上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今年初の日本海ツーリングは、島根県江津市の黒松海岸からの出航です。美郷町の「カヌーの里」のツーリングに参加で、同行はガイドのUさんら3人。浜田市のHさんとは去年の温泉津ツーリング以来のお久しぶりでした。
 天候はやや曇り空ならがらも海面はツーリングにもってこいのベタ凪でありまして、念願の漕ぎやすい海でした。愛艇エルズミア480も1年ぶりの出撃。
 080923.jpg
 黒松漁港を出航し、西へ向かいます。とりあえずの目標は大島という無人島。
080923map.jpg

 途中はずっと砂浜海岸で、夏は海水浴客で賑わうんでしょうね。水温はまだまだ泳げそうなくらいでしたが、海岸に人影はなく、代わりに、風力発電の風車の工事が3基、進行中でした。
 080923a.jpg

 Uさんはシングル艇、Hさんと鳥取のEさんは初顔合わせながらタンデムで。そんなにスピードも出してませんが目標の大島は40分ちょっとアッいうまに着いてしまい、通過点となりました。風はやや向かい風ながら順調な漕ぎ出しでス。
080923c.jpg

 海岸洞穴に到着。奥行きは10mもなく、通り抜けなどはできませんが、穴があったら入りたくなるシーカヤックの特性としてやはりできるだけ奥まで艇を突っ込んでみます。
080923d.jpg

 ここから艇を東に反転させ、峡谷のような岩場の間を抜けていきます。カヤックでないと通れないほどの狭さ。水中の透明度もあり、気持ちよいです。
080923e.jpg

 浅利海水浴場の端っこでランチタイム。Uさんお手製のパスタ料理などで空腹を満たします。
080923f.jpg

 1時間程度の休憩の後、再び出発地の漁港を目指します。が、帰りは追い風となり、艇は進路を翻弄され続け、まともに直進できない状態に陥ります。昨年、温泉津で漕いだ時もそうでしが、悪夢がまた蘇りました。進路維持に8割の労力を取られ、前進がままならなくなります。あー、ラダーがあればなぁ・・・・・・。舵が思い道理にならない舟とはこんなに辛いものか。今日はリーンもあまり効いてくれず、漁港に着いたときはもうバテバテ。そのせいで、いつもは漕ぎ足りないくらいのツーリング終了時ですが、今日はまだ3時ですが満腹感で一杯。
 
 疲れましたが、でも楽しかったですよ。また行きましょう。


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2008/09/23 22:11】 | 海カヤックの旅
トラックバック(0) |
 7月13日、今年初のカヤックは出雲市の日御碕灯台近くの海でした。
 この日は、しまねシーカヤックスクールの午前中の体験会にふたりで参加。
 
080713.jpg
 ふたりとも初心者ではないけれど、僕は今年初漕ぎだし、妻は海は初めてだし、
まあいいか、ということで。
 1時間ほど湾内で漕いだだけで、結局湾外へは出なかったけど、海は超ベタ凪。風もなく、どこまでもスイスイ漕げそうでしたが、午後から予定を入れていたので、あえなく撤退・・・・。
 
 帰り道、あれだけベタ凪ならどこでも好きなとこに行けるなあぁ?、と
かなり後ろ髪を引かれる思いでした。スタッフさんら一緒に漕いだ方もいい人ばかり。
一緒に漕ぎたかったな。
 次はタンデム借りて行くことを心にちかって、この日の無念を封印しました。





【2008/07/14 07:57】 | 海カヤックの旅
トラックバック(0) |


Woodie
御夫婦お揃いでカヤックできて幸せですね。
ごちそうさまです(^^)
奥様、くれぐれもUVケアを万全に。

ありがとうございます。
Hazex
 ぼくも気にしてますが、本人はそれ以上に自覚しているようです。大丈夫みたいです(^^)。普段も日中は日傘です。

いいですね♪
fusai
2人おそろいでカヤックの愉しみ。何よりです。
UV対策確かに大切。
あっという間に黒くなってしまいます。怖いですねぇ~

タンデムでの水遊び。これも最高ですね。
いつまでもお幸せに!

タンデム
Hazex
 そのうちタンデムのファルトでも買いたいなぁ~なんて思いますが、今の我が家はせまくて、3艇目はファルトとはいえ、置き場がなくって・・・・。
 まずは来月、日本海が安定しているうちに漕ぎたいと思ってます。
 fusaiさんは、最近漕いでないんですか?

