上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 荒神谷史跡公園へ古代ハスを見に出かけました。
 銅鐸や銅剣が多数出土したことで知られる地に立つ史跡博物館には古代ハスが群生する池が隣接しており、毎年7月になると開花を向かえ、多数の来場者の目を楽しませてくれています。
 K君は去年は生まれて間もなくで外出しにくかったので、今年初めて家族で散歩を兼ねてベビーカーを押しながら見てきました。
100710a.jpg

 始めてみるハスの花に興味津々なK君。抱っこしてちょっと近づけてみたら、花びらをつかんで放しません、とうとう1枚ちぎっちゃいました!!

 あららら、ハスさん、史跡公園さん、ごめんなさい。

 100710b.jpg
スポンサーサイト

【2010/07/10 21:50】 | 小さな旅
トラックバック(0) |
 3連休の中日、今日は車を使わなかった1日。唯一の外出はベイビーK君を連れて家族で散歩でした。
 昨日は北に向かって田んぼ道を歩いたので、今日は南へ向かって水鳥が羽根を休めている川端を散策に。
 冬も本番となり、水鳥も結構いました。
 ベイビーK君はまだ動物に反応する月齢ではないのでしょう、川面の鳥たちを見つめてはいますが、特にノーリアクションなのはしょうがないですね。

 0110.jpg
 キンクロハジロの群れと思しき・・・。胴体の白が目立つのがオス。後頭部に冠羽があるのですぐわかります。

 0110b.jpg
 頭頂部にクリーム色の帯があるので、ヒドリガモの群れでしょうか。土手に集団で群れて川に向かって座っていました。
 10mぐらいまでは近づけますが、それ以上近付くと・・・・・

0110a.jpg
 バッバッッバ!と飛んで逃げ出し、水面に滑り込むように着水していきました。
 
 

【2010/01/10 21:12】 | 小さな旅
トラックバック(0) |
 土曜日のNHK?TVの科学番組「ワンダー×ワンダー」で、オーストラリアで見られる不思議な雲「モーニング・グローリー」の現象についてやっていた。モーニング?は、気圧や風などの条件が整った朝にまれに表れる巨大なロール上の雲で、数10キロにわたって伸びた様は実に不思議であった。

 そんな光景がまだ脳裏に新鮮な月曜日、島根県斐川町の空にまるでモーニング・グローリー!?のような雲が見えた。長さは10キロあるだろうか。宍道湖の上空、松江市宍道町から出雲市平田町にかけて見えた。

1130.jpg


僕が見たのは8時50分ごろからだが、松江に着く9時20分ごろには形は崩れてしまった。

 まあ、これは、ロール状ではなく、大きな雲の端がちょうど直線になって見えただけだと思いますから、ニュースにはならんだろうな。

 それでも雲の造形美は時に美しいものを見せてくれるね。


【2009/11/30 19:17】 | 小さな旅
トラックバック(0) |
 島根県斐川町主催の仏像講座で町内近辺の仏像見学のバスツアーに参加。
 3ヶ所をの寺院をまわり、10数体の重要文化財を見てきた。
091024h
 6月から月1回の仏像講座を受講してきて、その最終回がバスによる見学会。
 町内近辺の仏像のみだが、いずれも平安時代前期?鎌倉時代末期の貴重な木質仏像ばかり。
 寺院によっては収蔵庫に展示して有料で見学できるようにもなっているが、多くは寺のご本尊として仏壇の奥に据えてあってよく見えない。それが今回は特別に許可を得て、お顔がちゃんと見えるようにしていただいた。
 写真は、永徳寺の「木造十一面観世音菩薩立像」。平安時代前期の作。ヒノキの一木造りだ。顔が黒くなっているのは、1000年にわたり蝋燭のススを受けてきたためだとか。それほどの長きにわたり、信仰を受けられてきたことを思うと、気が遠くなるほど尊い存在だ。
091024a.jpg

 こちらは荘厳寺の木造薬師如来坐像。仏像講座では菩薩と如来の区別も講義してもらった。ちなみに如来は、出家後、菩薩は出家前のシャカの姿だそうだ。
 眼光鋭い目は、水晶をはめこんでいるらしい。鎌倉末期の作。
091024g.jpg


