のアルバムバージョンも聴きなおしたが、それよりもワンス?版の方がいいね。
 ジョンの裏ベスト盤という味わいだ。ご機嫌! 

【2007/02/12 00:45】 | ロック!
トラックバック(0) |


fusai
こんなのも出ているのですね..最近めっきり音楽から離れているので知りませんでした。情報ありがとうございます。そのうち聴いてみたいと思います。


Hazex 
買ってからたいして聴かずにいましたので新鮮です。このアルバムを聴くと、あ~日御碕で漕いだ時を思い出すなあぁ~、と後々の思い出になるように頭に刷り込ませようと、ヘヴィーローテンション中です(笑)!

コメントを閉じる▲
 CDショップのバーゲン篭の中に500円で発見!
 故ローウェル・ジョージをトリヴュートする企画アルバム。ローウェル自身のアルバムは持ってないし聴いたことないんだけど、参加メンバーがボニー・レイット、ジャクソン・ブラウン、クリス・ヒルマン、ランディ・ニューマン、JDサウザー、そしてケイスケ・クワタなどなど、ちょっと聴きたくなる豪華メンバーだったので購入。
ROCK AND ROLL DOCTOR ROCK AND ROLL DOCTOR
オムニバス、タジ・マハール 他 (1997/10/22)
カイガンエンターテインメント

この商品の詳細を見る

 なかでも聴きたかったのが、ボニー姉御だ。彼女のスライドギターがどうプレイされているのか?!
 聴き始めてから1週間経つが、じわじわとスライドギターの響きが効いて来る味わい深いアルバムだ。

【2007/02/08 23:20】 | ロック!
トラックバック(0) |
 スプレースカートをモンベルショップにオーダーした。
 これまで持ってなかったのだが、エルズミア480購入を機に買ってみようと。

 実際これまでスプレースカートを使うのは、アウトフィッターのツアーに参加する時しか使ったことがない。艇に縛り付けられる感じがどうもいやなのでー。なので、艇の中はいつも水浸しで、時々スポンジで排水してた。排水は手間だが、スカートを付けることで艇に縛り付けられる感覚がいやだったので。
 それで不便に思ったことはなかったが、海漕ぎとなるとそうも言ってられないかな?と思い、思い切って購入に踏み切ったわけ。
0205.jpg

 購入に当たって、ウムナックにもエルズミアにも共用できるものをということで、モンベルに問い合わせした結果、こいつを紹介されました。

【2007/02/08 23:06】 | 名称未設定_11
トラックバック(0) |


fusai
慣れるといいもんですよ~。スカートぶらぶらしながら歩いていると「俺カヤッカーだなぁ」って思います^^;


Hazex 
3連休で唯一晴れが望めそうな12日、出雲市の日御碕で漕ぐことになりました。でもスプレースカートは間に合わないかな・・・・・?

コメントを閉じる▲
 ダウンリバーの旅にはいつもポッキーだ。瀞場に来るとちょっとパドルを休めて胸ポケットに入れたポッキーの袋から2、3本取り出す。その場で手に持ちながらすぐに食べるもよし、パドリングを再開して、口に加えた状態のまま口元側からポキポキ食べるもよし、川旅の必携品だ。
 って、これ、よく見たら、ポッキーじゃなくて、プレッツだった(笑)。まあ、どっちでもいいんですけど。

0204.jpg

 とってもおいしい「フルーツプリッツ」
 ところで「ポッキー」と「プリッツ」は何が違うのか?ちなみに両方ともグリコの製品。サイトに飛ぶと商品紹介があるが、その差異についての記述はない?。
 でもよくよく見ると、両者とも様々なトッピングというかバリエーションがあるが、ポッキーは本体そのものは共通で、その周囲にストロベリーやハチミツやらのチョコをまとわりつかせてポッキーファミリーを増加させている。
 他方プリッツは外観はどれも同じだが、本体内にフルーツやカカオやチーズを練りこむことでプリッツファミリーを形成しているようだ。

 と、商品をあれこれ見ていると、僕がこれまでポッキーと思って買っていたのはほとんどプリッツだったことが判明した(^^;)!

 これからは、「旅にはプリッツ」・・・・・・・・。


追記を閉じる▲

【2007/02/04 12:48】 | 名称未設定_11
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。