コメントを閉じる▲
 隠岐の島にまた行った、わけではなく、写真を送ってもらったのでまた掲載。実は漕いだ当日はデジカメを忘れてしまって急遽近くのホテルで写るんですを買ってしのいだ。ところが親がわざわざ持ってきてくれて、その時に写してもらったのがこれら。当日は風があったから、デジカメを口実に様子を見に来たというのがホントのとこらしいが・・・・。

 070905.jpg

 3枚中2枚は遠景でのショット。カヤックで漕ぐときは同航者に写してもらうことはあるがこれほど遠景なショットはまれ。そういう意味で結構貴重である。

 3枚目はおそらく写されてるとは気付いていなかった時のもの。誰か道路からこっちにカメラを向けてるのかなあ?カヤックが珍しい地元の人かな?と思ったら、父親だった(笑)。
 岸から離れて漕いでいるカヤックの周りには当然のごとく何もない。そんなこと漕いでる自分が一番よくわかっているし、不安でもなんでもないんだけど、写真で改めて見るとホントにチッポケな舟にしか見えないから、見てる方が不安になるのもわかるかな?。


追記を閉じる▲

【2007/09/05 22:07】 | 海カヤックの旅
トラックバック(0) |
 隠岐の島町福浦には、海岸沿いに手彫りで掘ったトンネル道があります。以前は車も通っていましたが、今は近くにバイパスの新トンネルができましたので、車は通り抜けはできません。
 僕自身、通ったことも見た記憶もないので初めて見ます。というわけで、今回は蝋燭島へ焦げなかったので、福浦トンネルのある湾、重栖港を漕ぐことにしました。
070826c


070826d

 これら2枚の写真は観光地案内HPなどからの拝借です。
実際に上陸して歩いてみようと思いましたが、あいにくトンネル側にはカヤックから上陸できるようなところがなく、海面から眺めるだけとなりました。

070826.jpg

 赤円内に福浦トンネルなど今回漕いだ湾内。

070826e.jpg

 黒いところがトンネルです。わかりますかねぇ?
 トンネルとそれにつづく道の幅はせまく、海が荒れれば波をかぶることもあったでしょう。いまは観光用となっていますが、これを手彫りでほった労力には頭が下がりますね。

070825d.jpg

 重来港入り口。右手前は弁天島。陸から少ししか離れてません。神社がありましたので、海上での安全を祈願しました。写真は前日のもの。とてもベタ凪。漕いどけばよかった!

070826b.jpg

 重栖港にある海水浴場が発着地です。駐車場もあり、整備された場所で組立て分解のためにも事欠きません。近くにはホテルやロッジ、その奥には海上からも見える「白糸の滝」もあります。
 隠岐には1年に1,2度しか帰りませんが、シーカヤックを漕ぐようになって初めて出会う風景には感動させられます。来週、天気がよくてベタ凪ならまた戻って漕ごうかな・・・・・。

 
 


追記を閉じる▲

【2007/08/27 20:17】 | 海カヤックの旅
トラックバック(0) |
 写真は隠岐の島の北西部にある「蝋燭島」。漕ぎ出してみたくて車にカヤックを積み込んで向かいました。

 蝋燭島というのは、海上に突き出るようにそびえる高さ20mの岩礁です。この頂部の細くなったところに背景として夕日が重なりあうと、まるでローソクに灯がともったように見えるところから付けられた名前です。

 写真は近辺の崖の上にある展望台から見下ろしたところ。この角度からはローソクに灯は点ったようには見えません。海上からでしか見えないのです。

070825a.jpg


 こんな感じになるらしい・・・・・。
070826f.jpg

画像は、カヤックサイト「Folding Kayak で行こう!」から拝借させていたたきました(許可済み)。このシーンを再現したいな。でも日没前後に漕がないと無理だね。

 地図の矢印部が蝋燭島。

 勇んで出艇予定地の久見漁港(蝋燭島の北の漁港)へ行ってみると、風が強く、軽く白波が立っていた・・・・。ここから蝋燭島までは海岸を伝って2キロぐらいで遠くはない。しかし、この風、波の状態は、共同で漕いだことは何回かあるが、ソロツーリングでは未だ漕いだことがない。行っていけないことはないが、、、波よりも風が気になる。

 初めての地でもあるし、小さな岩礁も多そうだ。万が一がある。セルフレスキューしたことないしなあ。

 で、波と風がおさまりそうも無い海を睨むこと10分、出艇は見送ることにした。
070826.jpg


 昨日、下見をしたときにはベタ凪だったのに。夕方近かったので漕がなかったけど、波、風はほとんどなく、ベストだったなあ・・・・・嗚呼。

 というわけで、目標を蝋燭島から変更して、これまた観光名所の「福浦トンネル」近辺で漕ぐことにした。

                             つづく。



追記を閉じる▲

【2007/08/26 22:13】 | 海カヤックの旅
トラックバック(0) |

正解でしょう
fusai
波と風。慎重にいくべき!
良き判断かと。

はい。
Hazex 
きっとfusaiさんはそうコメント下さると思ってました。ありがとうございます(^^)。これからも慎重に慎重にー。

残念でしたね
てっさん
天候には勝てません。当方も2時間かけて電車でいったものの風が強くてそのまま帰ってきたなんてこともありました。車で行ったなら直ぐに場所を変えられるのですが、電車の場合(特にローカル路線)は難しいです。

 しかし隠岐いいですね。何時行こうかな?