 万福寺(薬師大寺)の木造薬師如来坐像。像高は134センチながら、坐像であるから、立った時を考えると大きさを感じる。
 091024j.jpg

 この寺は仏像マニアには有名らしい。たしかに収蔵庫に平安時代前期の木像が10数体陳列されており、一度に見学できるのはありがたいことである。室内は天井、壁、床が木質板で覆われ、マイナイスイオンを感じる清々する空間だ。木造も保管面では心地よい場所だろう。
 091024i.jpg
091024k.jpg

 如来坐像を両側から守るようにたつ菩薩像や四天王たち・・・・・。

 上の木造観世音菩薩立像は、素材となる木に彫刻には不適されるウロがある。なぜ、わざわざそんな木を選んだのか・・・・・? それは、落雷などで倒れた木は神に選ばれた神木とする習慣があり、例え不適な木でもそれ以上の価値があるそうな。
 下は木造の多聞天だったかな?像高約190センチの迫力で如来様を守ります。




追記を閉じる▲

【2009/10/25 11:56】 | 小さな旅
トラックバック(0) |
 家からクルマで近くの出雲市野愛宕山公園にお出かけ。
 そこには鹿やカンガルー、白鳥などをタダで見ることができるミニ動物園とも言える場所です。
 子供は生まれて初めて鹿を見ました。しかも立派な角のあるオス鹿です。

 1018.jpg

 でも、まだ、動物とはなにか、よくわかってないようで、じぃーーーーーーーっと見つめるだけ、特にリアクションはありませんでしたが、子供に新しいものを見せることができて、パパとママは大満足なのです。

 

【2009/10/20 15:10】 | 小さな旅
トラックバック(0) |
 シルバーウィークを利用して、ベイビーを連れて里帰り。ベイビーには初めての飛行機となりました。
 お外の素晴らしい風景を見せてあげようと思いましたが、機内に入るなりスヤスヤ・・・・・、あらら、肩透かしをくらいました。

 到着後、他の乗客が降りるまで待ってから降りて、機外で記念撮影をパチリ。下はそのひとコマ。でもまだ寝てます。

 そこへいま載ってきた機の操縦を終えたパイロットさん2名がとおりがかり、シャッター係りを買って出ていただきました。
 カメラを手渡すときに「この子の初フライトなんです!」と言うと笑顔で応えていただき、撮っていただいたアングルは機体もしっかり入ってバッチGOOD!最高の1枚です。

 初フライトでパイロットさんに写真撮ってもらうなんて、ベイビーはついてます(笑)。
 いままで漠然とベイビーの将来を夢みてました。それは、将来は国際線のパイロットになってもらって、僕ら両親を海外旅行させてほしい、ということ。
 それが今日の出来事で、もしかしたらほんとにそんな縁を持っているんじゃないかなぁ?。と勝手な想像が膨らんできました(^^)。

090920.jpg 
 
 しまった。ついでに、このベイビーの頭をナデナデしてもらうんだった!・・・・・。そうすればもっと強い縁が・・・・・!?

【2009/09/22 16:09】 | 小さな旅
トラックバック(0) |
 お盆期間中は、脱メダボリックのためのジョギングの時間が取れるので連日5キロ程度、走ったり歩いたりしていますが、以前は20分も続けて走れば「よく走った!」という程度でした。

 ところが、NHKの「ためしてがってん」で紹介されたスロージョギングを実践始めてから、40分以上は続けて走れるようになり、徐々に距離が伸びている実感がさらにジョギングを続ける好循環に恵まれるようになりました。

 調子もよいので、今日は以前からの目標だった出雲空港滑走路往復(9キロちょい)にチャレンジし、見事達成!!
 ・・・・・といいたいところですが、出だしで数百メートル歩いたため、95%達成といったところでしょうか。でも2000m滑走路を端から端まで往復完走は果たしたことは間違いない、ほぼ満足できるジョギングでした。

090814.jpg

 
 長く走れるって気持ちいいもんです。
 で、これが体重減少に表れてくれるといいんですが、お盆期間中は特に出ていないのが難点なのです・・・・・。

090815.jpg

 


追記を閉じる▲

【2009/08/14 22:43】 | 小さな旅
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。