上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 毎週土日は夫婦でウォーキングしてますが、今日は野鳥も見てみようと思い、昨日買ってきました野鳥の本。マニアが買うような、どんな鳥でも載ってるような本もありましたが、野鳥初心者はこれでいいやと思いまして、これ。サイズもB5変形版で写真も大きいから、のちのち絵本のようにも使えるかなあ・・・・・と
散歩で楽しむ野鳥の本 (街中篇)散歩で楽しむ野鳥の本 (街中篇)
(2008/10/21)
大橋 弘一Naturally

商品詳細を見る

 
 
この本と、双眼鏡を手に近くの新建川沿いを歩いてみましたが、結構いるもんです。
 いつもは遠目で見るだけだったので、それぞれの区別などつきませんでしたが、双眼鏡で見てみれば、キンクロハジロをまず確認。
 それからヒドリガモのペア、オナガガモらしきものもいましたがいまひとつ確信が持てません。
 時々いるはずの白鳥は今日は姿を見せず、カワウは湖岸に上陸して、こちらが観察しおわるまで並んでくれてました。
 その横には口ばしの黒いコサギが。宍道湖にそそぐ河口近くでしたがユリカモメも数羽が飛翔。
 体が黒く、口ばしの白い鳥はオオバンかと思いましたが、少し違うような。
 帰途について、川から離れて田んぼを歩けば、ヒバリのさえずりが聴こえるのですが、いったいどこで鳴いているのやら見つけることができず。
 代わりに、畑を散歩しているハクセキレイを確認。本によれば冬用の色模様に変化しているようです。
 電柱には口ばしの細いハシボソガラスが一羽。トンビ(トビ)も悠々と飛び回り、まるで紙飛行機のように地上にスゥーーーーーと舞い降りる姿はいいですね。
 
 本はたったの78種類しか掲載していないのですが、こんなにも身近な川で確認できるとは予想外ですが嬉しいですね。
 今日はカメラを持参しなかったので来週は持っていこう。


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2009/02/15 22:15】 | 名称未設定_5
トラックバック(0) |
 家の近くの田んぼの一部に冬でも水が張られているところがあります。
白鳥が何十羽も羽を休めて、田んぼに口をつっこんで餌をついばんでいるのを
よくウォーキング途中に見ていました。
 最近はわざと水を張ることで水鳥を呼んでいるところもあるようです。こうすることで水鳥が歩きまわることで土を耕してもらう効果もあるとか。自然との旨い共生だと思います。
 雪が積もる中、白鳥の群れの越冬写真を撮りにカメラを持って雪中ウォーキング行きました(妻は路面が滑りそうなのでパスです)。仕事で作ってる会報の表紙に使えないもんかな、と。
 しかしあいにく今日は氷点下の雪景色、田んぼは凍りつき、白鳥は1羽もおりません・・・・。
 それでは、と側を流れる川を見て見ますが、夫婦で2羽いるのみでした。表紙写真にするにはちょっとものたりないですが、一応パシャリ。
090112b.jpg
090112a.jpg

【2009/01/12 12:03】 | 名称未設定_5
トラックバック(0) |

雪!・・・
アオイハナ
マスター、こんちは~。
お年賀どうもでした。今年もおじゃまさせて
いただきます。
山陰、雪降ったとニュースで見ましたが
ホントでしたね。
こっちも毎日死ぬほど雪かきして
へんなところ筋肉つきました(笑)。

コメントを閉じる▲
 この馬橋川の近くに住んで、4年にはなろうというのに、ここにこんなに野鳥が常駐しているとは、この春までは気付かなかった。それからは結構、カメラを持って、写真に収めてる。最近は、カモちゃんたちがかなり増えた。

 今日も、ウォーキングにカメラを持って、帰る途中で寄って見た。

 これは口ばしが黄色なので、カルガモの夫婦。川べりに近づくと、スゥーとさりげなく、こちらに気付いたふりも見せずに、離れていく。

1112a.jpg

 アオサギ・・・・・でしょう。こいつは側を歩いただけでは逃げないが、こっちがカメラを向けたり、立ち止まって興味を示すととたんに飛んで逃げる。
1112c.jpg


 飛んで逃げたとこを初めてシャッターに収める。

1112b.jpg




追記を閉じる▲

【2006/11/12 22:08】 | 名称未設定_5
トラックバック(0) |
 1週間ぶりに馬橋川の白鳥の様子を観察。メスが1羽で巣で卵を温めている様子に変わりなし。今日は近くにオスは見えないなあ。

0610.jpg

 いつから卵を温めてるのかわからないが、季節的に今が繁殖期らしいのでそろそろ羽化も近いんだろう。
 白鳥の頭上には糸が何本か張られており、これは外敵から白鳥を守るために誰かが張ったものだろうか?
 白鳥が卵を温める馬橋川は島根県松江合同庁舎の脇を流れ、大橋川に合流する。川沿いには桜が植えられ、近くには子供を遊ばせる母親や、ベンチに腰掛ける御老人がいたりもする比較的静かな場所だ。
 羽化がそろそろかもしれないので、来週はマメに見てみよう。


追記を閉じる▲

【2006/06/10 21:54】 | 名称未設定_5
トラックバック(0) |
 最近は朝、出勤前に近所を走ったりしてる。といっても毎日なんて根気はなく(笑)、2、3日に2?3キロのお気楽ペース。今日は休みだから昼前にちょろっと走ってきた。家の周りには高速道路も走ったりもしてるけど、山あり川あり、田んぼありと割と自然な風景は多い。小さな川(幅約10m)では、時おり鷺や鴨も見かけたりする。とてもカヤックを漕ぐような水量もないし、ゴミも散見するし、両側を護岸で固められた都市河川なんんだけどね。
 川沿いに歩いてると、おや?白鳥がいるじゃないかー。しかも卵を温めてるのかな?傍には「ご主人様」もしっかりいらっしゃります。
tori0.jpg
 巣は自分で作ったのかな?それとも人が用意したんだろうか?よくできてるように見える・・・・・とにかく白鳥の巣ってはじめて見た。 
 その場ではカメラを持ってなかったので帰宅してカメラを持って再度近寄って見た。種類はコブハクチョウで通年を通して日本にいるタイプなんですね。ついでに近くにいる鳥さんたちも撮って見る。今日は結構いますねぇ。

 湿地を歩く鷺。これ以上近寄ると飛んで逃られた。
 tori1.jpg


 1羽のアヒル?
tori2.jpg


 さっきよりちょっと離れた場所に逃げた鷺と、右近くにはオシドリ夫婦が。
tori3.jpg



追記を閉じる▲

【2006/06/03 15:20】 | 名称未設定_5
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。