またいつか。
Hazex 
>そのまま帰ってきたなんてことも

 がっかりですよね、そういうのがあると。幸い、僕はまだ経験ありませんが・・・・・。四万十に行ったときは上流から漕ごうとしましたがファルトには酷な環境だったので、下流からに変更したことはありました。これは天候とは関係ないですね(^^;)。

 隠岐の島のレポートが読めるサイトが「フォールディングカヤックで行こう」のWebマスターさんに教えてもらいました。予想以上の奇岩怪岩ですねぇ・・・・。
隠岐に行かれるときは是非!お声を!!
(隠岐の島町の陸上部なら地理感あります)
http://www.courant-marin.jp/cm_album.html
 

コメントを閉じる▲
 明日は祖母の3回忌のため、隠岐の島へ渡海します。一泊するだけで、ゆっくり時間もとれそうもありませんが、せっかくなのでシーカヤックを持って行こうと思います。

 去年はリバーカヤックで湾内からちょっとだけ出て漕ぎましたが、今年はもっと景色のいいところが漕げたらいいなあ・・・・・。


070824a.jpg

 写真は去年の一コマ。向こうに見えるのは定期便の水中翼船

【2007/08/24 23:53】 | 海カヤックの旅
トラックバック(0) |
 島根県の日本海海岸にはどうやら多くの海岸洞窟があるようです。正式には海食洞窟と言うそうですが、ここ温泉津町にも大きな洞窟がありました。カヌーの郷のホームページでその存在を知ってから是非行ってみたい、くぐってみたい場所でした。

0623k.jpg


 それがこれです。櫛島湾を出て東に向かうこと30分足らずの日祖湾の西端にそれはありました。名前も付いていたようですが、忘れました・・・・・。でもようやく念願がかなってとても嬉しいですね。雨のため、あまり漕ぐ時間がつくれなかったツーリングですが、これをくぐれたことで全て吹き飛びましたね(笑)。

 まあ、加賀の潜戸に比べればあっという間にくぐれてしまう短い洞窟ではありますが、どうしてシーカヤックに乗ると洞窟くぐりってワクワクするんでしょうね(笑)?

 
 というわけで、櫛島キャンプ2日目は、未明の土砂降りから始まりました。テントで寝てても降りしきる雨音に起こされて熟睡には程遠く、午前中は天候の回復を待ちつつ遅い朝ごはん。

 お昼前に少し止みましたので、腹ごなしにツーリング出発。Hさんはご自身で採られたボベ貝を調理するということで、UさんとNさんはタンデムで、僕はニンバスのシングル艇を薦められました。風もやや強いため、ラダーがあったほうがよいということでしょう。

0623g.jpg
 
 にしても、リジット艇って安定するなあ・・・・。ファルトだと水の水面抵抗を感じるんですが、ほとんど舐めるようにスイスイ行くんですねぇ。ラダーも使ってみると、この前方向維持に四苦八苦したことがなんだったのか?というぐらい楽・・・・・。なんだか、嬉しいような悲しいような。

 波も1?2mぐらいはあるのかな?
0623h.jpg


 日祖港にはもうひとつ洞窟がありました。それは山腹に向かって伸びているので突き抜けてはいないんですが、隠れ家みたい感じでこれもまたよし。
0623i.jpg

0623j.jpg

 洞窟の奥からNさんたちのタンデムを眺めて。

 帰路はほとんど正面から押し寄せる波を突っ切っていくサーフィン気分。艇の舳先が波をたたきまくって爽快爽快。タンデムは長いから余計に舳先が浮いて面白いかも。
0623l.jpg

 
 2日目は1時間ほどのショートツーリングでしたが、見たかったものが見れて満足。また、Hさんがボベで炊き込みご飯をこしらえてくださり、これが美味しい。最後まで平らげさせていただきました(^^)。ご馳走様でした。
 午後はまた雨が激しくなり、雨の中、テント撤収などして3時には解散です。皆さん、お疲れ様でした。ありがとうございました。
 


追記を閉じる▲

【2007/06/25 23:42】 | 海カヤックの旅
トラックバック(0) |

やっぱり海は良いですね
fusai
ツーリングも食事もしっかり楽しまれたようで♪
そろそろ僕も出撃したい思いに駆られております


Hazex 
 海は良いですねぇ。ラダー購入へも1歩前進です。
 天気には今回もまた振られましたが、これもサプライズ・ゲストだと思って楽しめました。
 fusaiさんの出撃リポートも楽しみに待ってますよ。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。